FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2007/11/08 (Thu) 13:37
受験シーズンでのこと

季節も11月に入り、受験生はいよいよ最後の直コースに入ってきたようなものでしょう。このブログを見ているような受験生は居ないと思いますが、受験生のお母さんに私の経験を書きますので、何かのヒントにでもなれば。

私は浪人して大学に入りましたが、入った大学はいわゆる滑り止めのつもりで居た大学で、そして本当に滑り止めになったわけです。

この大学は福岡で受験できましたので、長崎から前の日に福岡に来て大濠公園の近くの旅館に泊まりました。もちろん他の受験生との相部屋です。

冷たい風が吹き付ける底冷えのする日でした。

旅館の人の気遣いでしょうが、部屋の中の暖房ががんがん効いていて、朝起きたときには汗びっしょりになっていました。まさか汗だくになるとは思わなかったので、着替えの下着は昨日の入浴時に使ってしまったのでありませんでした。仕方ないので汗でぬれた下着のまま、バス停まで歩いて向かいました。

大濠公園と言う大きな池の公園の中央に歩行者用の通路がありますが、嫌がらせをしてるんじゃないかと思うくらいの強風の中を、身体を硬くしながらバス停まで歩きましたが、そのことが後でとんでもないことになるとは思いませんでした。

歩いている間に汗でぬれていた下着がどんどん冷えてきて、試験会場に着いたときには寒さでがたがた震えていました。

試験そのものは予想通りで、終わった時には通ったという手ごたえはありましたが、長崎に帰る汽車の中で寒さと疲れで身体がどんどんだるくなり、家に戻った時には顔が真っ赤になって寝込んでしまいました。

受験シーズン真っ只中の時に、熱を40度出してうんうんうなりながら寝ていました。しかし、何日か後には別の大学の受験が同じ福岡であるので、熱があるまま受験しました。
この大学は全ての模試でA判定から下がったことが無かったので、少々の熱でも大丈夫と思っていましたが、この大学は見事に落ちました。

熱が出ると、なんだか今まで頭の中にあったことが熱と共に消えていくような感覚になります。
熱が下がっても覚えていたものがすっかり消えてしまったようで、第一志望の国立大学も、判定は年間を通して全てA判定でしたが落ちました。A判定と言うことは85%以上の合格率と言うことになるようですので、私はわずか15%に入ってしまいました。いやはや、こういうことは少ないほうに入ってしまいます。少ないほうに入りたい宝くじなんかはなかなかなんですが。

話しがそれました。

このように日本の受験シーズンは一年のうちで最も厳しい季節ですので、風邪を引かないような注意をくどいくらいにしてください。1年間の努力がちょっとした不注意で台無しになってしまいます。

毎年受験シーズンになると、この熱を出して志望していた大学の受験の失敗を思い出します。

風邪引かない、熱出さない、しっかり寝る、の3原則を守って無事に乗り越えてください。

スポンサーサイト



2007/11/08 (Thu) 08:21
電磁波に関する新聞記事から

先日の西日本新聞に九州大学の研究室で、電磁波問題に関する研究発表が書かれていました。総務省の「生体電磁環境研究推進委員会」と言う名称の会による、九州大学の上野教授による最終報告書です。

「生体電磁」とは新聞にも解説してありましたが、電磁波の人体への影響のことだそうです。

上野教授の報告としては、相当な時間をかけて調べた結果、国の安全指針となっている「電波防護指針値」を超えない限り、人体への健康被害に関する確たる証拠は得られなかったと語っています。

現時点では家電製品などを普段通りに利用している限り、健康への心配はない、との結論です。

この新聞記事を見て私が持ったヨーロッパでの電磁波の厳しい規制や実際の電磁化過敏症で苦しんでいる人も現に存在するということに対する疑問点は、増大するばかりでなんら納得の行くことではないと感じました。

電磁波は、実験室での結果と実際に影響を受けている人との乖離をどう整合性を持たせればいいのか、建築を考える身にしてみれば、大丈夫ですよとも心配ですよともいえないジレンマに苦しむばかりです。

先日も電磁波の問題で、建築的な対応の仕方の質問を受けました。

現在は片田舎に引っ越されたとのことでしたが、考えられる限りの方法を取ったとのことでしたので街中での生活に比べるといくらかは改善されたようですが、もっとしないといけないことがあれば教えて欲しいとの連絡でした。

電磁波の問題は私自身もまだまだ知識不足ですし勉強していかないといけない問題ですが、考えられるだけの方法をお伝えしました。
そのほとんどはすでに実践されていましたが、オールアースはされていなかったとのことです。

このオールアースの問題も、書物で呼んだ知識でしか持ち合わせていませんし、実際問題、どこまで効果的なのか正直分かりませんが、考えられる対処方法であればコストがかかっても取り組んでいく必要があると思います。

新築時に対処しないとオールアースは非常にコストのかかることになるようですので、これをなんとか改修時に出来ないものかと電気工事の関係者とも折を見て話をしますが、彼らにしてみても電気が悪者にされているようではあまり面白くない話に違いなく、なかなか本気になって対応はしてもらえないというのが実情です。

電磁波過敏症、シックハウス、化学物質過敏症など、一度かかってしまうと日常生活に支障をきたしてしまうほどの大変な状態になることを考えると、それに対処するコストはかける必要があると思わざるを得ません。しかし、掛けた分だけ何らかの効果が目に見えて改善されるようであれば、モチベーションも高まるのでしょうが、過敏症にならないためということであれば、目に見える効果もなかなか意識できません。
ここに、この過敏症に対する意識の持ち方が難しいものがあると思いますし、私も同様ですが、頭では理解していてもなかなか実感しにくいものです。

電磁波の問題は、本当に人体に影響がないのかどうか。
さまざまな過敏症に対する理念のバケツ理論で行くと、日常的に微量でも電磁波を受け続けていることは間違いがないわけですので、いつかはバケツがいっぱいになる時が来ることも予想されます。
それが何時なのかは誰にも分からないだけに、安全だといわれても何らかの対処はしていたほうがいいのではないでしょうか。


| ホーム |

 BLOG TOP