プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2007/12/28 (Fri) 11:01
官僚がしたこと

今年の建築界は、わが国の優秀な国土交通省の頭でっかちのおりこうさんな官僚による建築基準法の改定のおかげで、建築工事着工件数が激減して建築不況が回復できないままなのにもかかわらず、さらに追い討ちをかける形で不況に追いやられてしまったようです。

建築業界の裾野は自動車業界と同様に幅が広いので、おおもとの建築業界が不況になれば当然のように関連業界も不況に陥り、その結果GNPを押し下げる結果になります。

経済界からのクレームであわてて建築確認申請の手続きの一部を少しだけ変えることにしていますが、基本的な仕組みはほとんど手付かずの状態。しかし、建築業界のクレームには威丈高に対応していた官僚連中は、経済界からのクレームが来るとカルト信者の大臣ともども基準法の一部を見直すと言う対応の仕方を見ても、この国は所詮、金を持っているほうが強いと言うことを嫌と言うほど思い知らされますね。

したり顔で国家の品格だとか清貧の思想だとか鈍感力だとか書いた本がベストセラーになっていますが、根本的な拝金思想は官僚からしてこの姿勢です。

建築基準法を変えたことを「改正」と呼んでいますが、本質的に従来の内容の悪いところを時代の流れに即してユーザーにとって都合のいいように変えることを「改正」と呼ぶのが常識で、今回の基準法の改定は、これだけ社会的な混乱をきたしたことから見ても「改悪」という言葉以外浮かんできません。

そもそもが姉歯から発生した耐震偽造問題をきっかけとして、信頼性のある建築物にしようと言う考えからのことであることに対しては理解できますし支持もしますが、その方向性が悪い。この辺は所詮、実務を知らない官僚連中の思慮の浅さが露呈してしまっています。

姉歯事件から構造的に安心できる建築物にしようとの考えなら、そのカテゴリーでの見直しをすれば済む話。
いままでも真面目に作ってきた建築物は、様々のところで地震にあってもしっかりと存在しています。このことをなぜ視野に入れないのか。

この際だから何でもかんでもがんじがらめにして、その結果何かが起きても責任は官僚に来ないようにしようと言う意図が見え透いています。
実際問題として、姉歯のときでも詰め腹を切らされたのはイーホームズのみした。最初にリークしたイーホームズの社長が、国から糾弾され廃業に追い込まれましたが、その監督官庁は当時の国交省の官僚のご尽力のおかげで責任無しと言うことになりました。

これって全く虫のいい話しです。
通常の会社組織で考えれば直ぐ分かることですが、建築確認に関する責任を持つおおもとの本社が国土交通省で、その支店と言えるのが各県の建築審査課です。
従来はその支店である建築審査課が確認申請を法規に合致しているかどうかの確認業務を行っていました。あくまでも、「確認」が業務です。「許可」業務ではないと言うことに注意してください。

確認業務の量が増えてきたので時間が掛かるようになったと言うことで、業務の一部を民間に外注するためにイーホームズやERIなどの民間審査会社が設立されました。
この民間審査会社の監督を各県の建築審査課が行うことになっていますので、委託先である民間審査会社への監督責任は常識で考えればあるはずですね。

ですから、今回のようにイーホームズが審査した建築確認がずさんだったと言うことが問題になり、イーホームズに全部の責任を負わせ、監督官庁である県の審査課、さらにその上の国土交通省には何の責任もないとの判断は、さきの民間の会社の組織で考えればありえない話です。

食品偽装で現場のパートの女性の責任にしようとして責任を免れようとした船場吉兆の専務の対応が非難されていますが、このような姑息なことと同じことを姉歯問題では国ぐるみで行ったわけです。

今後こんなことが起きても自分たちに責任が来ないようにしようと言う考えで建築基準法をガチガチの法律にしてしまいました。どこをつついても官僚には責任がないようにして、お前たちはこれをしっかり守らないと罰すると言う罰則ばかりを大きくして脅かしをかけました。
国ぐるみの恐喝です。

確かにとんでもない建築士も居ます。
確認申請図面と実際に施工する図面の2つを平気で書いている事務所も存在します。
本来ならこんな悪質な事務所を淘汰させることのほうが必要なのに、とにかく全てが悪人と言う姿勢では、建築のことを一生懸命考えながらコツコツ地道に仕事をしている事務所は報われません。
実際、改悪基準法の影響で事務所廃業せざるを得なくなったり建築確認申請が要るような仕事は受けないと言う事務所も出てきています。

今年一年の代表される文字は「偽」になりました。
これは一般的に食品の偽装問題にとらわれているように思いますが、それのみでなく、「改正」という呼び方で、いかにも以前の基準法が正しくなくて今回の法で作った建築が安心ですよと思わさせる呼び名も「偽」としか思えません。

なんだか官僚の馬鹿さ加減と、この国は官僚の思いのまま動かされていると言うことに腹を立て続けた1年だったような気がします。

政権交代時の暁には官僚を総取替えし、薬害問題や今回の基準法問題のように国に損害を与えた官僚たちへの罰則規定を法律で作る必要があると切に思います。
間違った政策で国に損害を与えても責任を取らない官僚機構は、社会保険庁がその良い例で腐るに決っています。

民間ばかりに厳罰を課し、自らはのうのうと手厚い給料と年金と高給が約束された公的法人に天下り、不祥事があっても責任はないと言う立場を堅持し続ける官僚機構を打破しない限り、この国のわれわれ市井の人は永遠に国から搾取され続けます。



スポンサーサイト

2007/12/24 (Mon) 10:03
天才は・・・

MERRY CHRISTMAS 
クリスチャンでもないのにメリークリスマスなんて変なものですが、そこはまあ硬いこと言わずにとりあえずお祭りを楽しんでください。

私の好きなジョンレノンの曲で「HAPPY CHRISTMAS」という曲があります。
その歌詞の内容は、人種に関係なく、戦争の恐れのない幸せなクリスマスと新年を迎えることを祈った曲です。

その歌詞をここに書くと法的な問題があるので書きませんが、クリスマスソングと言うと恋人とのラブソングが一般的のようですが、世界平和を祈ったこの曲を恋人同士でも一人でもじっくりと聴いてみてください。

彼は若い頃は手の付けられない不良だったそうですが、小野陽子との出会いから、本来彼が持っている優しさにあふれた音楽を作り出しています。

クォーリーメンというバンドを作り、ポールマッカートニーと知り合ってからビートルズを結成。その後の活躍は、いまだにビートルズを超えるバンドは出てきていないと言われるほどです。

世界一になると言う揺るぎのないモチベーションで他のメンバーを率いて、今までに無いような曲を作り出したということは、まさに天才という言葉が当てはまります。

天才は・・・

人は誰しも何らかの天才的な才能を持っていると信じていますが、その方面の才能と自分の興味、時代などが狂い無く合致した人が、その世界の第一人者といわれるようになると思っています。

さてさて、それではあんたは?
と問われても、建築に才能があったとは思えないのですが、一生懸命に建築に取り組んでいるつもりです。

天才は99%の努力と1%の才能だと、エジソンが言いましたが、その1%の差がものすごく大きいんだと、99%の努力をしていない私のような凡人は煎餅をぼりぼりかじりながら言い訳しています・・・・


2007/12/22 (Sat) 09:13
木の香り

娘の部屋の床・壁をラーチ合板にしたことはすでにご報告しましたが、おかげで家の中に木の香りがしています。

確かに合板も木に違いがないと言うことが立証されました。

全てF☆☆☆☆の建材を使用したといってもホルマリン含有量はゼロではないので、床・壁からどれくらいのホルマリン臭がするのかという、ある意味実験的観察もありましたが、むしろ表面に使用しているラーチの木の香りがしていて安心しています。

私は臭いに関しては家族の中でも一番敏感なほうですので、私が感じない臭いは家族も感じないと言うことになりますが、私が感じる臭いを家族の誰も感じないと言うこともあります。特に魚の生臭い臭いには敏感で、魚料理の後の生臭い臭いが消えるまで、換気扇は回しっぱなし、寒くても窓も開放が必須条件なんですが、お隣の方が生ゴミ用のゴミ箱をベランダに置いているようで、時には我が家の魚の生臭い臭いとお隣の生ゴミの臭いの両面攻撃を受けてヘロヘロになることもあります。

あたしゃ臭いに敏感になるより、も少し頭が良くなりたかった・・・・

こーやってどんどん書こうと思ったことから宇宙の果てまで離れていってしまうのは毎度のことなんですね。

使用した合板の臭いでした。

日常、終日事務所で仕事している間は、臭いにも慣れたせいなのか特に木の香りを感じることはほとんどなくなりましたが、帰宅時に玄関ドアを開けた瞬間が一番今までとの違いを感じます。

トイレとUBの湿気対策と洗面所に猫のトイレ砂を置いている関係上、トイレとUBの両方をダクトでつないでいる換気扇は24時間まわしっぱなしにしていまので、猫のトイレの臭いや湿気などをほとんど感じませんが、それでも玄関ドアを開けた瞬間の木の香りは抜けていなくて本当に癒されます。

今まではスタイロ畳の劣悪な畳表の異様な臭気に悩まされていましたが、それも感じなくなりました。もう一部屋、その劣悪畳を敷いている部屋があり、そちらも板貼りにしたかったのですが、先立つものと財務省担当大臣との協議の結果、そっちのほうは見送ることになりました。

劣悪畳を一掃したわけではありませんが、そっちの臭気はほとんど感じられなくなり、デガッタエガッタと感涙の涙を流しています。ウソデスガ・・・

私は、柱や梁、時には2階の根太などを現しで設計しています。
その理由は、日本の住宅は高湿度の気候風土では木を現す真壁作りと漆喰などのような呼吸する材料で室内を作るべきだとの考えでですが、木の香りのことはそれほど意識していませんでした。勿論、和風で作ると言うカテゴリーも意識していません。結果として、作りが真壁なので和風の趣になることは仕方の無いことではありますが。

そんな中で、設計した住宅を訪問させていただいた折、木がやけてアメ色の良い色になっているにもかかわらず木の香りがまだ空気の中に残っているのには驚くと共に、ビニールクロスに囲まれたマンション生活者としてみては、しみじみと癒されるような気がしたものでした。

本当に、木の香りは人を癒すと言うことを教えられました。








2007/12/15 (Sat) 10:01
銃社会日本

また長崎県で銃による殺人が行わました。
昨夜からTVで報道されていますが、今現在、容疑者と思われる自殺と思われる死体が発見されたたとの報道です。

動機は被害者への怨恨と思われるとの内容でしたが、それにしても長崎で立て続けに銃による殺人事件が続いています。

TVで速報を見た時の直感で、何らかの精神異常者か薬物中毒者による犯行のような気がしました。暴力団関係者はたぶん彼らにとって利益にならない行為は、薬物依存者でもない限りこのようなことはしないだろうと思ったわけです。長崎市長へのテロ行為にしても、犯人は暴力団関係者でしたが、自己の利益のための行為でした。

その意味でも今回の佐世保での犯人はまともな人間がしたこととは思えませんでしたが、ひょっとしたら怨恨かなとも。

被害を受けた子供たちの精神面での傷が心配です。

長崎は夏の風物詩として8月になると爆竹をあちらこちらで鳴らす習慣があります。佐世保でも同じでしょうが、パンパンとはじく音が銃の発射音に似ているのではないかと思いますので、今回の被害を受けた子供たちがその音を聞いて恐怖感を呼び覚まさないかと、そのことが心配なこととして思い浮かびました。

被害を受けた方にお見舞い申し上げます。

なくなられた方へ、心からご冥福申し上げます。

日本も銃社会になっていることが思い知らされます。
暴力団だけの話ではなくなりました。
穏やかな性格の日本人であった民族性が、肉食のテラノザウルス的凶暴性民族であるアメリカ人に近くなってきたのでしょうか。

恐ろしいことです。

2007/12/11 (Tue) 14:58
ラーチ合板の床・壁の仕上げ

娘の部屋のリフォームが終わりましたので、ココにその状態を画像で上げます。

材料は先日書きましたように、構造用合板として使われているラーチ合板という材料です。

床と壁がワイルドな目を持ったラーチ合板にした場合の雰囲気がどうなるか興味津々でしたが、出来上がりは予想以上の効果がありました。

乙に澄ました床材ではなく、通常は床材として使われないだろうと思われる構造用合板を床に使い、割付や張り方に注意を払うと、こんなにも魅力的な床が仕上がってきました。

床-壁


床


マンションの中の仕上げ材はビニールクロスが一般的ですので、木の香りなどは余りしませんが、合板とはいえ木であるのには間違いがありませんので、張り上げた後の木の香りがしてとても心地よく感じられました。

ラーチ合板は、このテクスチャーのワイルドさが魅力的ですので内装材として使用される機械が増えてきているようです。

2007/12/10 (Mon) 15:20
部屋のリフォーム

今月の6日から娘が修学旅行で留守にしている間を利用して、彼女の部屋を和室から洋室へただいまリフォーム中です。今日中に終わる予定ですが、床壁の仕上げ材の変更をしています。

床はスタイロ畳からラーチ合板厚15ミリへ、壁はじゅらく塗りの上にビニールクロスを貼り付けていましたので、そのビニールクロスの糊が効かなくなってクロスがだれてみっともなかったのですが、これもラーチ合板の9ミリへの変更です。

今までのスタイロ畳は、畳表の質が悪いのか、夏場、締め切ったまま外出して帰ってきてドアを開けた瞬間になんとも言えない茣蓙の悪臭が室内に充満していましたので、とにかくこの質の悪い畳を撤去したいと言う気持ちを持っていました。

スタイロ畳というのは、畳の芯材を本来の藁ではなくスタイロフォームという断熱材で作られていて、それをサンドイッチにする形でたたみに見せるために畳表が使われていますが、この畳表も質のいいものは勿論使われてなく、とにかくたたみに見せれば良いという割り切り方で作られていますので、かなり質の悪い材料で作られています。

この芯材が藁ではないのでダニが発生しないと言われますが、畳表の目に入ったダニはもちろん存在します。

この畳の使用目的は、本畳よりもリーズナブルで軽量なのでアパートや床下が作れないような場合にスラブに直に置く目的で使われます。断熱材入りなので断熱効果もありますが、表面に使われているござの質の悪さが夏になると顕著に現れてきます。

ラーチ合板と言うのはもともとは構造用合板として使われています。

木造建築での壁の下でひっそりしっかり揺れを受け止める材料で、そういう意味では日陰の身で可愛そうな材料ですが、表面に松の木目がしっかり入っていてワイルドで魅力的な表情をしています。

10年ほど前にエスニック料理店での床材に使ったことがありましたが、今回は我が家でも有り、実験的に床壁両方に使ってみようと思いました。うまくいけば住宅などの設計に取り入れられますし、失敗なら失敗した理由を検証して改善すればいいことですので、とにかく我が家ならば誰も文句を言いません。娘も畳じゃなければOKというような次第です。

出来上がりはまたこのブログに写真をつけてアップしますのでお楽しみに。

ところで、我娘の修学旅行と来たら、おフランスなんです。
なんとも豪華なもんです。その分、親の脛がどんどん細くなっています。

6日の朝の6時に、福岡空港に集合と言うことで早起きしてお送り差し上げました。
その時の私の心境としては、シンデレラ(もちろん我娘ですね)をかぼちゃの馬車に乗せて走らせる御者のようなものでした。

空港について荷物を渡した時に思わず、それではお姫様、お気をつけて、と言いそうでした。

なんだかなぁ・・・・

2007/12/08 (Sat) 09:43
思いやり予算

このところ少々忙しくしていたら、前回の書き込みからもう1週間が経ってたんですね。早い早いと思っていると、この調子でもう師走に入ってはや8日。ついこの間、正月にでカミサンと二人で(子供はもう親と行動しませんから。)初詣に行ったばかりだというのに、本当に1年なんてあっという間です。そしてこの調子で行くと人生もあっという間に終わるんでしょうか。

なんだかあっという間ばかり書きましたが、光陰矢の如しという格言そのままです。でも、矢のほうが、あっ という間より長いような気がしますが、・・・

今朝の新聞に、またまた不愉快な記事が載っていました。なんですか、米軍に対する媚の最たるものと思える思いやり予算が、米軍のごり押しのまま、政府が飲んだとか。

そもそも、この思いやり予算なるものは、あの売国奴である金丸信が防衛庁長官時の1978年に決めたらしくて、そりゃアメリカにしてみりゃ、必要な経費は丸ごと日本が面倒見るのだから、んなこた当たり前田のクラッカーに思うようになるのも時間の問題でしたね。

タダでさえ年金問題でそれに充当する予算がないと言うキュウキュウしている国が、アメリカに押し切られてすごすごと言うままに従ったなんて話は、まともじゃないでしょう?

国民の年金よりアメリカに媚びることのほうが大事なんて信じられません。

親米親自民の元友人は、こんなことは当たり前で、日本はアメリカあっての国だからということを平気でのたまっていましたが、自民党支持者の大半はこんな考えなんでしょうね。
だからこの国は戦後、60年以上経っても国際的にアメリカの属国扱いされ、アメリカに懸命に媚びても、アメリカは口ではパートナーと言いつつもその実、何をやっても後ろから付いてくることが分かっているから日本を軽く扱うだけで、いまやアメリカにとってのアジアの貴重な国は中国になっているということに気がつかないのでしょうか。

気がついていてもアメリカから嫌われたくないのでしょうか。これってまるでおめかけのような国じゃないですか。
アメリカの旦那に捨てられたら生きていけないので、ひたすらご機嫌を取って気に入られようとしているけど、旦那はそんなおめかけのことなんか気にも留めず、新しい魅力的な中国娘と言うパートナーに熱が入ってきていると言うような、そんな風に見えますが。

この国はアメリカの属国なんかじゃなくてアメリカのおめかけの国なんだということに気がつきました。

アメリカが右と言えば右向き、クロをシロといえば、そうでがす、と手もみして腰を低くして腰ぎんちゃくのようにくっついてもろ手を挙げて賛同する、そんな国なんです。

アメリカがすることは批判もせず、いの一番に支持する、そんな国なんです。

しかし、自民党が売国奴の金丸や小泉連中によってそのような国に仕立て上げ、私ら国民までがそんな国民だと国際的に思われることが不愉快だと思いませんか。

イラクやアフガニスタンの国民では、以前は日本人は尊敬されていたらしいですが、かのブッシュの飼い犬の小泉がアメリカに媚びてこの国を完全にアメリカ属国に仕立て上げたおかげで、いまやそれらの国では、日本はアメリカと同じ敵国とみなされているようです。

いい加減、独立国家としての主義主張をすべきじゃないでしょうか。
アメリカに情けないくらいに媚びた小泉をいまだに次の総理へ再登板して欲しいと支持してるなんて信じられない話です。




2007/12/01 (Sat) 09:33
平方メートルを坪数に変える計算

建築や敷地の大きさを通常は平方メートル(我々業界の人間はこれを「ヘベ」と言っています。)で現しますが、ちょっと古い日本人や業界の人間はこの平方メートルの数値より坪数で現したほうがなんとなくイメージできますね。

最近の若い人たちはそうでもないかもしれませんが、どうしても畳(帖数)で換算する癖があって、たとえば9.93平方メートルという面積ってどれくらいかイメージできますか?(江戸間で換算しています。)

これは簡単に言うと(複雑には言えないんですけど)6帖の大きさです。6帖は畳2枚分が1坪と習っていることと思いますので3坪の大きさになるわけですね。押入れの部分は除いています。

我々専門家は、平方メートルの数値を坪数に換算する場合は0.3025という値を平方メートルの数値に掛けて出します。上の例で言えば、9.93×0.3025=3.00坪と言うことになります。

しかし、こんなに0.3025なんて値を掛けるなんてことは電卓が近くにでもない限り、暗算でなんかとても出来ないですよね。出来る人がいたらごめんなさい。

一般に知られているのは平方メートルを3.3で割るという方法がありますが、これだって暗算でできない。でも、そんなに正確じゃ無くったっていいから大まかに坪数がそれくらいかを知りたいと言うことって結構あると思いませんか?

たとえば新聞広告に乗っている土地が売りに出ている時の坪数を大まかでいいから知りたいと言うこと。何時でも電卓が手元にあれば上に書いた数値をチョンチョンと押せば瞬間的に出ますが、そうそう電卓が手元にあるなんてことないですよね。探して出してくるのも面倒だ、と。私がその口です。

そんなときに、大まかですが平方メートルから坪数が暗算でも分かる方法があります。
それは平方メートルの数値に3を掛けて小数点の位置を1つ左に移動させる方法です。但しこの方法は大まかな坪数の見当をつけるためのものですので、正確な坪数が必要な時には不向きだと言うことを頭に入れていてください。

で、先ほどの例で行くと、9.93平方メートルを3倍すると29.79で、おおよそ30ですので、これの小数点を左に移動させるので3と言う数値になって3坪になると言うことが分かります。

新聞広告の土地の売り出しと言うのを目にしたときに利用してみてください。

格安物件!320平方メートル! ズバリ 3000万円 !

なんて記事を目にして坪単価がいくらなんだろうと思ったとき、

320×3は960だからだいたい96坪だな。
それで3000万なら坪当たり30万円余りだから、ウ~ム、これは安いっ! 

と思われるかどうかは別にして、大まかな坪数の見当がこれで分かります。


| ホーム |

 BLOG TOP