プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2010/01/30 (Sat) 13:47
日本のドラマ

私は夜は世間の人並みにTVを見ています。

不夜城みたいな事務所もありますが、私は必要が無い限り遅くまで仕事をすることはありません。
もちろん必要に迫られれば今でも徹夜をすることもありますが、若い頃に比べると徹夜した翌日の仕事の効率は激減します。体は確実に衰えていることを実感させられますね。トホホ

それはさておき、NHKのニュース以外では、「カンブア宮殿」「ガイアの夜明け」「ルビコンの決断」など、日経系のテレビ東京(福岡ではテレビQ)の番組はたいてい見ます。

よほど評判がよくないとドラマは見ません。
理由は簡単。演出家が下手なのか俳優が下手なのかどちらかは分かりませんが、とにかく下手な芝居を見せられることに苦痛を感じます。
「ガイアの夜明け」は会社員が努力して社会的に評価を得ていく姿を再現ドラマ風に構成されていますが、出てくる俳優がどうにも臭い芝居をするので本当なら見たくも無いのですが、何らかのヒントになればと思って下手な芝居も我慢して見ています。

その再現シーンの中であまりにも不自然と言うか下手な演出だと鼻白む思いをさせられるのは、会社の会議が終わって話しかけるシーンとか会社内のロビーで声を掛ける時に走り寄るシーンです。

私もサラリーマンの経験もありますが、普通あんなふうに走り寄る人は見たことがありません。ロビーで声を掛けるにしても、顔は見えているわけですから走り寄るはずが無い。
ヨーイ・スタートでカメラが回り始めたら走り寄るように演出家から言われているのかしら。

また一般的にドラマでよく見る、上司に何か報告する時に机に両手を置いて顔を突き出して話すというような演出もよく見かけます。また、立って話している時、喋りながら何歩か歩いて肩越しに話すような演出もよく見ます。

あー、実にわざとらしい。なんて不自然で下手な芝居だと思わざるをえません。
普通、そんなことしないでしょう。それとも芝居というのはやはり芝居に過ぎないから、臭い芝居でもOKなんでしょうか。

台詞も過剰感情移入的な言い回しが多い。
これは外国映画の吹き替えなどで、声優がよくやりますね。

たいていの人はそんな過剰演出にうんざりしていることがレンタルビデオでは字幕のほうが先に借りられていると言うことでも分かります。最近のDVDは画面でどちらかを選定できるので、店ではわからなくなりましたが。

そういうわけで、日本映画にしてもTVドラマにしてもあまりにも臭い芝居が見え透いてしまいますので、結局、TVドラマや映画などは見なくなりました。日本の俳優はうまいという人はあまり居ない気がします。あの大女優といわれる吉永小百合にしても、ウマいと思ったこと、無いですね。
その昔、スピルバーグが監督した映画で、日本人の俳優を映画で採用しなかった理由として似たようなコメントを出しているのを思い出しました。

そんな私でしたが、妻に誘われて先週の日曜日に邦画の「今度は愛妻家」という映画を見てきました。
邦画はレンタルDVDでもまず見ることが無いんですが、愛妻家の私としましては妻から誘われて断っちゃ後の祟りが怖いので見に行きました。私はアバターを見たいと言ってたんですが、即座に却下されました。ここも力関係で・・・クゥ~ッ!

映画が大人向き(いわゆる成人映画とは違いますよ)のせいなのか客席はガラガラで、別のところであるアバターのほうが混んでいたようです。

え?映画の内容ですか?
まあ、感動ものでした。妻はジョリジョリ拿いていましたが、わたしは出てきた住宅に目が行ってしまいました。どうってこと無いような住宅でしたが、ここもまた職業柄、芝居している俳優のほうには目が行かずインテリアの空間に目が行ってしまいました。でも薬師丸ヒロ子(すみません、漢字が分からない)が可愛かったですね。いつかはTVで放送されるでしょう。

でも、妻よ、私はやっぱりアバタが見たかった・・・・

スポンサーサイト

2010/01/25 (Mon) 17:41
木造住宅

福岡県耐震診断アドバイザーという関係で県からの依頼で耐震診断をすることが時々有りますが、残念なことに今までで倒壊の恐れが無いと言う診断結果が出たことはまだ有りません。というより依頼される方は心配だからこそ県に相談するわけですので仕方が無いことですが。

診断結果は県に報告し、県の方から依頼者に通知する形になっていますが、その診断結果をもとに耐震改修をしたという話は、私が診断したお宅では今のところ聞きませんね。その理由は、なんといっても改修費用がネックになっていると思います。

建物が1981年5月以前に完成した住宅は、現行の耐震基準に合っていないことになりますので、建築基準法上は「既存不適格建築物」と呼ばれます。なんだかあまり愉快なネーミングではないですが。
ただし、これはあくまでも建築当時に合法的に立てられた事が前提ですので、そうでもなければ違法建築になります。

その既存不適格建築物を耐震化するための改修工事に対して、各自治体で補助金の制度を整備しているところも有りますので、皆さんの地方で耐震改修工事を予定されているのであれば、自治体に問い合わせしてみた方がよろしいでしょう。さらに税金やローンのの優遇措置も有ります。

耐震改修の耐震評点は、1.0以上になることを目標にしています。
私のホームページに書いていますが、この1.0以上という数値は「一応倒壊しない」というレベルと捕らえてください。

耐震改修工事では耐震壁を増やしたり基礎の補強などが中心になります。昔の在来工法では、1階と2階の柱の位置が揃っていないことも非常に多く、2階にも間仕切りが自由に設定できたのが在来工法のいいところなのかもしれませんが、阪神淡路大震災の時の被災住宅の調査結果で、この上下階の柱の位置が揃っていない建物ほど被害が大きかったということが分かりました。

建物の荷重や地震時の応力はは柱→土台→基礎→地面という順番に伝わっていますが、上下階の柱が揃っていない場合の力の流れは、2階柱→2階床梁→1階柱→土台→基礎→地面という流れになります。
この場合、2階床梁→1階柱に力が伝わる時、2階の床に応力が働きます。床の強度が弱いと床が破壊され、壊れたヶ所の梁に一時的に大きな力が集中します。その力に耐えられるだけの梁の強度や1階の柱があれば持ちこたえるでしょうが、最近の住宅は総じて梁や柱が細くなっていますので、梁が柱から抜けたり1階柱が折れてしまいます。

2階建ての住宅などで1階部分が潰れてしまう現象はそのような理由から発生します。

そのことを避ける意味でも、極力上下階の柱の位置は揃えた方が耐震性能が向上し、さらに梁の大きさも抑えることもできますのでコストダウンになります。

木造在来工法も、構造的にしっかりとした計画で設計されていれば、ツーバーフォーの某大手ハウスメーカーが宣伝しているような在来工法は地震に弱いかのようなイメージのようなものでは決してありません。

木造住宅では昔ながらの伝統工法と言う工法もあります。
これは金物、釘類を一切使わず昔ながらの木の仕組みだけで組み立てられる工法を指していますが、建築基準法上の構造計算に乗らないので現行法規では実現できませんが、地震のエネルギーを柔らかく揺れることでうまく吸収しているということが実大実験でわかっています。そのため、変形をしても倒壊しないので引き起こすことで再利用可能なようです。それ比べて金物でがっちり固めた基準法に合った住宅は、その強度は金物の強度に頼っていますので金物の施工精度に左右されます。

これから先、伝統的工法でも建てられるような法改正を望むばかりです。
そうすれば木造住宅のフィールドはますます広がっていくものと期待できます。

2010/01/22 (Fri) 11:17
国家権力の恐ろしさ

新聞記事で、菅谷さんの取調時のテープの内容が載っていました。

菅谷さんが権力に迎合してしまう気の弱さが伝わってきてなんとも痛ましい気がしましたが、いざ我が身が同様の状況に陥った時、果たしてどこまで自分の意思を貫き通せるのか。
やはり菅谷さんのような状態に追い込まれれば、捨鉢になってしまうかもしれません。

国家権力を傘に来て無実の人を追い込めて犯人に仕立て上げるのは、警察・公安・検察・裁判所も同じ穴のムジナでしょう。

警察ドラマが大流行ですが、警察という官僚機構の中にいると自らの失敗がバレないようにするために間違って逮捕した人を何が何でも犯人に仕立て上げる手法は、以前、耐震偽造が社会問題になった時、官僚どもが確認審査した役所を不問にし、告発した民間のイーホームズだけをスケープゴートに祭りあげて廃業に追い込んだ手法と重なってしまいます。その時に手を下した官僚は、そのご褒美に参議院選挙時に自民党から公認を受けてまんまと当選したことはブログに書きました。

その後の官僚連中は、ここぞとばかりに建築業界を締め上るために決して「改正」なぞじゃない改悪建築基準法を作り上げ、その結果が官僚不況という状態にしてしまいました。しかし、それに手を染めた官僚連中も、なんにの咎めもなく民間や外郭団体に天下ったこともブログに書きました。

今現在の国家権力を振り回している東京地検の小沢に対するやり方も、国家権力に逆らう奴はかたっぱしから潰すぞという姿勢が見え透いてしまいます。戦前の「下る勅命に逆らうな」式の体質でしょうか。特高警察的な体質が温存されているのでしょうか。
ニュースで意気揚々と査察に行く正義面をした検察官の姿を見せつけて、権力の威光を国民に刷り込んでいるような気がします。まんまとそれに乗っかる報道関係も、なんの批判も見せません。

菅谷さんがそうした国ぐるみの圧力に屈したとしても、誰も批判はできないでしょう。
国家権力にかかれば、誰しも同じように犯人に仕立て上げられてしまう可能性があるという恐怖感を持たされました。

2010/01/21 (Thu) 15:02
家族の変遷と住宅

私のPCの画面は、娘たちがまだ幼い頃に家族全員で能古島に行ったときの写真を待ち受け画面にしています。
末娘が3歳、去年結婚した次女が9歳、長女が12歳の時のもので、3人と妻が並んで立っているバックには、コスモスが満開の季節の写真です。

末娘が何故か直立不動で手も真っ直ぐにして口は真一文字にして立っています。上の二人は快晴だったせいか二人ともキャップの帽子を被り、次女は顔をやや下向きにして当時の気の弱かった性格の表情をしています。長女は真正面を向いていますが、日差しが強かったためか眉を寄せて眩しそうな表情です。

幼い頃の懐かしい写真をPCが立ち上がる度に眼にすることができるわけですが、ある日、ふと気がついたのは、妻以外は誰も微笑んでいないということです。
せっかくの記念写真なのに、妻以外は誰も微笑んでいない。なぜ?

過ぎ去った過去のことを詮索しても仕方のない話ですが、妙に気になります。
この後に何か事件が起きたというのならそれこそミステリーになりそうな現象でしょうが、まあ、それはそれ考えすぎというものかもしれません。

PCを立ち上げる度に幼い頃の子どもたちの写真を見て、胸がキュンとなります。
もう二度とこの時代には戻れないという喪失感と寂しさでしょうか。

そう考えると、人生の変遷を実感させられます。
ここに私の場合の家族数の変化を書いてみると

子供の頃は家族の中での生活(5)

年が行き、一人暮らし(1)

結婚(2)

子供が生まれる(3)

家族が増える(4→5)

子供が次々に家から出る(5→4→3)

夫婦2人に戻る(2)

一人になる(1)

5→1→2→3→4→5→4→3→2→1
というように家族の増減があり、最後にはどちらかが一人残されることになります。

このように家族構成が変動することが避けられない住宅は、家族を社会に送り出すための存在になっています。だからこそせめて子どもたちが家にいて家族全員が過ごせるあいだは、皆が微笑み合えるような記憶に残る住宅にしたいと願って、日々住宅の設計に取り組んでいます。と、なんだか最後は宣伝みたいになってしまいましたね。

メンボクナイ



2010/01/20 (Wed) 10:25
日々のこと

その1:
昨日、以前私が設計した住宅を載せてもらった「モダンリビング」社から電話があり、別冊を作るのでそれに掲載させてもらえないかと。既発行の時には1ページの掲載でしたが、今回は1ページもしくは2ページになるそうな。もちろん私は有名人じゃないので掲載料を払うことになりますが、できれば2ページにさせて欲しいとのこと。

掲載料を聞いてウ~ムムム・・・た、高っ!

前回の時には掲載されている号のモダンリビングがどっさり届きました。その本の購入代金が掲載料になるわけです。もちろん私の周りには必要もないのにその本を買ってくれる人なぞ居ないので、親兄弟親類縁者友人関係(と言っても非常に少ないんですネ、これが)に気前よくばらまきましたが、それでも大量に余り、結局廃棄処分にしました。あー勿体無い!モダンリビングの本って、アート紙使っている上に少々大型の本なので重いんですよ。

宣伝料宣伝料と自分に言い聞かせましたが、宣伝効果は無かったです・・・トホホ。
で、今回は2ページになるということですのでその倍の金額。まあ、普段からコレといって宣伝や接待交際なぞしていない、というより性格的にできないので、これも宣伝料と思うことにして了承しました。

またどっさりと本がくるなぁ・・・今度も親兄弟親類縁者友人関係に迷惑を顧みず配るしかないなぁ・・・
みんな、ごめんね。

その2:
私は事務所での昼食は、基本的には外食しないので簡単で早くできる冷凍の麺類をメインにしています。まあ、麺類が好きだということもありますが。
先日、セブンイレブンに公共料金を支払いに行ったとき、セブンで開発しているカップ麺に目が止まりました。私にとっての最強麺は、長崎出身なのでやっぱりチャンポン&皿うどんです。チャンポン=皿うどん>そば>うどん=パスタ類>ラーメン という感じです。そいけん(共通語では「だから」)長崎に帰った時には必ずそのどちらかを食べないと長崎に行ったような気にならないくらいに好きなのですが、単身で行く時はともかく、我が家の西太后(あ、妻のことですね。)と行った時は、彼女は麺類があまり好きじゃないので、我が身の安全のために御意を尊重せねばいけません。チャンポンを食べたいのを我慢して御意のままに従います。権力闘争に負けた影響は大きい!あー、これで力関係がバレた・・・

と、長い解説をしましたが、そのセブンイレブンに「四海楼のチャンポン」という名のカップ麺がありました。その横には「一風堂」のカップ麺もあり、オ~ッ!やったー!と大いに期待しながら購入。

チャンポンには厳しい(リンガーハットもちょっと・・・)私を喜ばてくれるかと期待して、いそいそとまずチャンポンを食。一口食べて、ン?二口目にもン?ン? 結構高かった割には大いに期待はずれ。もっと安いカップ麺のチャンポンと大差ないというところ。四海楼の人もこの味を認めたんかいな。それとも四海楼で食べるチャンポンもこの程度になってんの?まあ確かに、長崎の現地で食べるチャンポンも、あまり美味しくない店がずいぶん増えましたが。

こんなじゃ一風堂のカップ麺もたかが知れてるのじゃないかとあまり期待しませんでしたが、数日後食べてみたところ、こちらはなかなかいけました。
私はとんこつラーメンのくどい味と臭が苦手で、バカの一つ覚えみたいにとんこつラーメンしか置いていない福岡のラーメン屋さんにはあまり行きませんでした。だから全国的な知名度のある一風堂には一回しか行ったことがなく、しかもその時は醤油ラーメンを食べたので正直なところ一風堂のとんこつラーメンの味は知りませんでしたが、店の味を知らないとしてもカップ麺のラーメンとしてはうまい方でした。でもやっぱりカップ麺でもくどい味っちゃくどい味です。
カップ麺にしては高い製品ですが、まあ合格点を与えてもいいかな。

2010/01/19 (Tue) 08:29
3流

今日の新聞記事で、なにやら鳩山内閣の支持率が急降下したそうな。小沢に対する鳩山の煮え切らない態度に、民主党を支持してきた人たちが見限ってきた様子です。

民主党政権になっても以前の自民党とそれほど変わらない政権運営に落胆した人は、私を含めて多いことと思います。もとより民主党を支持していたわけではないし、所詮根っこは自民党にある連中が寄り集まった政党だということにつきるでしょう。しかも田中角栄もどきの金満体質をぷんぷんさせた小沢を重鎮に置いているようじゃ、やっぱりねと言う気持ちにさせられます。

小沢に対する鳩ぽっぽのおっかなびっくりの対応には笑わさせられますが、一歩踏み込んで考えてみると、ここでポッポが小沢を幹事長から更迭した場合、小沢は民主党から出て行く可能性が大きいでしょう。その場合、小沢チルドレンと言われている民主党の新人議員も金魚の糞よろしく小沢にくっ付いて行って新党を立ち上げる可能性が大であろうと予想されます。その結果、民主党は著しく衰退し、政治はまたまた大混乱し、何時までたっても確固たる政治的理念が確立できない国家であることが国際的にも露呈してしまい、国際的評価も地に落ち、何処の国からも相手にされない3流国に成り下がることが充分予想されます。

今回の小沢に問題は、このように小沢と民主党だけの問題にとどまらず、この国の民主主義国家としての成熟度が問われています。ポッポは何処まで考えているのかは不明ですが、一見するとただひたすらに小沢を恐れて汲々としているとしか見えません。小沢の新党立ち上げを予見してのことだったと思いたいのですが、この国のためには他に方法が無かったのかと思わざるをえないような感想を持ちました。

「人が良くても国民のために何も出来ない人物より(誰のことかは明瞭です)、人物的には問題があっても国民のための行動をしてくれる人のほうがいい。」(TVで某女性評論家の発言)

ある面然りと思いつつ、しかしそれでいいのかという気持ちにもなりますね。

田中角栄的な政治家を望んでいるのでしょうか。あれだけ金権政治を国民が批判してきたはずなのにです。もしそうなら、現在の政治屋の中では小沢がその考えに近いかもしれませんね。

しかし、この考えを拡大解釈していけば、独裁者出現を望んでいるかのように取れます。ドイツにヒトラーが出現した頃のドイツも似たような政治状況だったのではないかと危惧しています。

民主党に期待して政権をとらせたらこの体たらくには、国民はそれこそがっかりしているようです。やはりこの国は、何時までたっても政治面では3流から抜け出られないようです。

3流の政治屋とはイコール、3流国民だと言うことですから。



2010/01/12 (Tue) 17:55
低レベルの施工会社

今施工中の市営住宅の改修工事。

バルコニー裏や庇裏の状態が酷い画像はアップしましたが、施工会社の現場監督が私に検査依頼などの連絡もしないまま勝手にモルタルで埋め込んでしまいました。

信頼性に乏しい施工会社なので、塗りこんだモルタルを再度撤去させて埋め込んだ鉄筋の状態を検査。

CIMG0201_convert_20100112173935.jpg
モルタル撤去作業の写真。

ランダムに2ヵ所のモルタルを撤去させて鉄筋の状態を確認したところ、錆落としや防錆塗料の処理が適切にされて居ないことが判明しました。手抜き工事です。わずか2ヶ所でこの体たらくでは残りは推して知るべしと、全てやり直しを指示しました。

現場監督や下請けの業者はいろいろと言い訳をしました。たまたまそういう結果が出たのだと。

いやはや呆れるやらなにやら、ランダムに選んだ2ヶ所がたまたま悪かっただけだと言うことらしいです。
こういう理屈がまかり通ると信じていること自体が恐ろしい。

言い訳を一切無視して全面やり変えを指示して帰ってきましたが、施工会社の監督の無能さと程度の低い施工会社はよほど気合を入れて監理をしないと危ないといういい例です。


2010/01/02 (Sat) 08:52
2010年があけました

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

皆さんの新年はいかがでしたか?
ここ福岡も、日本海気候(裏日本気候とも言いますが)なので冬場は太平洋側のようにスカッと晴れることはほとんど無く、毎日どんよりとして寒いのですが、昨日も同様にかなり寒かったですよ。

お昼近くに妻と歩いて20分の神社に初詣に出かけました。
曇り空で寒かったですが、風もなく、神社に付くころは体も温まったのはよかったのですが、地元の神社と言うこともあって人出も結構あり、神殿まで着くまで温まっていた体も冷えてしまいました。

お賽銭はワンコイン。
ニュースではどこかの神社のお賽銭には1万円札もあるようなことが報道されていましたが、神様がお金で願い事を聞き分けるとは思えない、思いたくない!
で、何をお願いしたかって?そりゃあ、内緒っちゃ。

その後、この神社から歩いて15分ほどにある小さな稲荷神社にもお参り。
このコースが我が家の定番になっています。

この神社は、86年に私が縁もゆかりも無い福岡で独立した際、何をすればいいのか何処に行けばいいのか全く分からず右往左往しているときに、たまたま通りかかった神社(名前はいまだに分かりませんが、地図では「稲荷大明神」と書いてあり春日原南町にあります)で、神にも仏にもすがる思いで必死になってお参りした所です。

真っ赤な鳥居が入り口から4~5本本並ぶ程度で実にこじんまりとしています。TVのCMの京都の稲荷神社(と思いますが)のように真っ赤な鳥居がずっと続いているというようなものでは全くありません。
4.5帖ほどの神殿(稲荷神社ではこの言い方が正しいのかどうか分かりませんが)も実に古く、すぐ横には大きなマンションが建っているにもかかわらず、どこか鄙びた田舎にあるような趣があります。

私が今まで、地元の人間以外は受け入れない排他的な福岡(福岡出身の芸能人が言っていることとはまるで逆だと言うことを実感しています。このことは他の地から来た人も同様に感じている人が多いのも事実。)で仕事が続けられてきたのも、この稲荷神社にお参りしたことがよかったのかもしれない、と、日ごろはおみくじや占いなどを信じない不信神なわが身ですが、いいことは信じます。

昨日は一日中、酒飲んでぐうたらにすごしました。
え?あまり普段と変わりないんじゃないかって?
ん~~、そういわれりゃそうですが・・・・・(-_-;) 
メ、メンボクナイ

何はさておき、今年も馬鹿馬鹿しく、あまり役に立ちそうにないようなことを気ままに徒然に書いていきますのでよろしくお願いします。

かしこm(__)m


| ホーム |

 BLOG TOP