プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2010/04/29 (Thu) 13:20
独り言

巷ではゴールデンウィークだとか、という内容でこの数年同じことを書いてきましたが、今年もまた同様に。

空港で海外に行く人の記事が出ていました。この不景気に海外に行ける人はどんな職種の人なのかは分かりませんが、不景気でもこうやってお金を使えば、回りまわって日本に入ってくることになると期待しています。

私には関係の無い話ですが・・・

今日は仕事していても電話の一つもかかってこないので、そりゃまあ静かで結構なことですが、なんだか妙に集中力が途切れます。

今の時間、猫どもも昼食が済み、お腹が膨れていつものように午後の部の眠りについています。そのなんとも幸せそうに寝ている顔を眺めていると、食っちゃ寝るだけの人生(猫生?)ってのは幸せなもんだなとしみじみと感じます。飼い主の都合で捨てられたり保険所で始末されたりする不幸な猫もいることはいますが、人から裏切られても犬のように人間不信になることは無いんじゃないかと思ったりしますね。所詮猫にとっての飼い主は、単に餌をくれる存在以上のものではなさそうなので。猫になったことが無いと思いますので、分かりませんが・・・

人から裏切られた犬を引き合いに出したのは、4月の初旬に末娘が通っている動物の専門学校の訓練発表会に妻と行きましたが、その訓練の対象は飼い主から裏切られて捨てられた犬たちでした。
大中小合わせて5頭ほどの犬が参加していましたが、そのすべてが捨てられて人間不信に陥り、心に傷を持っていた犬ばかりだったそうです。

しかし、一生懸命に訓練士の指示やしぐさを見つめて指示通りに動くようになった犬たちを見ていると、人間不信から立ち直って来たのだろうと思いますが、そのけなげさに目頭が熱くなりました。もちろん我娘の成長した姿にも感動しましたが、目の前で懸命に指示を待っている犬たちの表情はとても柔らかい表情で幸せそうでした。

京都に住んでいる次女も犬の訓練士として多忙な日々を送っているようですが、彼女も里親探しで引き取った犬を飼っています。その犬は小さい頃から虐待を受け続けていたそうでした。次女が里親探しの時に見に行った時にも、他の犬が懸命にアピールしているにもかかわらず奥のほうで丸まって寝ていたそうでした。それだけ人に対する不信感が強かったようです。

その犬は、いまや愛嬌たっぷりでいつもニコニコしています。いや、犬って本当に嬉しい時はニコニコするもんですよ。
初めて見た時の目つきの険しさがすっかり消えてしまい、たまに次女と一緒に里帰りしてしてきた時にも、私にもお愛想的に尻尾を振ってくれます。
このように対人不信に凝り固まったような犬でも、愛情を持って接すればこんなにも柔らかい目線になるものだということを知りました。

相手が犬でも人でも同様に、穏やかに愛情を持って根気よく接することが相手の心を開かせる最も大きな力になるんだということを、私は娘に教えられました。


スポンサーサイト

2010/04/24 (Sat) 14:00
雨後の筍

4月もあと1週間を残すばかりになったにもかかわらず、相変わらず薄ら寒い日が続いてきます。
関東地方はこのところ寒暖の差が激しくて、まるで山間部のような感じになっていましたが、ここ九州でも雨ばかり続き、コタツもまだ出しっぱなしです。気温が低いせいで、現場で低温では固まりにくい材料がなかなか固まってくれなくて工程が遅れ気味になっています。

もうすぐゴールデンウィークだっちゅーのに、なぁんということでしょう!

なぁんということでしょう!のついでに書けば、民主党ってどうしちまったんでしょう。
いや民主党というよりも鳩山。

高速道路の有料化の問題で、前原大臣が公表した後に小沢が反対を表明したとたん、鳩はいつものごとく小沢の意のままに小沢の意向を汲み取って見直しを表明したと思ったら、その後でやっぱり国土交通省の決めたとおりにすると。首相たるものが、これだけ小沢の発言に右往左往してる姿を国民が見て、民主党と鳩に失望しているってことが分かっていない。

相手の気持も考慮せず横柄な態度をとり続け、竹中平蔵とともにブッシュのポチになってこの国を混乱に陥れた小泉に比べると、まだましかもしれませんが、それにしても小沢に気を使いすぎ。国民の気持をくみとるということよりも、小沢の気持を汲み取るほうに軸足がある様子。

参議院では過半数を取るつもりで小沢は居座っていますが、そのせいもあり、鳩も小沢の一言一言に過剰に反応してあたふたとしている姿を見せ付けられた影響で民主党への失望感が増大しているままでは、民主党は負けるでしょう。これだけ期待したあげくが失望感を持たされた政党には誰も投票しないと思いますが。

政権党のだらしなさと最大野党の自民党の無能無策振りを見限って新党が雨後の筍のように(本当に筍って雨後にたくさん出来るのでしょうか?)出来ていますが、どれもこれも新鮮味が無い。「たちあがれ日本」も「新党改革」も自民党の支店みたいなもの。
とくに「たちがれ」は、あの尊大不遜な石原慎太郎のネーミングとか。しかも立ち上げ前に、かの自民党応援機関紙である読売新聞社の政界のフィクサーとも言われる社主に相談をしたとか言うことにいたっては、その行動は全く自民党そのもの。それじゃなにも自民党から飛び出した意味が有権者に伝わらないでしょう。
まあ、「たちがれ日本」は、顔ぶれからしてロートルばかりでは投票しようと気にもならないし、私は間違っても自民党の本店と支店には投票しない。自民党に巣くったカルト政党連中にも、間違っても投票しない。

ところで、先に飛び出した竜馬さん気取りはどうしちまったんかな。近頃はとんとマスコミに相手にしてもらえない様子ですが。

散々新党騒ぎを臆している連中は、国民や国の行く末のことよりも次の選挙で当選することしか考えていないってことが見え透いています。本当に、日本に真の政治家と呼べる人材がいないと、しみじみと思い知らされます。
連中はやはり政治屋レベルでしかなく、どの政党もどんぐりの背比べでしかありえない。

2010/04/19 (Mon) 08:21
今日も一日が、過ぎていく

先の土曜日は、私にしては珍しく午前から予定がびっしり入って、多忙な一日でした。

この日は故郷の中学校の同窓会開催の案内が先月末に来ていましたが、市営住宅改修工事が再開される頃でもあり、きっと検査関係があるので行けないだろうなと予想して欠席の返事を出していたものでした。
いやはや予想以上に多忙な一日になりました。

午前中は当初の予想通りに再開した現場の検査を行い、倒産した会社の遣り残し部分の手直しなどを現場監督と打ち合わせをしながら足場をまだ鈍く痛む腰を気遣いながら中腰で歩き回りました。

風は少々冷たかったんですが、日差しは春らしくなっていました。

午後は一番に築10年ほど経っている住宅の、木製建具の戸車が破損してしまった関係で開閉が出来なくなった開口部の改修見積書の説明に向かいました。アルミサッシへの変更に伴い、単板ガラスにした場合、複層ガラスにした場合、
今までどおりの木製ガラス戸にした場合の3つの見積書を提出。

本来なら省エネやエコポイントの観点から複層ガラスをお勧めしたいところですが、やはり単板ガラスに比べると倍の金額になっているとあってはなかなか難しい。お勧めはどれですかと尋ねられても、複層ガラスを押したいところですが・・・としか言えません。倍の金額であっても長期的には冷暖房費が下げられるのでコストダウンになるはずですが、それがどれくらい下がるのかを具体的な金額として示せない以上、なかなか説得力を持ちません。

しかし、こうやって相談していただけることは設計者としても大変ありがたいことです。

そちらを辞して事務所に戻り、住宅を建てるために設計事務所を探されている方から面談の連絡をいただいていましたので、事務所に来ていただきました。

予定の時刻に、ご夫婦と2人の子供さんがお見えになりました。

子供さんは幼稚園に通われている年齢でしたが、私の娘が同じくらいのときを思い出してしまいました。本当にこの頃の子供は可愛いいものですが、今から考えると、本当にその時代というのはあっという間に過ぎ去ってしまいました。

事務所に猫がいるのでアレルギーが無いか心配しましたが、その心配は杞憂に過ぎなかった様子でした。
「猫ちゃん見たい?」とたずねたところモジモジしていましたが見たいようなそぶりでしたので、こそっと見せました。オババ猫しか目に入りませんでしたが、しっかり寝ていたところを起こされて最初は寝ぼけ眼でしたが、見慣れない子供が目に入ったのか、驚いたように目がまん丸になったのは面白かった。いつもは目つきの悪いオババの目も丸くなるもんだと。

おおよそ1時間くらいでしたが、さまざまな住宅の話や私の設計姿勢などを話させていただきました。
どれくらい伝わったのか分かりませんし、「敵は建築家にあり」に書かれている自称建築家のS氏のような口先だけの知的会話は望むべきもありませんが、誠心誠意仕事に向かう姿勢を理解していただければと思いました。あまり能弁とはいえない私の弁を辛抱強く聞いていただきました。

有名建築士でもない私には、先方から設計者として特命で声を掛けていただくことはまれです。

住宅を建てようという方が、こうやっていくつかの設計事務所をまわってウマが合いそうな設計事務所を選ぶことはいまは当たり前だのクラッカーですね。上記のS氏は悪質としても、私が知っている設計事務所のほとんどはまじめな人が多いので、どの事務所を選ばれるにしても満足していただけるような住宅になることを祈るばかりです。

真っ白な陶磁器は無いですが、こんなふうに今日も一日が、過ぎていきます・・・・・


2010/04/15 (Thu) 10:28
再開した現場

再開した市営住宅改修工事の足場を点検しながら回っていると、実に驚くのが、これ幸いと家にあった不要物を廃棄してくれといわんばかりに自宅の目の前の足場に山積みしているお宅が見受けられること。

建設会社の現場監督も苦笑していました。
建築会社は廃品回収まではしていないんですが、無視したら落下の恐れもあるしクレームが来るのでやむを得ず黙って処置しているそうな。これも余分なコストがかかる(市営なので我々住民の税金)ということが分かっていない。
いったい日本人ってのは、いつからこのような下品な民族に成り下がったんやら、実に嘆かわしいことです。

確かに長期にわたって工事がストップし、その間養生ネットが全面に架かったままの状態なので、住民の人はさぞや鬱陶しい思いでいるのじゃないかと懸念していましたし、再開したときに住民の方から笑顔でやっと再開するんですねと声を掛けられたとき(ある職人は、お帰りなさいと声を掛けられたと喜んでいました。それを聞いたときはほのぼのとして気持になれたんですが・・)には、長い間ご不自由な思いを掛けて申し訳ありませんでしたと伝えしましたが、いやはや人それぞれとはいえ、なんだかなぁという気持です。

バルコニー裏の鉄筋を錆落としさせたのはよかったのですが、これがまた錆を出し、おまけに裏のコンクリートをハツった量もかなりあるので、これをどうやって戻すかも現場サイドとしては悩んでいる様子です。
まあ、この問題はそれほどのことではないように思えますし方法としは答えを持っていますが、どんな答えを現場が出すのかを待っています。

こうやって少しずつ、経験と知識が身についていきます。

来週はまた改修工事の打ち合わせが始まります。ありがたいことです。

2010/04/13 (Tue) 13:18
建築基準法がまた変わるそうな

今年もなにやら建築基準法が変わるそうな。

この業界は、官僚どもが謀った改悪建築基準法による官僚不況に陥った影響で着工件数が軒並み激減し、建設会社や設計業界の倒産が続きました。そこで民主党政権が見かねて基準法を改正し、偏執狂的な確認審査を適正?に戻す方針で、6月ごろには履行されるような報道がありました。

確認審査に提出する書類を減らし、審査期間も短縮するということのようですが、最も大きな影響があった構造適判に関する改正はどうなるのかは、今のところ私はつかんでいません。

この構造適判に泣かされなかった事務所は、ほとんど無いのじゃないでしょうか。

設計段階で適切な構造計算をして構造図を作成しているにもかかわらず、審査段階でまたゼロから構造計算を見直すということ自体、コストも時間も莫大な無駄を生じてきました。
特に集合住宅の場合は、確認審査が半年とか7ヶ月とかかかることに至っては、民間の建て主が銀行からの借り入れで建てようとする場合、その間にも金利はドンドンかかってくることは我々にとっては常識の範囲です。それだけに何とか早く確認を通すことに力を注ぐわけですが、そういうことは税金でのうのうと豚のようにぶくぶく太った官僚どもには分からない。

何かが起きたら法律でドンドン縛り上げることしか頭が働かないから、弁護士さえも理解不能な摩訶不思議な建築基準法が出来上がり、しかも年々分厚くなるばかりか建築基準法に収まりきらない新たな法律を次々に作り出して、整合性が取れなくなってしまった。

官僚って、ほとんどがお勉強がよく出来るはずの東大出身者が多いはずですが、偏差値が高くとも人間として最も必要な知恵が無いと見えます。

毎年のように建築基準法の本を買い換えますが、買い換えるたびに思うのは、変わった法律が頭にやっと入りかけたころにまた新しい法律が出来てくることの繰り返し。

ん~・・・
ボケ防止にはいいんだろうけど、所詮頭に入らないってことは脳みそを使っていないってことじゃないのかなぁ。

それって、ボケ防止にも何もなっていないような気がしますが・・・・

2010/04/08 (Thu) 08:15
この道は

事務所ビルの1階部分を用途変更して店舗に変える相談を受け、現調してきました。

用途変更の申請は初めてなのどんな手続きが必要なのかは後で調べるとして、作業着を着て、愛車のフェラーリワゴンRで現場到着。建物の図面があるにしても、実寸を測ることは大事。図面どおりになっているかの確認が必要です。

ところどころに??と思える部分がありましたが、図面どおりになっていることを確認したので、まあ、妙だなと思いつつも設計段階のことは依頼者も記憶にないようだし構造的には問題ないので、まあよろしかろうということになります。

実寸を測定して後に、どんな店舗にしたいのかを聞き取りました。
その店舗の出資者はビルのオーナーですが、経営はオーナーの息子の奥さんがするそうな。その奥さんとの打ち合わせ。
上下の作業着のままでしたので、最初は建設会社の人間と思われた様子でした。設計者らしくない格好だったかなと後で思いましたが、ま、こんな事務所もあるんだなと思ってもらえればOK.

その奥様の希望は、女性向けの店にするために夢がいっぱい。こんな店にしたいという雑誌も見せてもらいましたが、どうも経営者からの発想の様子が見受けられましたので、お客さんからの視線を持つようにアドバイスしました。

初めて行く店は男女を問わず誰でも用心します。
特にはじめて入る飲み屋さんなんかは(^^ゞ (これ、実体験です。)

中が見通せない店やお客さんがいない店は、特に女性は入りづらいということなどなど。店舗作りとしてはイロハのことでも、なるほどと思っていただけたようです。

さらには店の中にキッズコーナーを奥のほうに置くということでした。

なぜ奥にするのかとたずねたところ特別な理由はなさそうでしたので、このキッズコーナーはお子さんも安心してつれてくることが出来る店だということのアピールになるので、外からも見えるところに置くことを提案しました。

総じて店舗のインテリアは、店舗がいつまでも新鮮であるために、そのときのトレンドベクトルに沿って変えていかざるを得ない宿命があります。その辺が当初のコンセプトが生き続けていく建築とは違う面がありますが、面白いところでもあります。

今回の店舗は立地がお客さんが買い物ついでに入るというような商店街ではなく、その店を目的としてやって来るお客さんが対象になるので、その店にしかないという個性を前面に出す必要があることを説明してきました。

このところ改修や改装、そして今回の用途変更など、いままではあまり手がけてこなかった分野の仕事が増えてきましたが、新しい刺激を与えていただいています。本当に建築ってのは面白い。

新築だけが建築士の仕事ではないということを経験させてもらっています。

仕事が少なくて清貧に甘んじている我仲間たちよ。
(休日も無く仕事している人は、これより下は読み飛ばしてください)
今与えられた仕事に全力を傾けよう。きっと誰かが見てくれている。

私は独立以来、そして今でもその考えで仕事に向かっています。

有名になりたかったのも正直なところありましたが、残念ながら建築家としての才能がありませんでした。
しかし、誠実に仕事をすることだけは守り続けています。
なんのゆかりも無いこの地で、才能も金も持っていなかった私が今までこの仕事を続けられてきたのも、その気持でいたからだと勝手に思っています。

ひっきりなしに仕事の依頼があるわけではありませんが、いつも誰かに助けられています。
そのことに、心から感謝しています。

だから、歯を食いしばって、誠実に立ち向かおう。

ここで、私が自分を励ましている格言を皆さんに。

・人生で最悪の選択とは、あきらめの早い人間になること。
・最大の栄誉は、一度も失敗しないことではなく、倒れるたびに起き上がることである。

2010/04/02 (Fri) 12:56
腰痛

腰の痛みは和らいだと思ったところ、現場は動いているので無理やり足場に乗って検査をしたのが悪かったのか、またまたぶり返し。

なかなか病院にいかない私を見かねた妻から、きっついお達しを頂戴したのでしぶしぶ昨日病院に行きました。

レントゲンを撮った結果は骨に異常なし。
つまるところ神経を痛めたのだろうということになったので、コルセットをつけています。しかし、これがなんとも気持がいい。腰周りをギュッと締め付けて固めているので腰の痛みは少しは和らぎますが、お腹が締め付けられているので、この加圧でお腹が引っ込まないかと別の面で期待しています。

腰を痛めたのは初めてですので、腰を日常生活でどれほど使っているかが身に沁みてわかりました。ちょっとした動作にも腰が関わっているので、そのたびに痛みでウッと声が出るほどです。

腰を曲げる動作が出来ないのは、結構不便です。

と、腰の話はここまでにして、前から検討していたノートPCがやっと届きました。
DELL製。
自分でカスタマイズした製品(「せいひん」で打つと「清貧」が出ちまう。あー、なんてこった。PCにまでビンボーだとばれちまった・・)ですが、OFFICE無しで7万余り。CPUはCorei5-430Mにしました。届いたばかりなのでセットアップとかはこれからですが、結構見た目が薄くて軽い。

100402_1244~0001


さてさて、DELLは安いけど製品レベルとしてはどうなのかな・・・
Dynabookにしたかったけど高かったもんね。

このところ腰をかばいながら仕事していますが、現場で足場に乗って動くことがこんなに辛いとは知らなんだ知らなんだ。

| ホーム |

 BLOG TOP