プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2010/07/28 (Wed) 10:07
ノートとデスクトップの争い

デスクトップが戻ってきたのはいいけれど、故障の間に使い続けた結果レギュラーの地位を獲得したノートパソコンとのポジション争いで、机の上がごちゃごちゃになり、キーボード打つときに手元に置く資料や図面のおき場所がなくなりました。

キーボードはデスクトップのほうが慣れているので打ちやすいんですが、操作スピードはノートのほうが話にならないくらいに早いので、スピードが必要な場合はノートでしようと考えてはいますが、これがまたなかなかそう簡単じゃない。

遅くてもいい仕事ってそうそうなくて、いったん早いのになれると遅い事は我慢できなくなってしまいます。グーグルアースで場所を検索する時がその違いを如実に感じます。

ノートは検索場所のデータを入力すると、よっしゃ!合点承知したとばかりにグングン検索場所に近づいていきますが、デスクトップのほうは、のーんびりした様子で、ま、あせらんちゃよかでしたい、ってな感じです。

あー、これじゃ話になんねー状態で、結局ノートに主力をおくようになりました。

こんなところがあれですね、レギュラーだったスポーツの選手が故障でしばらく休んでいる間に、若手の躍動感ある選手にレギュラーを奪われるのと全く同じケースですね。

ノートのスピードに慣れてしまうと、金も無いのにもう一台買っちまおうかと頭にチラッと浮かぶのが怖い・・・・



スポンサーサイト

2010/07/26 (Mon) 14:39
扇風機は温風器

梅雨が明けたとたんに熱中症で倒れる人が続発しているくらいのカンカン照りと気温の上昇に見舞われました。

昨日の日曜日は、終日扇風機の風に当たりながら本を読んでいましたが、扇風機の風も温風になって、ちっとも体感温度が下がりません。

じっとりとした汗がにじみ出て体中がべとついて気持悪かったので、んならば思い切って汗をだすべと妻と一緒に公園まで出かけてウォーキング。

最初は近年はやりのスロ-ジョギングでもすっぺと取り掛かりました。

歩く速度とほとんど同じ程度のジョギングなので息も切れないので長時間できるというのが謳い文句でしたが、なんのこたない、息も切れるわ足も痛むわで、結局いつものウォーキングに即変更。やっぱしオジサンオバサンにはジョギングは無理なんだべさと二人で納得。

汗を滝のように流しながら1時間半くらいで帰ってきました。

シャワーを浴びたあと、アヒアヒいいながら冷蔵庫から缶ビールを取り出し定番のプファーッ!という息継ぎもせずに一気飲み。

シャワーを浴びてこれでさっぱり出来る予想でしたが、その時はすこぶるいい気分ではありましたが、飲んだビールがまた汗になってにじみ出てきます。

もう仕方なかっぺと扇風機の温風を浴びながら、にじみ出る汗を拭きつつ本を読み続けました。

何のために汗をかきにいったんだか、さっぱりワガンネッス・・・・

2010/07/21 (Wed) 10:55
PC修理の顛末

昨日、修理に出していたデスクトップが治ったとの連絡があり、ヤレウレシといそいそと暑い中を受け取りに。

汗まみれになって事務所に戻り、汗が流れるのをほっといて接続。
電源を入れて汗を拭きながら画面を見つめていました。

6年前のPCだから画面が出てくるまで一眠りできそうなくらいに遅いのにも我慢しつつ、ウインドウズのロゴマークも出て、ヨシヨシ逢いたかったよ~んXPPちゃんとケースを撫でながら次の画面を待っていたところ、アレマ?修理に出す画面と全く一緒。

ン?の10乗くらいのン?が頭の上に飛び出しました。

治ったんじゃないのかい!とここで頭に少々血が上り、修理したところに怒りを抑えながら電話。

あのー、治ったと言うことで受け取ったPCですが、繋いでみたところ前と何にも変わらないんですがねー・・・

先方も意外だったようす。

ひょっとしたらモニターのほうに問題があったんじゃないかと思います。預かったPCはいろんな検査をしましたが異常が発見できませんでしたので。

とのお達し。

なるほど、モニターか。予想もしなかった。

で、早速モニターをノートにつないで見たところ、問題なく画面が出てきました。

ますます分げわがんねっス状態になり、もういちど電話。

画面を見ながら話していると、モニターの画面にやはり同じような四角いマークが点滅。
そのマークのことを伝えていたらモニターの設定が狂っているようだとのこと。

今度はモニターを一緒に持っていきました。暑いさなか、これでまた汗だく。

結局モニターの異常ということが判明し、修理も効かないそーな。

やむを得ず新しいモニターを購入して、ようやくブログも書けるようになりました。

しかしノートのスピードの速さに慣れてしまったので6年前のPCはなんとも遅い。
買ったときにはそれでも早く感じたんですが、人間ってのは速さになれるもんですね。

キーボードもノートの間隔に慣れてきつつあったので、デスクトップ用のキーボードで打ち間違いが多くなりました。

ブラインドタッチはそこそこ出来ていたのに、ヤレヤレ・・・

PC内部のウィルスに感染したんじゃないかと心配しましたが、とりあえずよかったよかった。
予想外の出費は痛かった・・・(T_T)



2010/07/15 (Thu) 11:04
なぜか画面が勝手に変わる

DELLのノートPCでブログを作成中に突然画面が変わって、せっかく作ったブログが消えてしまうことがこのところ続いています。
原因は分かりませんが、キーボードの間隔に慣れていないので間違ってどこかを押したのかもしれません。

本当は大雨の中、雨漏りに関して書きたかったんですが、途中で消えるのが怖くて今回はこれにてお仕舞いにします。

なんでかなー。

修理に出したデスクトップもなかなか帰ってきません。


2010/07/12 (Mon) 10:29
ここ数日のこと

問題があった相撲が始まりました。NHKの中継がなきゃ見に来るお客さんが増えるだろうと危機感がすっぽり抜け落ちた能天気なことをコメントした親方がいましたが、彼の言うとおりに当日券が完売状態だそうな。

これでは、いつまでたっても相撲の世界は世間からちやほやされた結果、社会常識が欠落して甘い考えを持った連中が親方になって弟子を育てる?仕組みは変わりようがなく、問題点は認識されないままで甘ちゃんだらけの世界のまま。相撲と言う格闘技は厳しくとも、社会常識が欠落して甘い考え方が通用している世界からドロップアウトした連中の行き着く先は、定番のチャンコ屋かヤクザノ用心棒。

で、選挙。

予想通りに民主党惨敗。

管が副首相時代から消費税を上げたほうが景気が回復するという奇妙なロジックを唱え始め、選挙に入って消費税を前面に出した結果の惨敗でしょう。消費税を上げたほうが景気がよくなるという考えになんら説明をしてこなかったつけがきたのでしょうか。

どうも、その考えは財務官僚から教えられた某大学教授の受け売りだったそうな。
やれやれ、あれだけ官僚を馬鹿にしていたはずなのに、いつの間にか官僚に丸め込まれちまった。

しかもその大学教授たるや、あの小泉の腰巾着だった竹中平蔵同様の御用学者。官僚にとって都合のいいことを言っている様子。

鳩山や麻生のように未曾有の大金持ち以外の庶民は、消費税が上がると可能な限り物を買うことを控えるのは当たり前だのクラッカーで、物が売れなくなることは素人だってわかる話。そんなこともわからん痴呆状態が疑われる学者の言い分を丸呑みして公約に入れ、しかも遊説先々で言うことがころころ変わるようじゃ、まったく突き詰めて検討していなかったということが丸ばれでした。

民主党も自民党にどんどん近くなっているようなら存在価値はない。

それにしても社民党、共産党、もちっとがんばってほしかったなー。社民党は村山富一の裏切りがかなり尾を引いているなー。

Wカップはスペインが優勝。関係ないけどおめでとうさんでした。

これでサッカーはひとまず見なくなります。もちろんカッタルクて仕方のない野球はまったく見る気もなし。新聞のスポーツ欄でも目にしませんね。

昨日は投票に行った後、たまりに溜まった建築関係の本を読み続けましたが、睡眠学習状態。

今日から気合を入れなおして仕事に取り掛かっています。
外は時折激しい雨。そこらじゅうが湿気でべたついています。


2010/07/05 (Mon) 12:42
発想力

設計するとき、最初のイメージというものがどこまで継続するのかということに関して興味を持ったことがありました。

イメージを喚起するためには人によって様々な手法があるものと思われます。その手法というものはひとつに限らないでしょう。場合によっては建築から離れたことをすることでリフレッシュさせることである瞬間にひらめくということもあるでしょう。ひらめくと言うことはやはり潜在意識に考え続けていないとそんな瞬間はおとずれてこないことも同業者なら経験済みの話です。

さてさて、それではそのイメージという発想の根源はいったい何なんだろうと考えてみたこともあります。

スター建築家といわれるそのほとんどは、前身が日本の官僚養成学校として発足した大学出身者に占められています。もしくは早稲田、芸大、東工大などなど、偏差値70以上といわれてる大学です。
その傾向を眺めると、やはりIQと発想力とはリンクしているのかしらと思わざると得ないと思っていましたが、野口悠紀雄氏の「発想力とIQは関係がない」と書かれているコラムを読みました。
氏によると、ニュートンやアインシュタインはむしろIQ は低かったそうです。

アメリカの企業で、学力レベルは同等の優れた発想を絶えず提出する社員とそうでない社員の違いを調査したところ、違いはただひとつしかなかったそうです。それは、自分には発想力があると思い込むか、無いと思い込むかの違いだけだったそうです。

思い込みの力というものはすごいものだと思いますね。

官僚養成大学出身が日本という国をほぼ牛耳っている状態ではありますが、70という偏差値を取ったこともない我が身でも、発想力があるんだと思えばそのようになるということを教えてくれました。

最近、勝負脳という言葉が知られてきています。

これは、何か行動と起こすとき、必ず勝つという意識を持ち続けることで脳がその気になって様々な信号を体に送ることになり、望ましい結果につながるというようなことのようです。

願えば叶うということが論理的に説明されたようなものでしょうか。

よっし、妄想力なら自信があるけど、今日からは発想力もあると強く信じよう。

信じるものこそ救われる・・・・ハズ・・・・

| ホーム |

 BLOG TOP