プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2009/12/28 (Mon) 10:47
妻との忘年会

昨日、妻と近くの洋風居酒屋で忘年会をしました。

この洋風居酒屋は食事もなかなか美味しかったので、娘たちが帰省した折や今年のように婚約者を連れてきたときなどでも利用したものでした。
前回、娘が婚約者を連れてきた際に利用したとき、今までと違って味がすこぶる落ちたような気がしましたので、今回も味が落ちていると判断したらもう行くのを辞めようと、いわば最終検査みたいなものでした。

早めでしたので、私たち以外の客は他に2組ほど。
カウンターに座り焼き鳥やウインナー等を注文。妻は日本酒、私は焼酎を飲みながら待っていました。

注文してから出てくるまで今までよりは早く感じましたが、どうにも今までと違ってすこぶる油っぽい。
最初のうちはいろいろと食事を注文していましたが、しばらくしたら強烈なタバコの臭いがしてきました。何処からだと見ると、最端部に我々以外でカウンターに座っているサラリーマンと思しき人からのタバコでした。

今まで感じたことの無い刺激臭で味も何も感じられなったので、店の人にタバコの臭いで味が分からなくなるので、たばこ対策のための換気などは考慮していないのかと尋ねたところ、何を小うるさいことを言うのかと言うような雰囲気。やむなくそれ以上は言わず、私の脳みそ内のPCでは、この店はデリートキーをクリック。

まあ確かに居酒屋で禁煙と言う店が無いのは分かっていますが、モロにタバコの煙と臭いを浴びせられ我慢してまで過ごす必要もないので、そそくさと会計を済ませ店を出ました。

妻も、店の従業員の対応などからもう行けないねと同じ感想。

わずかな時間だったにもかかわらず衣類にタバコの臭いが強烈にしみこんでいて、帰宅してしばらくは鼻についてしまって困りました。

私も26年前まではタバコを吸っていましたので嫌煙権を主張する気はありませんが、居酒屋などのような店でのタバコ対策は難しいですね。レストランなどでは禁煙席と喫煙席を分ける時代になっていますが、単に分けただけでは煙も臭いも拡散します。
店によっては決めた時間帯の喫煙を禁止しているところもありますが、居酒屋などでは難しいでしょうね。

喫煙室として完全に囲ってしまっているところもありますが、喫煙者にしてみれば、社会への加害者的な扱いに思えるのじゃないかと、これはこれで気の毒なようです。煙が無害で臭気も無いというタバコが開発されれば、非喫煙者も少しは寛容になるのじゃないかと思いますが、甘いかな・・・。


スポンサーサイト

2009/12/23 (Wed) 09:48
敵は建築家にあり!!!というブログのショック

福岡在住の人が、自邸を建てる際に、建築雑誌(建築ジャーナル)発行の「九州の建築家とお見合いする本」に掲載されていたS氏に設計依頼したところ、とんでもない欠陥住宅を掴まされて現在係争中のブログがありました。
そのブログのタイトルは、「敵は建築家にあり!!!」(http://blogs.yahoo.co.jp/ramonet0916)

この建築ジャーナルと言う本は私も毎月とっている雑誌ですが、「新建築」などという、その過半数が宣伝で占められている不遜的豪華建築掲載体制側著名建築家御用達雑誌に比べると、目線は市井の人に置いている点で気に入っていましたが、「九州の・・・」と言う本を発行する際に私のところにも電話が来て、掲載させてやるから**円掲載料として支払えとのことでした。まあ、こんなに横柄な態度ではないですが、分かりやすく書いています。

宣伝料と思えばいいのかもしれませんが、貧乏事務所には高額に思えましたので断りました。

要するに、この「九州の・・・」に掲載されているいわゆる「建築家」って言う人は、本当に良質の建築を造っている建築家も居るでしょうが、掲載料さえ払えば誰でも載せてもらえると言うことのようですので、ここのところが一般の人には見えない。

ブログを読んでいると、Sはまあ実にいい加減なやり方をしていると、呆れるやら驚くやら建築設計業界にいる者として怒りも覚えます。

建築家という呼称には、一級建築士のように国家試験に合格しないと名乗れないような制限は無いので、建築の知識が少しでもある人なら偽者であっても要するに自称ですので名乗れますし、名乗っただけでは何の罰則もありません。そこのところがまたまた普通の人にはわかりづらい。
で、この自称建築家のSなる人物は、無資格だったようです。
建築家に依頼したつもりだったようですが、詐欺に会ったようなものです。ブログを見ていると、この人物、建築のデザインばかり(お絵かき建築家と言います)は上手くとも、技術的な構造面では無知をさらけ出しているようです。

真面目に一生懸命建築に取り組んでいる本物の一級や二級の建築士は、自らを建築家と名乗るのは恥ずかしくて出来ない人が私の周りには多いんです。
建築家と言う呼称は、自ら名乗るのではなく、人から呼ばれることのほうが本来の姿ではないかと思います。さらに書くならば、偽者はなぜか総じて弁が立ちます。依頼者の立場になって必死に建築のことを学んでいる人はあまり弁がたたない人もなぜか多い。もちろん、弁が達人も居ますよ。
しかし、依頼する人はどうしても弁が立つ人に傾くってのも人情です。だから、ブログを書かれている人も、知的な会話にコロッと参ったとか書かれています。

フ~~ム、知的な会話ねぇ・・・・・
俺って、知的な会話、できるのかしら・・・・
(無理、無理と陰の声。(-_-;))

とんでもない人物に引っかかったのは本当にお気の毒ですが、信頼できる建築士のほうが圧倒的に多いはずですので、どうか設計事務所の人間を色眼鏡で見ないでいただきたいと、切に願うばかりです。m(__)m

2009/12/22 (Tue) 17:19
鳩山も民放もダメだこりゃ

昨日、鳩山を批判したら、世間は同じような感覚を持っている人があまたおんなさる(長崎弁。標準語では「いらっしゃる」)ようで、指導力が無いということで支持率が急降下だそうな。まあ、ニュースで見ていてもこりゃダメだわって思っちまいますわね。

お坊ちゃまで育ってきた人の迫力の無さというか押しの弱さと言うか、首相になる器じゃなかったようですね、今のところ。じゃあ誰が首相の器かというと、これまた難しい。アホの麻生や無能の安部なんか見てきていますからね・・・

居ないなぁ・・小沢?いくらなんでもそりゃないでしょう。

でもって話はコロッと変わって、巷の噂ではM-1グランプリってーのがあったそうで、今年も名前も聞いたことの無い漫才コンビがグランプリになったそうな。

ま、んなことはどうでもいい。

このM-1グランプリにしてもクイズヘキサゴンにしても行列のできる法律相談にしても、他いくつかのTV番組は全て島田紳助の司会もしくはプロデュース番組らしいですが、その全てが島田の思い通りのバラエティー番組になっちまってます。

ヘキサゴンも以前はそこそこ面白かったんですが、島田のお気に入りのお馬鹿タレントを売り込むためのバラエティになってからは、全く面白くなくなりました。島田の個人的嗜好を公共の電波を使って見せられてしまいます。
その最たるものは「行列が出来る・・・」です。
以前は法律の知識を得るのにはそれなりに役に立っていましたが、いまや島田のトークばかりが目立ち、島田がプロデュ-スするジャリタレを売り込むための番組に変わってしまいました。モーニング娘で当てたタレントの二番煎じを狙ってるんでしょう。いまや全く見なくなりました。

それにしても、この番組に出ている弁護士達。何を思ってるんでしょうか。
確かにこの番組から大阪府知事になったサラ金御用達で暴利をむさぼった弁護士が居ましたが、二番煎じを狙ってるんでしょうか。

とにかく民放は島田と同様に某特定カルト宗教団体所属のタレント、元大阪のスケ番を売りにしたガラ声のガタイだけが大きい、一曲しかヒットしていないはずの女性歌手などが幅を利かせて意のままに番組を作っているような気がします。視聴率が欲しいTV局はそんな傲慢タレントのご機嫌を伺うばかり。そんな状態が何時までも続くと思っているところが実に浅墓。

そんな民放の有り様にうんざりしてしまったので、最近はNHKを見ることが多くなりました。

昔は体制寄りの国営放送なので嫌いでしたが、傲慢なタレントが幅を利かす民放を見る気がなくなってしまったのがきっかけです。しかし、NHKは見ごたえのある番組が多いってことも改めて認識しました。見直しましたね。
受信料ですか?払ってます。だから見てるようなものでもありますけどね。

今回は、鳩山批判から民放批判へと繋がっています。

2009/12/21 (Mon) 13:24
ああ鳩山政権

民主党政権に変わってから25日で100日経つそうです。

自民党の悪政の極みに怒った国民が、鳩山の「民主党が政権を握ったら、いい国になりますよ。」の選挙中の発言を信じて民主党に投票した人が多数いたために、雪崩を打って民主党が圧勝したのは100日前でした。

で、その後、どうなったか。

期待した鳩山の指導力の無さがあからさまになり、さらには母親からお小遣いで9億円もらったことも分からないとは、なんと言う大金持ちのお坊ちゃま君。私なら母から1万でも貰っても覚えてるっちゅうのに・・・(大金持ちと一緒にしてもシャーナイか。)

旧自民党の遺伝子を持ち、金権政治の象徴である田中角栄的な体臭を撒き散らしている小沢がじわじわと鳩山を締め付けるのを知るにつけ、民主党の実権者は誰かと言うことをしらされました。民主党は小沢の独裁支配になりつつあるような気配です。

そのせいでもないのでしょうが、期待した民主党議員の力もそれほどのものではないと言うことが分かるだけではなく、いつの間にか自民党と同じような省益に走るような大臣も現れました。まるで存在感の無い無能さをさらけ出した官房長官しかり、自民党の議員じゃないかと思えるようなアメリカの顔色ばかり気にする防衛大臣しかり。

鳩山は、亀井の発言に右往左往し小沢の恫喝に沈黙し、四方八方にいい顔をしようとして結局自分で自分の首を締め付けている状態。同じお坊ちゃまだった細川みたいに政権を放り出さなきゃいいんですが。

政権党はなにをしても批判されることは仕方の無いことですし、批判の無い国は北朝鮮や中国のような独裁国に陥りますので、そのほうが健全なんですが、こんな状態が続けばやっぱり自民党じゃなきゃダメだと国民が思い込んだ挙句、次の総選挙では自民党に投票する人が増えるんじゃないでしょうか。結局、大企業優先、官僚偏重の政治から国民主体への転換を政治に期待したはずなのに、この国の政治屋は何も変えられないということを骨身にしみた結果、政治への失望感から投票に行く人も少なくなっていくでしょうね。

100日経ちました。
期待通りの国民が幸せになるような政治になって行くのでしょうか。そんな期待がもろくもつぶされていくような流れが出来つつあるような気がして仕方が無いですね。

鳩山は、本当にこんな風な政党にするために民主党を立ち上げたんでしょうか。
立ち上げたときは、本当に国民のための政治をしようと思っただろうと思いたい。しかし、選挙に勝つために毒を食らわばと言う気持ちで小沢と手を組んだ時、今のような政党になると予想はしなかったんだろうか。

庇を貸して母屋を取られることになりやしないかと懸念していますが・・・・

2009/12/19 (Sat) 14:13
喪中のはがき

年末も迫ってきた今、喪中のはがきがやってきます。

今年はいつもの年に比べて早めに年賀状を準備していて、あとは投函するだけという状態に人知れずヨッシャヨッシャとほくそ笑んでいましたが、年末に近づくにつれ、このようにも中のはがきが来るのでは、なかなか投函できません。

昨日、佐賀で建てた住宅の依頼者のお父様が亡くなられたとのはがきを受け取りました。驚いて電話を入れると、先月の10日に病院で、とのこと。

今朝は九州も大寒波がやってきて雪が舞っていましたが、せめてお線香だけでもと、我がファラーリワゴンRを繰り出しました。

いつも現場に行くときに利用していた道路は積雪のため通行止めという表示が出ていたたため、国道3号線に迂回。
信号の少ない道路が封鎖されているせいか大渋滞で、大型トラックがひしめき合っている中をトコトコと走らざるをえない状態。

雪はぼんぼん降ってきます。
九州人は冬だからと言って車にスノータイヤなんか付けているわけが無いので、路面が凍結したら困るなーと心配しながら、渋滞をやっと抜け出たのは国道34号線に入ってしばらく走ってから。
その頃は日差しも戻り路面の雪も解け始めましたので、ようやくスムーズに走れるようになりましたが、普通なら65分程度で着くところが2時間近くかかってようやく到着しました。

線香を上げて亡くなった状況を聞き取りましたが、ずっと病院に入っていたため新しい住宅で過ごしたのはホンの2年程度だったということでした。

もっと長く新しい住宅で快適に過ごして欲しかった。残念です。

ご冥福をお祈り申し上げます。
合掌


2009/12/10 (Thu) 12:57
改修工事の外壁検査

市営住宅改修工事の現場検査の状況


1100.jpg
これと同じ大きさの棟が隣接して建っています。両方とも改修工事にかかっています。


ashiba.jpg
外壁打診検査の様子。足場間が低くて、身長190cm(嘘ですが)の私には頭をヘルメットを被っていてもボコボコです。


nokura_20091210125121.jpg
すさまじい状態の軒裏。よくまあこうなるまでほっといたものです。これが民間の団地なら、入居者は居ないだろうに・・・・


蜿瑚痩120modern art
妻側の瑕疵部分をマーキング。モダンアートに見えなくも無い・・・
高さに足がすくむことも少々あり(-_-;)


これと同じ大きさの建物が、今日、追加されました。
中腰のまま足場をぐるぐる廻るので、背も縮み、足が短くなったような気がしますが、これって気のせい?


2009/12/03 (Thu) 13:02
外壁検査

市営住宅の改修工事が始まり、外壁の問題箇所のマーキング(問題箇所の種類別に色分けして表示します)が終わったので、昨日、マーキング検査に行きました。

快晴ではありましたが、朝出かけるときは少々肌寒いこともあり、防寒着を着て現場に向かいました。

5階建てのかなりの大きさなので時間も結構かかりましたが、検査棒を壁に転がせながら音を聞き分けます。マーキングし忘れのところが無いかを市の職員と一緒に私も入れて3人で入念に隅々まで検査。

しかし、JRの鹿児島本線の線路沿いの敷地なので、電車がひっきりなしに通るたびに音が聞こえなくなるわ、市街地にある福岡空港の航路の真下になるので上空を旅客機が通過しても聞こえなくなるわで、これはこれでなかなか大変。

マーキングの様子が現代芸術っぽいねと軽口をたたくのはまだまだ余裕のあるうちでしたが、だんだんと階を上がるにつれ疲れも出てきて日差しも強くなって汗だくになってしまい、無口になってしまいます。マーキングの洩れの指示の口調も、最初のうちは「ここにマーク。」と言う調子が、だんだんと「ここ」とすこぶる手短。

悲惨だったのは屋上の庇裏の検査。
ここのモルタルが激しく落下寸前の状態でしたので特に慎重に検査しましたが、庇の裏と足場までの距離が1mも無いくらいなので、中腰もしくはかなりしゃがみこまないと検査できない状態。その状態で全長120m余を検査しなくてはならないのは、実に辛かった。

たとえて言えばコザックダンスをしたまま前進しているようなもの。腰や太ももが悲鳴をあげましが、これもお仕事お仕事と言いながらグッと我慢。

今日は腰に鈍い痛みがありますが、きっと明日は階段も下りられないんじゃないかと予想しています。
年取ったなぁと実感したのは、たとえばこんな風に筋肉を酷使した場合、若い頃は翌日に筋肉痛になりますが、年取ると反応が鈍くなってくるので1日遅れでやって来た事を体感したとき。今よりもっと年取ると二日遅れになるのかしらねぇ・・・・



2009/12/01 (Tue) 12:51
思うところ

■日曜日にTBSでボクシングが世界タイトルマッチがあって、亀田製菓が勝ったようです。格闘技は若い頃、ちょっとかじっていたので今でも興味がありますが、あのTBSがバックアップしているヤンキーの試合ならば見る気にもならないし、なんとなく結果が予想できましたからね。これでTBSもこのヤンキー一家をおおっぴらに応援できると言うTBSにとってはめでたいものです。
ま、ドーデもいいですが。

■このところ民主党の事業仕分けに関しての報道やら批判やらでかまびすしいですが、これこそが本当の意味での政治改革のひとつでしょう。
かの小泉、安部、福田、麻生という無能連中が、改革改革とお題目のように言っていた自民党の言うところの改革って、当時から何をもって改革といってんだかサッパリ分かりませんでした。自公は財界温存官僚支配体制の政治しかしてこなかったんですが、今回の民主党のやりかたを見て、いかに彼らの言う改革が中身の無い言葉だけのものに過ぎなかった事が分かります。
化けの皮が剥れたと言うこと。

それに、民主党が強行採決したこと(これには賛成できませんが)に対して言った台詞も、よくまあ恥知らずに言えるもんだと呆れました。今まで散々、圧倒的数を楯にして強行採決を繰り返してきたのは一体何処の正当だったんだと。そんな自民党に、かのカルト政党が距離を置き始めました。さすがに蝙蝠政党。都合のいいほうになびきます。

■新聞には共産党のビラを配るために無断でマンションに立ち入った僧侶に対して、最高裁は上告を棄却し、二審の有罪判決が確定したそうな。
所詮、最高裁ってところは、体制擁護の判決が出るところです。従って、刑事事件以外は最高裁には期待できないと思うほうがいい。特にこのようなケースでは、最高裁の判事どもはこのレベル。だからこそ選挙時の最高裁判事の信任投票は大切にするべき。意識させないような仕組みを作り上げた自民党の悪政がここにも残っています。

この判決を遵守するならば、郵便受けに入った配達ピザ屋のチラシも、不法侵入ということで裁判に訴えることが出来ます。

まだ最高裁がある!と言えるのは、刑事事件だけということを肝に銘じましょう。民事事件ではほぼ、体制側が勝ちますよ。







| ホーム |

 BLOG TOP