プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2011/03/31 (Thu) 08:31
転倒した鉄筋コンクリート造の建物

宮城県名取市在住の昔の同僚にその後の様子を電話して聞いてみましたが、食料品などの物資はだいぶ行渡っている様子なので物資の援助は要らないとのことでしたが、やはりガソリン不足が深刻とのこと。

こればっかりは個人で送るというわけにも行かない。

とりあえず電話口だけででも元気な様子なのは安心できましたが、TVで放映されている範囲では、まだまだ物資も届かず灯油も不足している地域もあるために、避難所や自宅で寒さのために亡くなるお年よりも出ているとのこと。

何でこれ以上の責めを受けなきゃいかんのかと、神様が居るのなら神を呪うばかりでしょう。
せめて平年並みの気温になればずいぶん違うのに。

被災地の状況が過酷であるにもかかわらず、相変わらず人の気持も理解しようとしない傲慢不遜な石原都知事が、今度の震災は天罰だと口を滑らました。
あとで謝罪しましたが、この男はいつものことで、こうした傲慢な性格は治りません。

知事に推薦した自民党もほとほと腐りきっていますが、こんな輩を知事に今度も当選させるようじゃ東京都民も少々おかしいと思えますが、選挙権のない者が傍から何を言っても仕方のないこと。

石原や宮崎を自分の立身出世のために足蹴にして最後は首相の椅子を狙っている元三流芸人などが立候補しています。

相変わらず日本の政治は低レベルの人間が競っているということを世界中に知らしめています。

それはともかく、津波で鉄筋コンクリート造の建物が倒壊して杭も抜けていたという写真を新聞で見ましたが、とても理解に苦しむもの。

杭があるというのなら杭と建物は一体化する工事がなされているはず。

その状態であれば設定強度以上の力が一瞬だけでも加わったとすれば、建物が倒れる時には柱の根元が崩れて倒れるはず。しかし写真を見た限りでは建物がそのままの形状で横倒しになっていました。

つまり杭と建物が一体化した剛接合ではなく、回転できるピン接合であったのか。
ピン接合状態であるならば建物が倒れるにしたがって杭と基礎部分が回転し、それにつれて杭が引き上げられたのかという状態でしか考えられないケースです。

それだけに一瞬鉄骨造かと思いましたが、記事では鉄筋コンクリート造と書いてある上に、鉄骨造ならば転倒したならば鉄骨の柱や梁と外壁がまともな状態であるはずもなく、どうみても建物の形のまま転倒していますのでやはり鉄筋コンクリート造のようだなと判断しました。

この検証はその後の専門誌による報告があるでしょうからその報告を待つしか本当のことは分かりませんんが、それにしても考えられるのは、杭と基礎の工事が一体化する施工がされていなかったのじゃないかと思われます。

要するに手抜き工事。

建築工事では、まじめに施工しても手抜きで施工しても、その違いは今回のような災害に合うまでは誰にも分からないとう欠点があります。

いつ来るかも分からない災害の時に初めて露見しても、このような手抜き工事をした会社に責任を取らせようにも会社として存在していなかったり賠償責任の期間が過ぎて法的に問えないという問題が生じます。

こんな建物を施工した会社はどんな会社か分かりませんが、設計事務所の設計監理ではなかったと思いたいものです。

それにしても地震、津波、放射能と3重の責め苦を被っている被災地のひとびとの忍耐も限界に近づいているのではないかと心配しています。



スポンサーサイト

2011/03/26 (Sat) 08:39
透けて見える人間性

東北の惨状については新聞TVなどで有知識者や関係者による「想定外」という言葉が、耳にしたり目にしたりしています。

地震や津波の桁違いの大きさはある意味無理からぬところもあるかと思いますが、こと原子力に関する「想定外」発言は無責任のそしりを免れないのではないでしょうか。

新聞報道によると、原子力発電所を建設する際に東電から以来受けた大学教授が、何十にも安全対策を見越しているが、少しずつのこうなったらどうなるのかということにいちいち対応していたら設計が出来ない。と発言していたことが記事になっていました。

放射能発散の恐れがある施設に関してさえもやはりコストを考えたのか、あるいは当時としてはその技術的な対応策は取れなかったのかは分かりませんが。

建築にかかわるものとして耐震設計を心がけることは当たり前ですが、津波に関する知識は皆無です。
そして津波の映像を見ると、自然の力に対抗できる人間の力は存在し得ないと思わざるを得ません。

仮に津波対策として海岸線に10m程度の高さの鉄筋コンクリート造の建物を海岸沿いに並べたとしても、堅牢な防潮堤があっけなく壊されたのを見ると、これも儚い対策としか思えません。

建築や土木でのこれからの対応策を学術的に検討するのはひとまず後回しにして、今しなければいけないのは被災地の復興と被災者の心のケアーでしょう。

さまざまな著名人が寄付や物資を送る活動をしていますが、江頭2:50が個人で物資を被災地に送り届けているそうです。
これは彼が所属している大川興業の代表が公表しましたが、江頭は被災地に物資を届けるために独力でスーパーなどと交渉し、資材を集めて搬送しているそうです。もちろん本人はこれ見よがしに公表はしていませんし、彼は今まで各地で起きた地震による震災のたびにそういう行為を行っていたそうです。

売名行為でもなんでもない彼の行為に、頭が下がる思いです。

イチローは1億円を、久米宏は何もコメントせずに2億円を寄付しました。

それに引き換え、たいした働きもせずに高給を手にしている野球選手や芸能人は、これ見よがしに駅で寄付を募りTVに放映されることを意識したパフォーマンスをしています。

いかにも善人だと思わせる目的で。

芸能人も、さんまが笑いを届けることしか出来ないとか幸田が歌を歌うことしかできないというような弁明をしています。

ビートたけしが言うように、笑いや歌で勇気を得るというのは生活がある程度落ち着いた後でしかありえず、いまはとにかく物資や食料などの搬送や購入できるためのお金が必要なはず。

この連中の江頭のような行動を起こさないで言い訳めいた発言に、お前たちは一体誰のおかげで人並み以上の贅沢な生活が送られてこれたんだといいたいところです。

こういうことになると、その人本来の人間性というものが透けて見えます。

がんばれ東北!
応援しているぞ江頭!

2011/03/24 (Thu) 08:40
がんばれ東北

東北方面の悲惨な状況が毎日のように報道されています。ここにきて放射能の影響で農作物や東京での水道水の汚染の問題が新たに発生してきて、いったい東日本はどうなるのだろうという懸念は日本人全体に共有していることでしょう。

世界中からの支援と日本国民の忍耐強さが驚きと賛辞を持って報道されています。

民族的な観点から行くと、アーリア人種は陸続きであった関係で他民族との戦いの中から自己というものが何よりも優先されるべきものだという考えが民主主義という制度を確立したのではないかと思います。

翻って日本人は、陸続きで他国と接することが無いこともあるせいか、他民族との戦いは近年になるまで経験せず、その影響からアイデンティティーより居住するエリアの中でつつがなく生活していくことを優先させてきた民族であるがゆえ、自己都合より社会秩序を優先させてきたいわば全体主義的もしくは社会主義的思想が底辺にあるからこその今回の忍耐の姿が欧米諸国には驚きなのだろうと推測しています。

それだけに国民がひとつの考え方に収斂されてしまうと恐ろしい国家になるということが先の戦争で証明されています。

話がそれました。

なかなかこの地震や放射能の行く末が見えてこないのは心配です。

建築資材関係も断熱材が「省エネ法」の影響で入手しづらくなっていたのはこの数ヶ月前くらいからでしたが、ここにきていつ入荷できるか分からないという建材が増えてきています。

ようやく終わったJVで取り組んだ県の仕事で感じたことや先日受講してきたエコリフォームの話などもアップしたいところですが、いま少しお待ちください。

東北方面の大空襲よりひどい壊滅状態になっている住民の方々のことを思うと、なかなか能天気に書くことも如何かと思い、自重しています。

亡くなられた方のご冥福と行方不明者の方々が、少しでも多く無事見つかることを祈らずにおられません。

がんばれ東北!







2011/03/17 (Thu) 08:07
私が出来ること

地震の被害の大きさが日々マスコミで報道されていますが、東北の海岸沿いの都市が津波で根こそぎ壊滅状態になっている状況を見るに付け、あまりの悲惨さに息が詰まります。

被災地の方々のこれからの日々を立て直すにはかなりの時間がかかることでしょう。

それだけ悲惨な状態にもかかわらず、追い討ちをかけるような原発の放射能の問題も大きな問題になってきています。これは対応を間違えると、関東地方以北の地域の放射能汚染に繋がる恐れも可能性として出てきています。

しかしこの惨状にもかかわらず日本人が冷静で略奪も暴動も起きない、弱者への配慮が見えるという姿に世界の報道記者が驚き賛辞を送っています。
そうした記事を見ると、確かに他地域で災害時には必ずといっていいほどの略奪や暴動が当たり前のように起きて、しかも被害者同士が食料を巡って殺し合いかねない状態まで行き着くというニュースをよく見ましたが、確かに日本では今のところそんな気配はありません。

神戸の地震のときも、個別の犯罪行為はあったでしょうが集団での暴行行為は起きませんでしたね。

日本人というのは困ったときはお互い様という自分の都合より相手を思いやる民族なのか、それとも自己の感情をあからさまに現すことを恥と思う民族なのかは分かりませんが、確かに世界中のあらゆる民族の中では我慢強いほうだろうと思います。そして改めて思ったのは、この国では過去から現在まで、どれだけ悪辣な政治屋や官僚どもが悪政を施いてきていても暴動が起きなかった原因もここにあるのだなと。

被災地では物資が不足しています。

周辺地には物資が大量に集荷しているにもかかわらず、配送するためのガソリンが無いために被災地への配送の手段が無いそうです。

首都圏ではガソリンが買いだめされているとのニュースが出ています。
ガソリンが値上がりする前に入れておこうということでしょうか、それとも被災地へ向かう思惑でしょうか。

配送車のためのガソリンを確保するために、ガソリンの買いだめを控えてください。

私は九州なのでどれほどの効果があるかわかりませんが、ほぼ空になったポンコツ車にガソリンを入れることを控えています。先日は日赤に災害募金を小額ですが振り込んだくらいしか出来ませんが、被災地の人にごくごく小さなことでも役に立てるのならばと実践させてもらいます。

愛する人を今度の災害で失った方々
貴方の痛みはどれほど深いのか、
想像するだけで言葉も無く胸が痛みます。
ただただ私が出来ることは
遠い九州から、貴方が立ち直ることを願うばかり
貴方は決して一人じゃないんだってことを
知ってください
日本中が手を差し伸べていますよ



2011/03/12 (Sat) 12:57
大地震

大地震に見舞われた地方の方々のご無事を祈っています。

地震発生時には現場で検査をしていましたが、東日本のその気配も感じられず、久しぶりの青空でした。

そんな情報は全く入らないまま夜TVをつけた瞬間、阪神大震災をリピートしているのかと勘違いするほどでした。

大急ぎで関東地方の友人知人に電話をするにも全く通じず、今朝になってようやくあちらこちらにつながり、皆無事だったのを確認できました。

宮城県在住の知人も無事でした。

日本という国はさまざまな災害の多い国です。
地震をはじめとして台風、豪雨、そして3流政治屋による人的被害

今回の激甚災害からの回復には時間もかかるでしょうが、
一日も早い立ち直りを願うばかりです。


2011/03/11 (Fri) 08:29
アメリカの本音

アメリカが持っている日本と沖縄蔑視の本音をポロリと喋ったことが大騒ぎですね。

アメリカにとって日本は同盟国というカタチであってもアメリカにとって都合のいい国だけでしか無いってことが言葉に表れていましたし、そんなことは普通に状況判断できる日本人なら誰でも感じていたことなので驚くに値しないんですが、たとえ本音でも沖縄人をあそこまで愚弄する人は居なかったことも事実。

安保条約というものはアメリカによる日本の植民地化制度でしかないと思っていますが、これがあるから日本を守ってくれると本気で思っているめでたい日本人が実に多いこと。

アメリカという国が自国の利益になるかどうかの損得勘定でしか動かない国だということや自国の理屈を他国に押し付けるという厚顔不遜な国だということは歴史ではっきりしているにもかかわらず、この国はアメリカに負けたということだけで民主党政権になってもアメリカにへつらい媚びることしかできない。

今回の傲慢不遜なメア(アメリカ人の本音をさらけ出した)の発言に対して沖縄人が怒るのは当たり前。
民主党は沖縄の人が本気で怒っているのを見てあわててアメリカに抗議をしたお粗末さを露呈しました。

ルース駐日アメリカ大使が沖縄知事に釈明をし謝罪をした後に握手をしているのをニュースで身ましたが、知事が怒りを抑えて握手をしていた気配がありありでした。
案の定、車に乗り込むとき、感情面では納得がいかないという知事の発言から、しぶしぶの握手であったことがはっきりしました。

アメリカはこれで謝罪は済んだと思っていることでしょう。
日本政府もこれで幕引きを計ろうと思っていることでしょう。

全く自民党政権時代となんら変わりません。

管も市民活動か時代の面影は全く無くなり、自分の身を守ることに懸命。
情け無い男です。

沖縄が日本だという強い認識があればこそ、なぜ強く抗議しないのか。
沖縄が日本だという強い認識があればこそ、なぜ米軍基地の70%以上をあの狭い本島に押し付けていることへの謝罪と対策を講じないのか。

尖閣諸島、竹島、北方領土が日本国有の領土だと強く主張してロシアや韓国に抗議するのなら、なぜ同じ日本の領土である沖縄を、程度の悪いアメリカ軍による住民に対する横暴さに強く抗議しないのか。

少し前の米軍機の墜落事故の際に、沖縄県警の調査をさせなかったということは明らかに日本の主権を侵害されていることになっているにもかかわらず沖縄はアメリカの植民地同然であるかのようなアメリカ軍の行動に、なぜ抗議しなかったのか。

当時は売国政党でアメリカの傀儡政権である自民党だったでしたが。

怒りを抑えて握手した沖縄県知事の心象を察すると、永田町の権力争いばかりしている愚衆は救いがたい。

自らを政治家と呼ぶのは恥ずかしくないのかと問いたいものです。

いつまで経っても政治屋としか呼べませんね。

2011/03/08 (Tue) 08:19
まったくこの連中ときたら

今の国会は、税金泥棒ばかりの様相を呈しています。

国民にとって切実な法案の審議はそっちのけで、閣僚の失敗を鬼の首でもとったように意気揚々として責任追及や辞任要求ばかり。いじめにしか見えない。

確かに献金問題も違法であるならそのことに対する責任は生じるでしょうが、たかだか25万円くらいで国同士の問題が生じたらどちらのたつのかという愚問をする議員が居るとは。。。

そんなこと、常識で考えられないのか。

野党連中の小姑のようないじめ方は、自分の選挙民に対するパフォーマンスにしか見えない。

年金問題も、これは民主党の人気取りをしたための不公平な方策だとは誰しも感じるところでしょうが、担当大臣に責任を感じるかどうかの質問ばかりをすることはどういうこと?

不公平だとは明らかなのだから、その問題に対してどうするべきかを議論すべきじゃないんでしょうか。
それが国会であり国会議員であるはず。

民主党の管も情け無いくらいに決断力が無いのは明らかですが、重箱の隅をつつくばかりの自民党をはじめとする野党も、来る選挙で自分に有利になるような振る舞いしか考えていない対応が目に付きます。

いっそのこと次の選挙では全員落としちまえ!

気に入らないからといって民主党を追い詰めるような態度をとり、国民のほうに目を向けないで小沢にばかり媚びている松木をはじめとする小沢一派を一掃しちまえ!

(私は民主党支持者じゃないことだけはここに書きますが、あまりにもこの連中といい、自民党をはじめとする野党連中が選挙のことだけを考えて国会審議を無視していることに憤りを持っています。)

それくらいしないと、次の選挙では又同じ顔ぶれが出て同じ連中が当選してくる。
これじゃいつまで経っても国際的に馬鹿にされるような低レベルの国会議員のままです。

日本では総理より草履が長持ちすると揶揄されているくらいに国の信用が落ちてきています。

2大政党になれば少しはましになるかと思いましたが、民主党の無能さにはあきれましたが自民党も救いようが無いですね。

全くこの国会議員連中の無能さは目を覆うばかりです。

もう一度、この国を洗濯しなおす必要があるようです。

第二の坂本龍馬、出てこいや!

しかし、竜馬を気取った鳩山某のような低レベルの人物は要りませんので。

2011/03/05 (Sat) 14:01
高齢者向けの融資制度

耐震改修やバリアフリーの改修に関する費用の捻出は結構負担が大きいものです。

特に年金生活者である高齢者夫婦の住宅に対する改修のコストは死活問題とさえいえるかもしれません。

そこで、そうした高齢者に対する融資制度があることをご存知でしょうか。

高齢者住宅財団が保証人になる「高齢者向け返済特例制度」というものがあります。

これは、満60歳以上の人が行う自宅の上記工事のコストに対して、住宅金融支援機構からリフォーム融資を受ける場合、毎月の返済額が利息だけで済むという制度です。

通常の融資に対する返済額は借入金(元金)と利息をあわせた金額を毎月数年にわたって返済し続けるということが一般的ですが、この制度では元金の返済は契約者死亡時に一括返済で、月々の返済は利息のみということです。

融資限度額は一千万円。元金は途中で返済して減らせますが、契約者死亡時に一括返済となり、返済は相続人かあらかじめ担保提供した土地・建物の処分で行います。

こういう制度があることはなかなか一般的に知れ渡っていないと思いますが、危険な老朽化した住宅で我慢をしながら生活されているご夫婦にとって負担が軽くなるのではないかと思います。

というのも、現在築35年以上の木造住宅の耐震改修を行っていますが、いままで一切なにも手を加えていなかった建物なので、あちらこちらに不具合が目立ちます。

耐震改修だけの融資を受けている関係上、傷んだ部分の補修費を捻出せねばならず、これが結構な負担になっています。そういうことから、こうした制度を有効活用できていればずいぶん対処の仕方が違ってきただろうにと思わざるを得ません。

この住宅、断熱材も一切入っていませんでした。

昔は普通だったのかもしれませんが、壁の中に断熱材の無い住宅ってどれほど寒かったんだろうかと予想するしかありませんが、断熱材を入れるコストも出ないので今回は見送りました。

壁と床の一部をばらしてみて初めて分かったことは、床下土間のガラが雑然と放置されていたこと。

普通なら床を張る前に清掃するはずのところだろうに。

こんなことを省いていることを目にするだけでも、他に目に入らないようなところでどれだけ手抜きしてるんだと思わざるを得ません。

人のいいご家族の笑顔を見ていると、気の毒になってしまいました。

お人よしだから手抜きしたのかと、怒りがこみ上げるばかりです。



| ホーム |

 BLOG TOP