FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2009/02/23 (Mon) 10:39
東京タワーとノアビル

先週の土曜日に、甥の結婚式に出るために十数年ぶりに東京に妻と一緒に行きました。

会場はモノレール浜松町で下車して歩くなりタクシーなり使って行ける場所でしたが、東京タワーも近くにあるので、せっかくだから田舎者丸出しで東京タワーに登っぺと。

東京に12年間居た頃は東京タワーをJRの窓越しで見ながらも一度も行ったことはなかったので、こんなときでもなきゃ二度と行かないだろうしと妻も行きたがっていたので会場に行く前に東京タワーに向かいました。

トウキョウタワー

東京は雲ひとつ無い潔い晴れ方で、こんなところもやっぱり福岡とは違うなーと、東京に居た頃は特にそんなことも思わなかったのにいちいち感動。

はは、すっかりおのぼりさんです。

東京タワーでは上の展望台まで行きたかったのですが、結婚式が始まるまで時間が残されていなかったので下の展望台でお仕舞い。しかも一周もしないで降りざるを得ず、滞在時間はわずか5分程度。

しかし展望台からは成金シンボルタワーで建築的にはまったく興味の持てない六本木ヒルズや鈴木エドワード設計の商業ビルも臨めたのでまあヨシとしました。

タワーを降りて会場のホテルまで歩いて行くつもりで妻を小脇に抱えながら大またで歩いてとある交差点で信号待ちしていたとき、妻が、あれ何?と私の後ろを指差したので、えっ、ゴジラでも来たかと振り向いたところ、ななななぁ~んんとぉ、白井晟一設計のノアビルがどどーんと目に飛び込みました。

新築時に比べると、基壇部分のレンガが排気ガスの影響などで薄汚れてしまっていましたが、その存在感は汚れや周囲の喧騒など物ともしないほどに毅然と空に向かって静かにたたずんでいました。

ノアビル

その感動たるや、思わず鳥肌が立ち、妻に「オレ、よそ見しながら歩くからまっすぐ誘導してくれ」と伝えて、ひたすらその建物が見えなくなるまで目に焼き付けました。

東京に居た頃にノアビルを見に来たことがありましたが、その頃は土地勘も無かったので、こうやってこんなところでお目にかかれるなんて私はなんて幸せ者なのだと感涙に咽びました。嘘ですが。

そのノアビルの感動を引きずりながら会場にあえぎながらやっとこさとこ到着。親族の中では最も遅い到着で、皆やきもきしていたそうな。
意外に距離があったので肌寒い日だったのにもかかわらず若干汗ばんじまいました。

結婚式はキリストさんの方式。

賛美歌なんて横に居る妻はクリスチャンの学校を出ているのでさすがに歌えていましたが、私は歌ったことが無いので口パクで対応。

ま、中国もオリンピックでやったようですのでヨカでしょう。

しかしシューベルトのアベマリアが流れたときには、メロディーの美しさとあの甥っ子がねーという感慨も合わさって思わず目頭が熱くなりかけましたが、横を見たら妻もなんとなく目も周りが赤く涙ぐんでいました。

甥の結婚式でこうなんだからわが娘の時にはどうなることやらと少々心配。

その後の披露宴は出席者は親類、友人だけのこじんまりとした、ほんとうに祝ってくれる人だけが集まって非常に気持ちのいい披露宴でした。

開始早々に親族代表としての挨拶でしたが、マイクの前に立って頭を下げて顔を上げたとたん、それまで練習した文句は綺麗さっぱりどこかに吹っ飛んでしまい、予定に無かった台詞が口から出てしまいました。

もう後は思いついたまま、脈絡も考える余裕もなく、ふんだんもっさりした口調の私にしてみれば恐ろしいほどの早口でしゃべっていました。

どこかで笑いを取ろうと頭の中では思いつつも、まったく余裕も無く、とにかく早く終わらせようという思うばかりでしたが、唐突に最後のほうの文章を思い出して何とか締めくくりました。

妻も予定外の文句で始めるものだからひやひやしながら聞いていたそうな。結局妻の採点は63点ということで、なんとかかろうじて合格です。

でも、なんで3点が付くのかいまだに不明???

会場のBGMとしてピアノの生演奏がありリクエストも可能とのことでしたのでパッヘルベルのカノンをリクエスト。カノンを聞きながら気持ちのいい酒がスコスコ入りました。

ノアビルも見れたし東京タワーにも行けたしうまい酒も飲めたし、早朝に出発して20時過ぎに帰宅という強行軍でしたが、程よい足の疲れとまだ残っている酒(風邪薬とも近頃では言うようですが)の酔いの心地よさでほんとうに充実した一日でした。



スポンサーサイト



| ホーム |

 BLOG TOP