プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2009/06/29 (Mon) 13:27
住宅に関する様々な法律

今年に入って住宅関連の法律が次々に作られてきましたが、改正省エネ法でひとまず揃ったようです。以下にその法律を羅列してみますと

1.特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)
2.長期優良住宅(いわゆる「200年住宅」)の普及促進に関する法律(長期優良住宅法)
3.エネルギーの使用の合理化に関する法律(改正省エネ法)

に分かれますが、1.と3.は2.を造るのに必要になる法律です。つまり、1.と3.が満足されない限り2.は実現できないということになります。

今度の優遇税制の対象となる住宅はこの2.に対して行われるわけでして、国がいかに長期優良住宅を促進させようと躍起になっているのが良く分かります。

「瑕疵担保履行法」と「改正省エネ法」は義務になります。
「省エネ法」に関しては、300㎡以上の住宅を建てようとするメーカーや建築主にとってはこの法律を満足しないと建てることが出来なくなります。

「長期優良住宅」は履行するかどうかは任意の法律ですが、認定してもらわないと様々な優遇措置が受けられませんが、認定してもらうためのハードルが7項目あり、その全てをクリヤーしないと認定してもらえません。そのハードルとは

1.省エネ(上の3.に該当します。)等級4
2.耐震性(建築基準法の1.25倍の耐震性)耐震等級2
3.耐久性(構造躯体が100年使用可能他)劣化対策等級3
4.維持管理 維持管理対策等級3
5.環境 地域の住環境への配慮
6.面積 1階床面積40㎡以上、延床面積75㎡以上(共同住宅では55㎡以上)
7.維持保存 定期的点検や補修計画を策定
(以下、共同住宅向き)
8.バリアフリー性(将来のバリアフリー改修に対応可能な措置の確保)高齢者等配慮対策等級2と3の中間
9.可変性 間取りの変更可能な措置があること

ここに書いてある等級とは、いまや死文化した「住宅の品質確保促進法」(品確法)の等級に該当します。死に掛けた法律がゾンビのように生き返ってきました。

長期優良住宅に関してのこれだけの項目を全て満足すれば様々な優遇措置が受けられます。だから、皆さんがんばって長期優良住宅にしましょうというお上からのお達しです。当然のようにコストアップもかなりなものです。施工価格もさることながら、品確法の認定を受けるための図面の作成や書類の作成など設計作業も膨大なものになるので、設計期間の延長と設計料の加算が必要になるでしょう。

「改正省エネ法」では簡単に書くと、開口部の窓ガラスは小面積の部分を除いて全てペアガラスが必要です。ペアガラスってまだまだ結構高いんですよ。で、以下の4項目(5.は除く)の設備のエネルギー消費量の換算をしないと行けません。

1..暖冷房設備
2.換気設備
3.証明設備
4.給湯設備
5.太陽光発電装置などの効果を考慮する

太陽光発電装置は義務ではありませんが、投資額200万以上する設備に補助金がすずめの涙では、付けたくとも付けられないし、太陽光によって生まれた電気を売電するにしても、元が取れる頃には設備の寿命が来るようじゃ、私もなかなかお薦めできないってこと、馬鹿な官僚は分かっていないでしょうね。お金持ちばかりだからね。

これら1~3の法律の内容をここに書くにはあまりにも量が多すぎるので書けませんが、基本的に、わが国の住宅の寿命が諸外国に比べて短いということによる環境への影響を憂慮して作り出した法律でしょう。官僚が言い出したんだか政治屋が言い出したんだか分かりませんが。

長期に住宅をストックしましょうという考えは同感しますが、そのためには、ハウスメーカーやマンション開発業者以外はほとんど利用していない状態の「住宅の品質確保促進法」を何が何でも生かそうという魂胆が姑息に思えるのは私だけ?

スポンサーサイト

2009/06/27 (Sat) 13:18
マイケルジャクソン他

マイケルジャクソンが死んだそうな。
白人になりたくて整形手術を繰り返した挙句、気味の悪い顔になってしまったのに、本人は満足だったのかしら。そういえば、日本でもその昔、整形を繰り返した女性歌手が居ましたが、誰だったっけか思い出せないですね。

アメリカで黒人に生まれた人が白人になりたいという願望を持つとこうなるという見本だったんだろうと思いますが、歌はスリラーという曲ぐらいしか知りません。時たまニュースに出てくるのを見るくらいでしたので、死んだといっても、へぇ~っといった感じしか無かったですね。
私にとっては、なんといってもジョンレノンが射殺されたことのほうが衝撃が大きかったもので・・・

何はともあれ合掌

スリラーを踊っているのを見たとき、確かにダンスは抜群だということは私にも分かりますが、マイケルを見ると日本のスマップをはじめとするタレントのダンスの切れの無さは目を覆いたくなるくらいですね。世界のトップレベルのエンターテーナーと比べること自体が間違っているんでしょうね。日本のほうは単なるアイドルタレントですからね。

話は変わって、東国原が国会議員になりたくてしょうがない様子。
人気があるので、知事の任期を満了しないでも衆議院議員選挙に立候補しても勝てると思っている様子。国会議員が人気投票になっちまうような印象ですね。まさか宮崎県人が人気があるからといって投票するとは思えませんが、売国奴の小泉と腰ぎんちゃく学者の竹中平蔵による愚策で日本をガタガタにした挙句に、小泉は責任を追及されないうちにとさっさと国会議員を辞めて息子に地盤を譲るというあきれ果てた暴挙にもかかわらず、ご年配の筋には相変わらずの人気ぶりに日本人の低レベルに嘆いていたところ、東ですか。

宮崎の東、大阪の橋下、とタレント知事が勢いを見せるので、俺も俺もとばかりに千葉県の知事に立候補した森田健作が、自民党の推薦は受けていないと嘘をついて、だまされた千葉県人は、東と橋下と同じレベルを期待して当選させてしまった。その後の森田の悪評は目を覆うばかりで、千葉県の人、お気の毒です。

巧言令色、鮮なし仁(こうげんれいしょく、すくなしじん)

口先のうまい人や見かけばかりの者にロクな者はいない、という意味です。東、森田両知事にささげます。
いまや口先のうまい人ばかりが注目を浴びているようです。寡黙な人というのは暗いというネガティブなイメージで捉えられてしまっていますが、ただ朴訥としているというだけで暗いといわれるのも馬鹿げた風潮です。

しかし、人の真価を分かるときが必ず来ると信じて、下の言葉をしたためます。

子曰く、歳寒くして、然る後に松柏の彫むに後るることを知る。
(しいわく、としさむくして、しかるのちにしょうはくのしぼむにおくるることをしる)

寒さの厳しい季節になって初めて、松や柏が緑の葉を枯らさぬことのすごさがわかる。

季節が変わったからといって枯れたり凋んだりせず、己の変わらぬ姿を保ち続けること。すなわち自分の信念を曲げず、変節することなく生きていく強い意思を松柏で象徴しています。(「心にひびく論語」永岡書店刊より)

私も小人なので、周りの考え方に影響されやすい傾向がありますので、この一文のように、確たる信念を持って生きていきたいと願うばかりです。

2009/06/19 (Fri) 12:48
臓器移植法案に思う

臓器移植法案の改正?案が衆議院で可決になりました。
脳死を人の死と定義して、国内での臓器移植への道を大きく広げようという狙いのようです。

現状は臓器を移植しないと生きられない子供とその親にとって、海外での移植しか選択の余地が無いために、海外への渡航のための費用を募金に頼らざるを得ないという状況に、あまりにも国民に対する冷たい国だなと思っていました。

しかし、新聞記事を読んで、これはなかなか難しい問題ですね。

脳死を人の死と判断すると、何処でその判断が行われるかというと、ほとんどの場合、担当医者の判断によるしかなくなるのでしょう。心臓の停止は素人にも分かりやすいでしょうが、脳も何らかの波形で分かるようになっているのでしょうか。家族はその医者の判断を疑う余地も与えられなくなるのではないかという疑問。それに早く臓器移植をしたいがために医者のほうで早めに見切る可能性がまったくないといえるのかという疑問。昨日のニュースで家族を臓器移植させた人の発言にもありましたが、脳死と植物状態の違いが分からない。

植物状態から家族が毎日のように声を掛けて脳に刺激を与え続けていた結果、見事によみがえったというドキュメントを見た記憶がありますが、この事実をどう捉えるか。こうような可能性に、たとえ可能性が限りなくゼロに近い奇跡であっても、家族がそれにかけるのは当たり前。

私は以前、ドナーカードを持っていましたが、妻が、このカードがあるからという理由で病院側に最善を尽くさないで早めに移植をしようとする恐れがあるからということで反対されました。確かにその可能性は否定できないでしょうね。昨日見たニュースでも、死にかけた患者に対して、病院側が移植のための手続きをはやばやと進めていたそうな。これだからドナーカードを持つことに対する不信感を払拭できないんだと思います。

医者も功名心にはやってしまうこともあるでしょう。

話はそれますが、日本で心臓移植の施術率が諸外国に比べて低い理由に、最初の心臓移植を行った当時の北海道大学の和田教授の売名行為的なオペが足枷になっているという記事を読んだことがあります。

移植法案に関して賛否両論があることは当たり前でしょうが、記事を読むと、移植問題の関してあまり勉強していない自民党議員連中による多数決で可決になったようです。

私自身は私の臓器が役に立つのならば移植してもらいたいと思いますが、肝臓はだめだろうな~・・・
虐めてるもんなぁ・・・心臓も毛が生えていないのでどうかなぁ~・・・

2009/06/11 (Thu) 08:40
我が家のオババ猫

我が事務所というか自宅に2匹の猫がいるのはすでに書きましたが、このうちのオババ猫のほうが、この数ヶ月、食欲も無い様子で、食事を与えても、カリカリと(ドライフードなので)と噛んでいると思ったら、まだ食器の中に大量に残っているのにプイッと自分の寝床に入っていました。

味に飽きたのかそれとも嫌いなのかといろいろ考えて、他社メーカーの高齢猫用の食事に変えても同じ。

以前はいつでも食器の中にドライフードを入れていて、好きなときに好きなだけ食べる習慣が十年以上も続けていたのですが、どうも食習慣が良く無さそうだとインターネットで調べた結果、時間を決めて与えるように変えたのが、この2ヶ月前くらいからです。

それまでは簡単にゲロすることが多く、病院でもそんな猫も居ますよという見解だったので気にもしていませんでした。食事時間を決めるようにしたら戻す頻度がはるかに少なくなって、あー、きっと今までは、好きなときに好きなだけ食べていたから、いつも胃の中に物が入っていたんだなと思ったので、コレはいい習慣を身につけさせなきゃと思っていました。
食事の回数は一日に2回程度が良いと書いてあったので、最初は前の習慣があるので急に変えるのも難しいから日に4回くらいにとどめといて、徐々に減らしていこうと思ったんです。で、徐々に4回から3回に、最終的には2回に減らそうとしたのですが、一回の食事の量はまったく変わらず、おなかをすかして食事をうるさく催促する割には食べる量はほんの少しだけという状態が続いて、体もだんだん細くなっていくばかり。

これはどこか悪いんじゃないかと、高齢だし、そりゃ心配しました。味に飽きたのか嫌いなのか、とあれこれ思案した挙句、妻と話し合ってドライフードに缶詰の半生を混ぜてみようと言うことになって、早速そのようにして与えてみました。これでもダメなら病院に連れて行こうと。とにかく長生きしてもらいたいからですね。

ところが、これが同じ猫かと見間違えそうなくらいガツガツ食べたわけです。これがその証拠写真。

ガツガツ

いつもは座り込んでお上品?におちょぼ口でカリカリと食べていたのですが、このときはこの中腰のまま大口開けてガツガツと、まるでTVのCMに出てくる猫のように実に攻撃的に食しました。すっかり食べてしまった後でも皿を嘗め尽くして、洗わなくてもいいくらいにピッカピカにしてくれました。
なんとまあ、驚くやら。今までのオババ猫の食事姿のイメージから程遠く、あんた誰?と言いたくなるくらい別の猫になったようでした。

食欲が無かったわけじゃなくたんに食事の味が嫌いだっただけのようでしたので安心しましたが、猫って単純だから1つの餌でずっと食べ続けると聴いた記憶がありましたが、やっぱり飽きるってこともあるようです。

でも、この半生の餌が実に臭い!
ドライフードも若干臭いがするときがありますが、この半生はモロにマグロなどの魚の生臭い臭いがしますので、換気扇を強にしてまわしっぱなしにしています。

でも、ま、これでオババ猫が元気で長生きしてくれば、生臭い臭いにも慣れましょうぞ!

2009/06/06 (Sat) 12:33
「実録 連合赤軍」を見て

「実録 連合赤軍」をDVDで見ました。

連合赤軍のことは若い人は知らないと思いますが、大まかに言うと70年代の学生運動の時に、武装闘争によって革命を起こして政治体制を倒し、共産主義による国家形成を目指した急進的極左集団でした。連合赤軍が起こした様々な事件は日本中を震撼させたものばかりでしたが、大菩薩峠における仲間同士の殺し合いと、警察機動隊に追い詰められてあさま山荘に立て篭もって銃撃戦を行ったことが有名です。

何故彼らがそういうことを起こしたのかを疑問を持ち続けていました。当時は新聞を読んでもさっぱり理解できませんでした。

「あさま山荘」事件を取り挙げた映画は過去にありました。TVでも放映されましたが、そっちのほうは警察にスタンスを置いた作りのようでした。私の疑問に答えが出るはずも無さそうでしたので見ていません。

結構長い映画でした。

赤軍の仲間が集まった山小屋で、テロ組織としての軍事訓練と教義の学習をしていたようでしたが、幹部であった森恒夫と永田洋子の独善的な言動に対して、他のメンバーは異議立てもせず、反革命的だと一方的に決め付けられた挙句の総括という名の死刑にも反抗しなかったようです。そうやって同志を次々に殺害していく経緯にメンバーが従っていた理由は、反革命的というレッテルを貼られることへの恐怖と、毎日朝から寝るまでの間、革命的なアジテーションを聞かされ、それにわずかでも同意できないような態度を取ると、総括という名の死に値するという森と永田の狂気に洗脳されてしまったのではないかと思われます。

しかし、なんと浅墓なのは、貴重な存在である同志を何故殺しあったのか。そうすることに何の意味を見出したのか。いや、見出せたはずが無いことはその後の顛末を知れば分かることでした。本来なら組織として同志を増やしていくべき戦略を持つべきなのに、その方向性を持てなかった大きな理由として、森と永田の指導者としての資質に大きな欠陥があったことははっきり分かります。森のエキセントリックな狭義の思想と永田の自己中心的に同性を追い詰めて殺した集団に、なんら革命的な思想性も見出せず、ただただ集団ヒステリー状態で突き進んでいった挙句、革命家を装った犯罪集団でしかなかった。

この犯罪者集団の影響もあるようですが、いまや学生運動は歴史の一こまのような風潮になってしまっています。しかし、当時、政治権力者のアメリカ追従に対して、愛国的な危機感を覚えた結果、全学連を組織化し、権力側に対峙した当時の若者の純粋さは、暴力面はさておいて、もっと評価してもいいのではないかと思います。

社会を変えていくのは、若者の大きなエネルギーが必要なのだから。


2009/06/05 (Fri) 10:37
国家権力遂行機関

足利事件で無期懲役の判決を受けて服役していた菅家さんが、DNA鑑定で別人という結果を受けて、昨日、釈放されました。まだ正式な再審結果が出ているわけではないですが、無罪判決になるのは間違いが無さそうな報道です。

昨日のニュースと今朝の新聞で詳細は報道されているので、改めて書く必要も無いですが、それにしてもひどいのは、当時の警察、検察、裁判官といった国家権力を振り回した連中。

確かにヒューマンエラーがあるのは避けられないので、だからこそ裁判に3審制度というものがあるはずですが、その全てが警察と検察の捏造としか言いようの無い証拠で、無実の人が犯人に仕立て上げられたことに恐ろしさを覚えます。裁判に関しても、常識を持っていない裁判官に当たってしまうと、これまた非情な判決が出てしまう事例は枚挙にいとまが無いほどです。

菅家さんの拘置された17年間に対して、国家賠償責任や刑事賠償責任を問われるのは当たり前として、先にあげた当時の警察官、検察官、裁判官(3官)への責任はどうするのでしょうかね。
賠償金は税金ですよね。言わばその3官は国家国民に対して損害を与えたということになるわけです。その罪は大きいと思いますが、結局、誰もその責任を取らないんでしょう。国家公務員、官僚連中が自ら犯した過ちに責任をとったことは過去に無いですから。

当時の刑事が、このことに対してコメントを求めたTV局のインタビューアーに対して、邪険な対応を取りTV局を批判して、俺たちは命を懸けてしたんだ、と怒鳴ったシーンがニュース番組で放送されました。

あの姿を(刑事は画面に姿を映していなかったです)見て、私は逆キレましたよ。
税金もらって警察官をしているのなら、命をかけて仕事をするのは当たり前だろ?命をかけたつもりの警察官が、無実の人を刑務所に放り込んで、無実なのに必死で刑務所で17年間も戦ってきたというのに、そのことへの良心の呵責も感じずのうのうと生きてきてんだろ?
本当に命を懸けたのはどっちかということが、今度ではっきりしたんじゃないのかね、オイ。

おまけに、時効で真犯人は捕まえられず仕舞い。
無実の菅家さんを国家権力ぐるみで犯人に仕立て上げてもらったので、真犯人は安全に市民の中で何食わぬ顔をして生活できたわけです。そして、これからは時効になったので、人殺しの罪は消えたことになり、晴れて人生を歩いていくわけです、無垢な子供を殺害したにもかかわらず。

国家権力の恐ろしさと、人を殺しても、時効で殺した罪が消えるという馬鹿馬鹿しい国に、我々は居るということを改めて心に強く認識しました。

2009/06/03 (Wed) 14:14
住宅ローン減税のからくり

平成21年度の税制改正では、住宅ローン減税がインパクトがあるようです。
正式名称は「住宅借入金等を有する場合の所得税額の特別控除」となんとも長ったらしいモノ。

今までは、控除額が最高で年間20万円、10年間の合計が160万が減税額でしたが、今回の税制改正で、平成21年から平成25年の間に住み始めた場合、住宅ローンの年末残高に控除率1.0%もしくは1.2%をかけた金額が10年間に渡って控除されるということになります。

最高でローンの年末残高5000万円×1.2%=60万円、これが10年間控除され、合計で600万円控除になるということです。

10年間で600万も税金が控除される!と、大喜びになるところですが、ちょっと待ってください。上の文章をよく見てください。
「ローンの年末残高5000万円」というところ。
10年間に渡って年末残高が5000万ある人だけが対象になるということ。よほどの高額所得者しか当てはまらないんじゃないでしょうか。

一般的には借り入れとしてはどれくらいか考えて見ましょう。私の経験からしても一番多いのが30年ローンで借り入れ金額は3000万円くらいじゃないでしょうか。
その条件で計算してみると、10年間の減税額は、控除率1.2%では約310万円。1.0%の控除率では260万円です。

つまり、600万円の控除はよほどの大金持ちしか当てはまらないということです。

だから、600万円も減税になるからといって、シュワッと飛びついて住宅ローンを組むのは危険ですよ。

この税制改正を取り決めたのは、もちろん現在の与党自民党とそれに金魚の糞的にくっついているカルト教政党。自民党の総裁には、かの未曾有の大金持ちの麻生がいるし、その取り巻き連中も市井の人には縁の無いような資産を持っている、いわゆる大金持ちばかり。
あの連中にとって都合のいい法律になっているということですね。

おまけに選挙が近い。

いかにも大減税になると思わせることで自民党に投票してもらおうという狙いが透けて見えます。頭の悪い政治屋だけでこんな政策を考え出せるわけじゃないので、もちろん自民党べったりの官僚共が後ろについているわけですね。

あー、実に小賢しい。

ことほどさように、税制のからくりを十分分かった上で、安全なローンを組みましょう。



2009/06/02 (Tue) 11:52
設計事務所と本

今度、老朽化した市営住宅の改修設計監理をすることになり、そのための資料収集をしていますが、改修工事は新築と違うノウハウが必要なので、そのための勉強もしないといけません。

一般的な知識程度では現場の状況に即応できなくなる恐れもあるために、改修工事に関する本を購入しましたが、いやはや、やっぱり専門家向けの本は薄いくせに高い!専門家向けということは、一般的は売れないので間違ってもベストセラーになんかなるはずが無いですよね。
一般的には需要と供給の関係で、売れない製品は高くなるはずが無いんですが、極少数の専門家だけを相手にしている本なので、ウ~ム・・というくらい高い本になっています。

学術書みたいなものですので、仕事柄、仕方ないと諦めて買いました。

日本建築学会から出ているJASSシリーズも、どれもコレも高いですよね。
必要な図書だけに絞って買ってはいますが、やはり無いと仕事柄いろいろと支障も出ますので、仕方がありません。

設計事務所の室内は、昔は製図台が大半を占めていましたが、CADが主流になってからは、製図台は姿を消して、その代わりプロッター、プリンター、スキャナ、などなどが面積を食い始めますが、昔も今も変わらないのが、書籍類ですね。カタログも含めると膨大な量になります。

こうやって、徐々に事務所の中は本だらけになってしまいます。
読みかけの本、読んでいない本などもあちこちに散乱し、その本を探す時間も惜しいくらいです。
本当に、なんとかしなくっちゃ・・・・

| ホーム |

 BLOG TOP