FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2009/11/30 (Mon) 13:16
坂の上の雲の頃の日本

リノベーション工事の概算金が送られてきて、どれどれと勇んで開いてみたら、その金額の予想外の高さにしばしの間、死にました。これくらいはなるだろうと言う予想は持っていましたが、予想が見事にはずれました。
いやはや、これじゃ建替えたほうがイインジャアンメーカと頭を抱え込みましたが、仕方が無い。コストダウンの提案書を作成し、オーナーの代理の人に連絡。その人と打ち合わせをする前に、金額がとんでもない数字になってきていることを散々仄めかし、覚悟をしてもらった上で打ち合わせをしました。

この建物をノベーションするにあたり、建築としてのあり方と言ったコンセプトつくりからどのようなデザインにしたいのかとか、そのために今までとイメージをガラリと一新させたいというオーナーからの希望を受けて作成した基本計画案がベースになってのことですので、これはこれで1つの事実として受け止めるしかありません。

昨日はそんなこんなで、ひとまずは仕事に区切りが付いた状態になりましたので、ひがな一日、本を読みながら頭をリフレッシュ(シタノカナ・・・??)させました。

TVも18時頃からけっこう長時間見ていましたが、NHKは司馬遼太郎の「坂の上の雲」が始まりました。長編小説の多い司馬さんの本の中でも一番面白かったような気がします。

女優で爬虫類顔といわれている菅野美穂は、やっぱり綺麗でしたが、その子供時代の役の子が可愛かったですね。それにしても、松たかこって、何処がいいのかさっぱり分からないし、いまでも分からない。特に綺麗でもないし可愛くも魅力も受けないし、なんなんだろう。有名歌舞伎役者の娘って言う七光りだけでしかないような紀がするんですがね。

「坂の上の雲」に書かれている明治初期の頃の日本と現在の日本を比べると、それそ雲泥の差だなと感じました。かたや希望に満ち溢れた青年ともいえるような活気にあふれた新興国家の頃で、いまや社会は戦後60年余の自民党の悪政によって、大多数の国民に希望を失わせ、社会的に疲弊しきってしまい、老人国ともいえそうな情け無い国になってしまいました。

しかし、民主党もなんだかな・・・・
もっともっと対米関係で毅然としたところを見せるかと思いきや、少々期待はずれです。





スポンサーサイト



| ホーム |

 BLOG TOP