プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2008/10/31 (Fri) 10:26
法事に行って思うこと

先日、**市の叔母がガンで亡くなったので、その法要に向かいました。

岐阜にいる長兄も飛行機で福岡まで来たのでJR博多駅で待ち合わせして一緒に向かいましたが、何年も会っていなかった長兄の外見の変貌振りに驚き、「えらい痩せたな」と言ったところ、「締まったと言えよ」との返答。しかし、饒舌ぶりは昔と変わらず、片道約2時間近い間、ほとんど一人でしゃべり続け、私はただただ相槌を打つだけでしたのでラクといやラクでした。
昔の漫才で頷くだけの芸人が居ましたが、そんな気になります。

叔母の家には親類縁者が集まっており、こんなときでもない限りは一堂に会して集まることも無いだろうということは仕方の無いことですが、叔母の娘どももすっかり中年のおばさんになっていて、幼稚園の頃のイメージしかなかった私はそのギャップに戸惑うばかりでしたが、キャラクターはまったくといって変わっていないようでした。

残された叔父も89歳という年齢で車椅子生活を余儀なくされていましたが、頭脳明晰なのはうらやましいほどで、昔のことも細部のことまでしっかりと覚えていたことには驚きました。

法事が終わって、兄弟で久しぶりにデイサービスに居る父の顔を見に向かいましたが、93歳になる父は悲しいことに痴呆がすすみ、われわれ兄弟の顔も覚えていない様子に何年ぶりかに会った長兄が涙ぐんで目の周りを赤く染めるほどで、先ほどの叔父と比べてしまい、なんとも悲しみを覚えてしまいました。

以前の父は難解な経済関係の学術書などを読んでいたにも関わらず痴呆になってしまうのを目の当たりにすると、あまり難解な本は結局字面だけを追うだけで、内容を理解するという本当の意味での脳の刺激にはなっていなかったのじゃないかと思います。

叔父、叔母、父、そして何年ぶりかに会った従兄弟達に会ってみて思うに、こうやって人は成長し老いて死んでいくことを永遠に繰り返してきているわけで、年取ってしまうことは避けられないことは当たり前ですが、死ぬ時に、果たしてわが人生に悔い無しといえるのだろうか、いえるような生き方をしているのだろうかと、自問自答するばかりです。

努力家だった長兄、人に優しい次兄にくらべると、なんのとりえも無さそうなわが身を忸怩たる思いで見つめるだけです。

久しぶりに会った兄弟、従兄弟達に幸あれと願うとともに、叔父、父、母が少しでも長く健やかにすごしてもらいたいと祈るばかりです。




スポンサーサイト

2008/10/24 (Fri) 10:58
建築士法改定

今年の11月28日より建築士法が変わって、建築士の種類が増えることになります。

現在は建築士というのは、一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類がありますが、これに加えて新たに構造設計一級建築士、設備設計一級建築士の2つが増えます。一定条件以上の規模の建築に関しては、この2つの有資格者の設計ないと確認の受付もしてもらえないということになります。

従来の建築士のなかもそれぞれ専門分野があって、意匠設計、構造設計、設備設計と細分化されている状態であっても区別しないで「建築士」と呼称していたわけですが、11月28日以降には、上記の2つの資格が増えてきます。意匠設計に関しては、従前のままの建築士のままになっています。

確認申請上の扱いでは、小規模の木造建築の場合では建築士が設計した場合、審査対象から省かれる項目がありましたが、それが見直されて、構造設計一級建築士が設計した場合のみ従前どおりに審査対象から除かれるということになります。したがって、建築士の上位の資格に構造設計一級建築士が来ることになります。

もう1つ大きな変更は、設計事務所を管理する管理建築士になる条件が新たに設けられて、3年間の実務経験と、講習を受けてその試験に合格することが必要になりました。したがって以前のように大学院を卒業しただけで一級建築士の試験を受けて、合格すれば設計事務所が開けることができなくなります。

設計・監理の3年間の実務が必要になりますので、建設会社や工務店などの図面の下請けを専門にしていた設計事務所や確認申請を行う代願事務所では設計事務所の管理建築士になれなくなります。

このあたりの条件からみると、国土交通省の目論見が見えてきますね。

思うに、独立して間もなくても仕事がバンバン入ってくるような建築士は少数派で、大部分が夢を持って独立したけど、とりあえずの仕事は図面の下請けをして何とか事務所を必死に持ちこたえながらチャンスを待つという状況じゃないかと思います。バンバン仕事が入っている人には関係のない話ですので飛ばしてもらって結構です。

そういう現実を考えると、この決め事はかなり厳しいと思わざるを得ないですね。
税金を湯水のように無駄遣いしても責任感のかけらも持ち合わせていない高級官僚どもには庶民の痛さが分からない。大金持ちのお坊ちゃま総理も庶民の痛みがわからないのも同類で、どうにもこんな連中が法律を作っていることに危機感を覚えます。

こんなに建築士を押さえつける法律を手を変え品を変え生み出し続けるこの建築界に夢を失って廃業するという先輩が先日たずねて来ましたが、本当にショックでしたし明日はわが身です。










2008/10/22 (Wed) 10:33
登る太陽

今朝は、これから始まる住宅の建主から位置確認を受けるために早朝、現場に走りました。

出かける前に持っていく資料を机の上において指差確認しながらバッグに入れているところを横から眺めていた妻が、「これで忘れ物があったら大笑いね」との声に、「そりゃ笑えるね、ガハハ」といいながら玄関を出てエレベーターに乗り、1階に付くまでの間に忘れ物があったことに気が付いて自宅に逆戻り。玄関扉を開けたとたん「ほらやっぱりね」と妻に馬鹿受け。

建主の出勤前の確認をお願いした関係で、まだ陽が昇っていない時間でしたが、街はまだ通勤時間帯で無かったおかげでスムーズに走れて、現場に一番乗りでした。
何でも一番になれることは気持ちがいいことです。小学校のころは運動会での徒競走では、必ず私の後ろには誰も居ないという逆一番が毎度のポジションでしたが。

突如として小学校の運動会の話を持ち出しても話が進まないぞっと。

地縄という建物の位置を表している縄の境界線から離れを確認しているところへ建主が到着し、すぐ後に工務店の社長も少々眠たげな顔をしてやってきました。

各部の距離を建主の立会いの元で測り、図面どおりであることを建主に了承を得てから本格的な根切工事になりますので、結構重要な確認項目になります。

建主が現場を離れてから工務店の社長と今後の工程の確認をしているところに、山の頂上から太陽が昇り始めました。敷地は道路から3mほど高いせいか遠方に山並みが望めるという眺めの非常にいい場所のおかげで、日の出を見られてその美しさに感動しました。

朝焼けの色で赤々とした太陽がみるみる全容を現すのを見るにつけ、地球の自転は結構早いものだと改めて感じさせられましたね。

よくまあ人間は振り落とされないものですわ・・・・・

しばし見とれ、今日はきっといいことがあるぞとなんだかワクワクした気持ちで帰りました。

毎日毎日、今日はいいことがあるぞと思うようにすれば、国土交通省の官僚どもからこのところいじめ続けられている建築士も、きっと元気になりますよ。

こんなに綺麗な日の出を見られただけでもラッキーな日です。






2008/10/21 (Tue) 11:09
建築は協力し合って作り上げるもの

昨日、このブログに新しいことを書き込んだのですが、保存し忘れたようで入っていませんでした。電話がひんぱにかかってくるとついつい終了のボタンを押してしまったようです。

ハァ~、いつまでたってもパソコンは難しいです。

この「難しい」という字も、MUDUKASIと打つと、普通なら「むづかしい」となって、大体は正しい漢字が出そうですが、何度やっても「無塚しい」になりいらいらさせられますね。DUとZUの違いも分かってくれよと言いたいところです。

などととりとめも無いことを書いていますが、昨日書いた内容というのは、今工事中の現場での私と現場監督、職人の親方との立場を書きました。

設計監理者という立場は、発注者から委託されて設計をして、監理者は設計図どおりのものが建っているかどうかを確認する立場であることは建築士法にも書かれていることです。

現場が動き出すと現場から様々な要望が出てきます。
図面どおりにさせることが仕事であるならば、単純に図面どおりにしなさいと指示すれば済む話と思われるでしょうが、建築は人が作るものである以上、そこには感情というものも存在します。その感情の持ち方次第でいい仕事になったり荒い仕事になったりすることも当然あるわけで、本来ならそうあってはいけないことですが、人間は感情に左右されるものならば、いい気持ちで仕事に取り組んでもらったほうが当然いい訳です。

現場からの要望に対して断固拒否して図面どおりにしろと主張するのも、これはこれで監理者としての姿勢かもしれませんが、そうなると上に書いたように、職人たちもふてくされてしまってはいい仕事になりません。私はそのような態度では接しないようにしています。

もちろん絶対認められない線は譲りませんが、現場からの要望に対して配慮できるものは配慮する気持ちを持っていれば気持ちよく仕事をしてもらえます。

建築は、建主-設計監理者-施工者の3社の協力の上で始めていいものになると思っています。
設計監理者は3社の真ん中に挟まれていて、その両方の行事役的な役割のような気がします。

設計段階のレベル、施工段階でのレベルなどそれぞれのフェーズで目標とするものが違いますが、最終的な目標は同じものを追求しているはずですので、気持ちを通じさせることが大切なような気がします。

2008/10/09 (Thu) 09:27
ノーベル賞受賞に関して思うこと

今年のノーベル賞に日本人が同時に4名も受賞することになったという報道には、たぶんほとんどの日本人は喜ぶと同時に驚いていることでしょうね。あのアソウもアッソウなんてギャクを飛ばさないでまともにしゃべっていましたが、化学賞には長崎大学出身の人が受賞されていました。

この賞の受賞者の出身大学の統計を取ると、なぜかわが国最高峰と思われるあの官僚養成専門大学からの受賞者は、意外に少ないことが分かります。ん~、なんだか分かるような気がするようなしないような・・・・

長崎大学出身者からの受賞者が出たことは、別にその大学の出身者でもないですが、駅弁大学と揶揄される地方の大学出身者の力を公平に判断したことだと思います。
これが日本の学術賞なら、上に書いた大学の出身者が中心になって選ぶでしょうし、結局学閥だ派閥だというようなどろどろした関係から選ぶことのほうが多いことは枚挙にいとまがないほどです。
今回の受賞者に限らず、それだからこそこのような優秀な頭脳がアメリカに流れて、そういう権威主義的な体質から自由になって研究に没頭できた結果なのじゃないかと思いますね。

今回の駅弁大学からの受賞者となると、国内にいたんじゃこれほどまでに注目されなかったかもしれません。アメリカに移住して正解だったのでしょう。

ということになると、日本人が受賞したということはそりゃそうでしょうが、その研究する場というものはアメリカに有るわけで、しかも受賞者のほとんどがアメリカに何十年も滞在している学者です。ということは、間接的にはアメリカが受賞したようなものでもあるわけですね。

日本という国はすべからく権威主義的前例主義であって、何事にも新しいことには腰が引けているし権威者の発言が重視されることが多いのは事実ですね。だから権威者に認められるように媚びることにきゅうきゅうしている姿が予想できます。毎年秋に恒例の国から御褒美を授けるから皇居まで参上しなさいという権威主義的行事はその際たるものでしょう。その対象者はヘヘーとばかりに喜色満面で皇居に馳せ参じます。主権者を国民の公僕である国会議員が呼びつけるというのも妙な話ですが。

その意味でも、優秀な頭脳はこんな国を見限って、アメリカに望みを託して移住するのでしょうね。

本当に純粋に日本人が受賞したと喜ぶだけでいいのでしょうか。

優秀な頭脳の流出を留められない官僚養成専門大学を中心とした官僚主義的権威主義的前例主義国家の体質を変えない限り、この傾向はまだまだ続くと思います。










2008/10/03 (Fri) 13:54
個室ビデオ店などに使う家具

大阪での個室ビデオ店の火災の件で、同様の店の内部の様子がTVで流れていました。

店舗ビルの設計は独立前にも何回かしたことはありますが、基本的にインテリアの設計は別途という形が多く、建物が完成後にテナントが内装をすることがほとんどでした。

その場合何が問題になるのかというと、われわれ建築設計者は建築基準法に合うように設計をし、完成時には竣工検査を受けて建築基準法に合った建物だという証明をもらいます。その証明は「検査済証」というものですが、この「済証」が無い限り、確認申請した建物は使用できないということが原則として以前からありました。「済証」を得て後に建て主に引渡しということになるわけですが、店舗が入る場合、その後に内装の工事に入ることがほとんどです。その場合のよくあるケースとして、建築基準法で決められている「排煙窓」というものがほとんどの場合取り付けられているのですが、インテリアデザイナーのほとんどが、その「排煙窓」がデザイン上邪魔だといわんばかりに開閉できないように壁などで隠してしまいます。そうなると、その店舗が万一、内部で火災になったときに煙の逃げ場が無くなるということになります。

今回の個室ビデオ店での煙の充満振りを見てみると、その排煙窓がもともと無かったのか有っても隠されてしまったのかどちらか分かりませんが、煙の逃げ場が無い室内は悲惨な状態だったろうと想像します。内装も不燃材を使っていたのかどうかも疑わしいものです。不燃材を使って入れば少なくとも火が出ることは少ないと思いますが、今回は火よりも煙によるCO中毒のようですね。

となると、各室に置かれたソファーなどの充填材として使われているウレタンの発火が原因に思われます。

内装制限とは、壁、天井の下地や仕上げを不燃材で仕上げなさいという法規上の規定のことです。
カーテンにも防炎加工品の使用を要求されますが家具に関しては規制はありません。

家具の不燃処理などできるのかどうか分かりませんが、座り心地を犠牲にしてでもそのような規制が必要になるでしょう。

何でも規制する社会体制は望みませんが、ことは人命に関わることです。安心して施設を利用できるようにすることが大前提でしょう。
これからの人生の夢を持った人が、死にたくなったから火をつけたなどという理不尽な行為に巻き込まれないために、ホテルや店舗など不特定多数の人が利用する場所で使われる家具にも不燃材使用か着火しても煙を出さない材料の使用などの規制が必要ではないかと思います。



| ホーム |

 BLOG TOP