プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2008/04/29 (Tue) 12:41
情けない

毎年のことながらゴールデンウィークに入り、いそいそと弁当を作ってどこかに行かれましたか?

ガソリン、また上がるようですね。自民党と池田支配党が衆議院の圧倒的大多数をいいことに、暫定税率を上げるのを採決するそうな。

衆議院の2/3を先の選挙でこの2つの政党に議席を与えたおかげで、やりたい放題です。

それもこれも先の選挙で小泉に浮かれて何も考えないでただ人気があるというだけで自民党に投票した人、あなた方に責任があります。カルト信者はまともじゃないので無視しましょう。

後期高齢者というふざけたネーミングの保険料を年金から差っぴくという極悪法案も小泉時代にこの2つの政党のごり押しで決めています。

小泉時代の無批判な投票行為がこのような棄国民法律がまかり通っています。

税不足と言いながら、右手で国民から金をむしりとり、左手でアメリカには思いやり予算とか言う売国的法案がこれまたこの2つの政党の多数決で決めて、年間ン百億という税金を気前よく渡しています。

これくらい痛めつけられたら、少しはこの国の政権を握っている2つの政党は、かたやアメリカのためにせっせと自国民を痛めつけ、かたや池田の言うがままのカルト信者の集まりなので、まともな連中じゃないということが分かってきましたか?

日本は自民党じゃなきゃ大変だと間違った考えを持った愛すべき自民党ファンの方。全ての責任はあなた方にあることを自覚しなさい。

小泉のおかげで圧倒的大多数を持っている衆議院。
こりゃ、解散なんか、しっこないね。
参議院が言うこと聞かなきゃ衆議院で再可決できて法案が成立するという、こんな環境を手放す分けない。

ネジレ国会だから法案が通らないと自民党やカルト党の連中がピンボケの発言をしていますが、だからこを今まで適当に処理していた法案の問題点が白日の下に晒されることが連中には困るんでしょう。

福田ももうお仕舞いだし、その前の安部は成長していないボンボンのままだということがばれたし、そうなったらこんどもまた小泉を担ぎ出しますか?
そしておばちゃん連中の得票を狙いますか?

それにしても、相変わらず程度の低い議員連中だし、国民性も低いなぁ・・・


女性首相の候補は媚びの天才の小池だそうな。
この人が首相になったら、売国的にアメリカにどれくらい媚びるのかを考えるとぞっとしますね。

新米派の連中は、官僚によってがたがたになった国を立て直せないで没落していくままの日本を見限って、中国と交渉を持ちたがっているのは見え見えなのが分かっているだろうに、何考えてんでしょうかね。アメリカにしがみついていたいのですかね・・

あー、情けない!

スポンサーサイト

2008/04/24 (Thu) 13:13
光市の裁判と聖火リレー

光市の母娘を殺した当時の少年に対して死刑判決が出たことは周知の通りですが、とにかく私が感心するのは被害者の本村さんの終始冷静な態度です。

感情的な発言をすることが非常に少ないことです。
これはその昔、オウムがしでかした事件で、当初、犯人と間違えられて警察に連行され、マスコミも犯人扱いにしてしまった河野さんが最初から非常に冷静であったことを思い出します。

こういった思いもよらないような状況に陥ったとき、どのような態度が現れるかによってその人の人間性が如実に露呈してしまいますが、わが身を省みて、とてもこの両名のような沈着冷静でいれる自信はかけらも無いことに自信がありますね。

妻と愛娘をいたぶられた上に殺害され、ドラえもんが助けてくれるだとか、死姦は生き返らせるための儀式だとか言われたら、その瞬間に私自身が犯罪者になりそうな気がします。

河野さんのように、身に覚えが無くしかも愛妻が被害に有ったにもかかわらず犯人扱いをされると、頭に血が上りきってしまいそうです。

その意味でも、この両名には心から敬服いたします。


各国で聖火リレーが問題になっていますが、世界中の人に見てもらえず、ただただセレモニーとしての聖火リレーになんの意味があるのか、まったく理解できませんね。

誰も近づけないように何重にもバリケードを作り、さらに聖火ランナーの側には中国の武力をいとわないといわれている警察官の卵が張り付いています。

中国がオリンピックをすることには反対する理由は有りませんが、ここまでして聖火リレーをしないといけない理由がどこにあるのかが分からないですね。

チベットの問題は人権問題でもあるとは思いますが、オリンピックや聖火リレーを楽しみにしている市井の人もいるわけです。

人権問題を世界中にアピールするための絶好の場ではあるのは理解できますが、暴力的な行為はむしろ、人の支持を得られない。

インドが独立できたのも、ガンジーによる非暴力革命が人民から支持されたことで大きな力になったことが歴史を学ぶとよく分かります。

権力者サイドの警察や軍隊がいくら弾圧しても、非暴力による抗議行動が大きなうねりとなって人々を動かし、その結果、インドが独立できた。

何かといえばすぐに拳銃を撃ち放すような藪大統領をもつ国では考えられないことでしょうね。

聖火リレーは、ベルリンオリンピックのときにナチスの宣伝のためのヒトラーのアイデアだったようですが、もうこんな無意味なセレモニーは終わりにしませんか。

独裁国家が始めた聖火リレーを、共産党一党独裁国家で終わりにする、というのも歴史的な輪廻のような気がしますが。






2008/04/20 (Sun) 07:27
換気扇の話

今は住宅でも高気密高断熱住宅やシックハウス問題で、24時間換気を義務付けられていますので、主要室には給気口と洗面所やトイレなどには排気のための換気扇が付けれらているのがほとんどでしょう。

この換気の方式は第1種換気法、第2種換気法、第3種換気法の3種類があります。
第1種換気法とは給気と排気の両方を機械で行う方法。
第2種換気法とは給気を機械でして、排気は排気の口を開けておく方法。
第3種換気法とは給気は給気のための口を開けて、排気を機械でする方法。

一般的には第3種換気法がとられています。

換気扇を回して室内の空気を入れ替えるという方法ですので、当然のように空気の取り入れがないと換気扇を回しても音ばかりで空気はちっとも変わっていないということになります。

トイレの換気扇やお風呂の換気扇を見てみると分かると思いますが、台所の換気扇に比べると頼りなさそうな大きさだし、じさっいこんなんで効き目があるのかい?と思えるほどですが、これがやっぱし馬鹿にならない。

我が家には猫が二匹いますが、当然、トイレも二匹分です。
この猫のトイレは洗面所に台の下に入り込むような形で置いていますが、旧式のマンションですので天井裏の一台の換気扇でトイレとユニットバスの両方を天井裏のダクトで引いているわけですが、猫のトイレの臭いがしないように24時間回しっぱなしにしています。

電気代がもったいないような気がしないでもないですが、しかし24時間作動させているので、猫のトイレの臭いがまったくしません。

見た目は頼りない換気口なのですが、そこにティシュを当てるとしっかりと吸い付いていますので、んー、しっかりとはたらいとるばいと感心してほめて進ぜます。

このように、頼りなさげな換気扇ですが、給気をしっかりと取ってあげると空気は確実に入れ替わっているというのを実感しますので、皆さんも電気代のことももったいないでしょうが、住環境の改善のためには換気扇を回しましょう。特に窓も無いマンションのユニットバスなどの場合は、使用後には湿気が多いので、カビ防止のためにもま換気扇を回しっぱなしにして湿気を排除したほうがいいですね。

2008/04/09 (Wed) 18:41
便器の話

以前のブログの「人はミスる」の中に書いていますが、便器の排水がもったいないということでタンクの中にペットボトルやビンを入れて節水を試みたことを書きましたが、あれって実は芳しくない行為なんです。

建築の専門化がこんなことをしたっということであまりおおっぴらにしたくないんですが、便器の排水量って言うのはそんなに国交省の官僚みたいに無駄なことをしているということでもないんですね。

旧式のタンクは16リットルの水を一度に流してしまうので確かにもったいない話ですが、そのことはつまり旧式の便器の排水能力としてはそれだけの水がないとうまく流れないわけです。

最近の節水型便器は8リットルや6リットルで流せるという製品が増えてきていますが、その水で汚物が流せるような仕組みとか能力とかをその便器が持っているということ。

翻ってみると、旧式の便器は排水能力が未熟なので、汚物を流すためには大量の水を必要としているということになるわけです。だから、節水のためにと思ってタンクの中にペットボトルとか入れて水量を減らすことは、目に見える部分での汚物は流されているように思えますが、その先の管の中では流れきっていないということも考えられるわけですね。

そう行ったことを何年も続けていて、そのうち流れも悪くなってきた時点では、配水管の中がウ*コが詰まって固まってしまったという現象にもなりかねません。

技術は日進月歩ですので、旧式の便器で大量の水で流していたとしても、これはこれで仕方の無いことです。

節水の心がけは非常に大切ですので、配水管が*ン*で詰まってしまわないように節水型の便器に取り替えましょう。

ここんとこ、便器の話で盛り上がり?ましたね。このての話ならいくらでもできそう・・・。

しかし、食事中の人(が見てるわけないですね)や食後間もない人、臭いそうな話で
すみません m(_ _)m

2008/04/08 (Tue) 13:46
洗濯機の防水パン

住宅でもマンションでも同じですが、洗濯機の下にあるプラスチックの製品。
これは防水パン、もしくは洗濯パンといって、洗濯機の下にいわば当たり前のように付いている代物です。ご他聞にもれず私のマンションにも洗濯機を置くところについています。


洗濯機よりも少々大きいサイズですので、洗濯機の横があまっているのが普通です。

このパンの目的というのは予想されているように、洗濯機からの水漏れを受けるためのものですね。

昔は洗濯機の底からホースが外れて水が漏れる事故が多く発生したことでこのような製品が作られているのだろうと思いますが、今の洗濯機でそんな事故、聞いた事無いですよね。

2槽式ならば洗濯槽から脱水槽に洗濯物を入れる際に、水跳ねが有るか可能性は確かにあるかもしれませんし、節水効果は1槽式の全自動洗濯機より 2槽式のほうが優れているので、積極的に2槽式を使われている方もおられます。

が、ほとんど圧倒的大多数は全自動だろうと思います。

全自動洗濯機のサイズは2槽式よりもコンパクトなので防水パンのサイズも全自動用の製品もありますが、それはさておき、いずれにしても防水パンのほうが洗濯機よりも大きいので洗濯機の横が余ります。そして、洗濯物を出し入れする関係でより綿埃などが生じます。その結果、洗濯機の横のパンには埃がたまってしまいます。

ここが問題なんですね。

中途半端な隙間なので、掃除するときも掃除機のノズルがうまく入らず綺麗に埃やゴミが取れなくて、その結果、いつ見ても埃っぽいし汚れたような不潔な印象のまま放置されることになります。

毎度毎度の掃除の時には面倒なのでほったらかしで、大晦日の時にようやく洗濯機を動かして掃除機の先をつっこんで吸い込ませます(あ、我が家のことです)が、そのときにはしっかりとこびりついてしまってなかなか一遍では取れません。

このようにゴミを溜め込むような洗濯機パンって、本当に必要なのでしょうか。

皆さんのところはどんな状態になっていますか?

いまどき、洗濯機の底が抜けるようなことってあるのでしょうか。

洗濯機パンをなくしてしまえば床もすっきりなりますね。
もし水が心配ならば、塩ビシートをしっかりと張り込めば他の部分に水が回りこむ大部分は防げます。

住宅を設計しいても、そのように当たり前と思われていることに何故なんだろうと思うことが結構あるものです。

無意識に取り入れていても、それが結局必要性が低いということならば無駄なコストを掛けたことになりますので、やはりルーチンワークに流されないようにいつも意識していくことが必要だと思わされます。

しかし、言うは易し、なんですよね。

2008/04/07 (Mon) 19:27
人はミスる

私の事務所(といっても、自宅兼用ですが。それとも事務所兼用自宅なのか・・・ああ、ややこしい)のトイレの便器を取替えた時の話です。

それまでの便器は、なんせ築35年のマンションに当初から付いていて一回も交換をしたことが無いという年代ものですので、私も入居当初、この年代ものを目にしたとき、れれれのれと思わずほうきをもって頭に指を立てて駆けずり回ったことでした。このイメージ、分かるかなぁ・・・

色はいまどき目にしないというド青で、一回流すと16リットルの水が轟音を立てて流れて行き、ただでさえ水道料金の高い春日市に多額の水道料を払い続けてきました。

旧式の便器で排水が横引きなのでけたたましい音の割には流れが悪く、場合によっては2回続けて流さないと始末に悪く、その場合単純計算で32リットルの水が無駄に流れていきます。

最初はこりゃたまらんと思いタンクの中にペットボトルやガラス瓶を入れて使用水量を減らそうとなけなげな努力をしていましたが、入れた物が排水の蓋に当たったりしたときには水がいつまでも流れっぱなしだったり、排水量が減ったせいか、ますます流れが悪くなったりしたので、んならしゃーない交換すっぺ、と決意を表明したのでした。

で、なじみの設備工事会社に見てもらいましたが、なんせ老朽化したマンションということですので横引きタイプしか選べず、おまけにパイプスペースに接続する位置が限定されているので選べる機種が限られてしまいました。

その限定された機種を発注して取り付けに来た初日。壁配管の接続金具が違うといって後日際取り付け。なぁんちゅうこっちゃ、事前に見たんだろうが、とは思ったものの口に出さずでした。

祖jの数日後にやってきて午前中いっぱいかかって取替え。
古い器具の金具が錆び付いてなかなか取れなかったとのこと。

取り付いた便器の流れのよさと音の静けさに感動したものの、なぁ~んかカタログと格好が違うなと思い品番を確認したところ、なななぁんと、別の便器が付いていました。

頭から湯気を出しながら設備会社に連絡したところ、メーカーから来た機種をそのまま確認せずに取り付けたようで、メーカーがミスったというばかり。

私はメーカーに依頼したのじゃなくあなたの会社に依頼したのだよ。メーカーがミスったというのはおかしかろう、と厳重に注意。

早速取り替えるということになったものの、今回のケースで勉強になったことは、やはり取り付ける前に納品チェックというものは大事なことだと。

悪意が無くともヒューマンエラーということはおきるということですね。




2008/04/02 (Wed) 14:46
いつまで続く国民愚弄政治

昨日からガソリンの暫定税率だとか言うのが廃止になって25円下がることになり、即値下げに踏み切ったスタンドはどこも混雑しました。

今日の新聞に小さく書いてありましたが、あの売国奴の金丸がアメリカに媚びて日本の税金をアメリカ軍に湯水のようにつぎ込むという思いやり予算というものも期限が来て、アメリカがその分を立て替えているとか。

アメリカに税金をつぎ込んでいるのはそれだけではなく、インド洋でアメリカ軍の中心とした軍艦に、これまたガソリンを気前よくただで分けている。

同じようなことをしている国も有るようですが、ただで分けているのはアメリカに忠実なポチ自民党とオカルト党が権力を握っていて国民を愚弄している日本だけです。

道路の暫定税がなくなると大変なことになると散々自民党の幹部連中は脅かしをかけていますね。
あのそのまん東も、いつの間にか自民党寄りになって、暫定税率廃止を言っている民主党を攻撃しています。

しかし、暫定というのなら、期限が来たら廃止するのが筋ではないかい?

そもそも、その暫定を当てにする政治って、一体何なんですかね。

税収が無くなって大変なことになるという前に、上に書いたような国民の税金をアメリカのためにつぎ込む愚策を辞めれば、すぐに何億というお金ができるんじゃないんでしょうか。

相変わらずの官僚の無駄遣いも、厳正に処置すれば、それもすぐに何億というお金が生まれてくるではないでしょうか。

自民党大好き人は、アメリカが守ってくれなくなると日本は大変なことになるといつものたまっていますが、そんなにアメリカという国を信じてますか?

連中は自国に都合がいい間はその国と付き合うという冷徹な外交戦略で日本に接しているだけ。
連中にとって日本が利用価値が無くなれば、連中得意の強引ごり押しのロジックで日本を切るのは十分予想できるでしょう?

連中の関心はヨーロッパに向いているのは自明の理で、アメリカの祖先はヨーロッパからの移民がほとんどだから無理の無い話しです。

アメリカインディアンと同じモンゴロイドである日本人は、言い成りになって金をどんどん使ってくれるので適当に付き合っているだけだということ。

それにもかかわらず首相が変わるたびに、参勤交代のようにアメリカ大統領将軍に拝謁をして、そのときに何か土産を持っていくというのは今に至るまで腐るほどある話。お土産を持っていって将軍様からジャンパーをもらい、馬鹿みたいに喜んでプレスリーの真似をした売国奴の情けない首相も最近いましたね。

後期高齢者保険とか言う医療制度で、年金生活で質素な生活をしている高齢者の医療費を、わずかな年金からさらに徴収しようという、悪法という以外何モノでもない制度が1日から始まりました。

これって、高齢者はもはやお荷物だから早く死んでくれというのと同じ。

アメリカに媚びて税金を湯水のようにつぎ込む国の権力者と官僚は、生産力の無くなった高齢者をどんどん死ぬような方向に向けています。

この悪法極まりない法律を一緒になって賛成した、さも庶民代表のような偽善政党であるオカルト集団政党の公明党の存在価値はこのことだけでも無いですね。

自民、公明を代表として政治の貧困、官僚の横暴、庶民感覚を持っていない政治屋連中。
あの連流にとって年金のわずかな金は金と思っていないような生活をしています。

こんな政党に、いつまで権力を握らせておくのですか。

台湾や韓国は、どんどん政権を変えさせているにもかかわらず、わが国の有権者は、これほど足蹴にされていてもまだ自民党や狂気集団の公明党にすがりつくのですか。

そんな国が胸を張って国際的にアジアの最右翼の民主主義国家だと通用すると思いますか。

政権交代もさせることのできない国は民主主義国家といえないということを認識しましょう。

健全な民主主義というものは、政権を交代させることで国民のための政治をさせることが目的であって、政治屋や官僚にとって都合の政策しか行えない国は民主主義国家とはいえないということ。

その意味では、健全な民主主義国家はアジアではもはや韓国や台湾だということを。




| ホーム |

 BLOG TOP