FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2019/10/15 (Tue) 08:54
甚だしい惨状を目にして

台風による被害が連日放送されていますが、千葉では竜巻に拠る被害も報道されました。

河川の氾濫による建物被害と竜巻被害の大部分は木造建築物。
被害にあった跡の惨状にはただただ言葉もありません。被害者の方々は、生活基盤になる家屋を失い、これから先の生活の組み立て方に呆然としたご様子に胸が痛みます。

無残に撒き散らされた木材の断片の惨状を見る限りでは、木造家屋の脆弱さが染み入ります。

今、国交省が音頭取りをして木造建築物を更に広めるべく、その普及を阻んできた建築基準法も毎年のように改正され、木造でも耐火建築物として建築可能な方向に向いています。もちろん木造らしい木材を現した建築にするためには、まだまだ放火性能を満たすための規制が厳しいことは否めませんが、それでも一昔前の、木造は専用住宅のような小規模建築のみに許されるという時代から大きく進みだしていることは間違いありません。そうした傾向から、中高層建築物でも木造で実践されてくるようになりました。

こういうふうに木を積極的に使いましょうという流れをあざ笑うかのような暴風雨、竜巻、洪水の被害跡に、それまで建築物として存在してきたであろう木材の残骸がアチラコチラに散らばっている惨状をニュースで目にするにつけ、どうしても木造の弱さが顕になっていることは否めません。

その惨状を目にするにつけ、沖縄では住宅でも鉄筋コンクリート造で作るのが一般的だと沖縄在住の建築家から聞いたことがあります。確かに毎年のように沖縄には台風が上陸しているにも関わらず、本土のような惨状をあまり見聞きし無いのは、やはり住宅もコンクリートで作るという沖縄人の生活の知恵がそこに見られます。

件の建築家曰く、沖縄ではだから住宅の設計も設計事務所が手掛ける機会が多いので、コンビニより建築設計事務所が多いと自嘲気味に話していましたが、それもなんだか悲しいような話です。

鉄筋コンクリート造は同一建材ですべてが一体化された構造体の上に重量がありますので、災害に対しても強いことは周知の通りです。台風や竜巻に対しても抵抗力が強いことは自ずから予想できます。

毎年毎年この様な自然災害に対して必ず何人かが犠牲者になるという現状を鑑みると、建築物の木造化も、設計者としては木造を勧めたい気持ちとうらはらに、現在はこれから先の日本の気候が温暖な気候から亜熱帯気候へと変わっていく入り口に立っている気配を感じます。
従前のような降水量、風の強さとは異なり、一段と厳しくなっていく予感もあり、更には結構頻繁に発生するようになっている竜巻という災害も加わっていく気候に変わっていくことへの専門家として構造体の選択は悩ましい問題になると実感しています。

木造も耐震性能は鉄筋コンクリート造にだいぶ近づいてきたと思っていましたが、洪水に見舞われたときの耐水性能。竜巻の巻き上げに対する耐風性能。は、やはりかなわない。これは鉄骨造でも同様です。
鉄骨造は耐風性能は構造体としては保持してはいるものの、鉄骨造も木造同様に様々な建材を組み合わせている建物ですので、強風や竜巻による建材の引き剥がしに対する抵抗力は木造に勝って入るものの、やはり一体化で成形された鉄筋コンクリート造には劣ります。

それにしても、日本の国土がこれほどの惨状になっていながら、しかも亡くなっている人もおられることを知っていながら、自民党の二階某という有力者が言い放った、この程度で済んで良かったとのコメントは、思い上がりも甚だしく、いつまでもこの愚かなレベルの政治屋共を調子づかせているのかと怒りがこみ上げたものです。


スポンサーサイト



2019/09/23 (Mon) 10:06
この国は誰が救うのか

台風の被害で送電線が倒れたことで、首都に隣接している千葉に停電が継続中ということに、一体どれほど遅れた国なんでしょう。これって本当に先進国を気取った国の話?

しかも被害に合われた方の災害援助金も、よほどのこともない限りは出ない。天災ならば保険金も出ない。

これ、トランプのポチがカミさんを連れてしょっちゅう海外旅行をして気前よく海外で大金をポンポンと出したり、親分のトランプから戦闘機を買えと恫喝されて慌てて1機ン十億円もする戦闘機を何機も買う約束して親分からお褒めをいただき、しっぽをブンブン振り回して喜んでいる愚かな姿をTVで見せつけられたりしているそのン十分の1でもいいから、この国の被害者に使うという発想は無いんかな。

送電線がバタバタと倒れた事実は、そもそもが欧米のように地下に埋設すればそうした被害もかなり少なく住むはずなのに、この国の為政者は電力会社のような大企業を守ることに政治生命をかけ続け、そこに生活している庶民のことは眼中にない愚策を続けてきました。
地上に電柱を立てた方が遥かに安上がりだし、電力会社にしてみれば投入する資金を低く抑えることができるため自分たちの儲けをしっかりと確保できます。その設けの中からほんのチョピリ自民党の政治屋連中に献金すれば、またぞろ自分たちの権益を官僚ぐるみで守ってくれるという美味しい仕組みが出来上がりです。

官僚も国民の下僕という意識はなく、国民の上に立って支配する立場という意識ありあり。
まあ、奴らにしてみれば大臣はコロコロ変わるから少しの間だけ連中に我慢すればいいという気持ちでしょう。

TVでもユーチューブでもこの国は特別な国だという思い上がったコメントを目にしますが、それは安倍が首相になってから顕著にどんどん国力が落ちてきている事実に目をそむけています。
本当に力があるのなら、こういう特別な国だとか清廉な民族だというような底の浅いマスターベーションのような考えを保つ必要があるはずがない。
むしろ低下し続けている国際的にも国力を高めたいのなら、この国にはどこに問題点があるのか、民族として何がかけているのかを分析し、それを解決していく方向に努力することこそが必要になることが分かっていない。

こういう事実に目を背けている連中が将来を担う若者に多いということ自体、この国の行末がどうなるのかか予想するだけでも恐ろしい。

千葉に台風の被害が発生していることが分かっているにも関わらず、この国の政治屋連中は、頭の悪い己のことしか考えない愚かな首相による内閣改造でお祭り騒ぎ。
人気だけがある二世タレント政治屋が、これみよがしに美形だけのタレントと結婚するという報道も、芸能記事と錯覚させるような事件もありました。

そういう諸々の記事を、産経、読売のような御用新聞社ならばいざしらず、臆面もなく書く新聞社も情けない。

なんだかこの国は住みにくい国になってきつつあります。
誰が救うのか。
今の所、次の首相の名前に上がっている連中に全く期待が持てない。またぞろ、愚かなポチが継続するのでしょうか。

バーボンをチビリながらラグビーのワールドカップでも見てウサを晴らすしかないのでしょう。




2019/08/30 (Fri) 10:37
窓の外が真っ白に見えるくらいの大雨でした

このところの大雨で、佐賀方面が道路などの冠水被害がニュースに出ていますが、佐賀市内に設計した専用住宅の被害が心配でしたので電話をしてみました。

もし避難されているのなら電話に出られないだろうと思っていましたが、何回かの呼び出し音の後、無事に繋がりホッとしました。

様子を尋ねると、近辺は幸いに川のそばではないので氾濫もなく、少々敷地に水が溜まったが今日はすっかり引いているとのことでしたので、何よりと安心しました。

後数件のご家庭にも電話を入れてみたりメールを送ったりしていますが、メールは無事だとの返事もあって安心したものの、電話は通じ無いお宅もあったりして、少々ヤキモキしている状況です。

被害にあったとしても、設計事務所が実際に何かをできるわけでもありませんが、その対応を建築会社に連絡する程度のことはできますので、それだけでも役に立っているのではないかと思っています。

本当に日本は災害大国です。前日まで無事に生活していた人が次の日には帰らない人になるという理不尽さは、突発的な事件や事故と同様、防ぎようがないですが、災害大国だけにせめて犯罪が少なくなってほしいと願うばかりですが、このところ宮崎や石橋などの異常者による犯罪が増えてきているのを鑑みると、この国もいろいろな意味で暮らしにくくなってきているのだろうなと懸念している今日このごろです。



2019/08/20 (Tue) 08:36
高速道路での煽り運転

あおり運転で暴行を働いた精神異常者としか思えない男と、その男にくっついていた中年の女性が捕まったニュースでこのところ新聞ネタに困らないこの頃ですが、このアオリ運転は私も結構な頻度で受けます。

今度の長崎への高速道路でも受けました。
かなりな渋滞でしたが、太宰府から鳥栖JCまではだいたい渋滞するケースが多いので、JCまでの辛抱。
長崎道に入ったら徐々に減っていくというのが今までの経験でした。

ところが今回ばかりはなぜか長崎道に入っても結構な混み具合。走行車線はせいぜい70から80k程度。贅沢を言わなきゃ、まあ流れているっちゃ流れていたんですが。

高速道路で渋滞するたびに思いますが、料金をとっていながら低速でしか走れないって、道路公団?は何考えてんだって・・・

車線変更をしようにも、追い越し車線もなかなか途切れない状態が続きました。
ようやく追い越し車線で空きが出たので、ここぞとばかりに車線変更して少しはスピードアップできたものの、すぐに後ろに車が密着してきます。

こんなことは今回に限らず、混雑した高速道路では結構な頻度で経験します。

いくら密着されても前が詰まってるんだからどうしようもないだろうに、車間距離もあまりなさそうだし、いかにもどけどけという感じでした。

大体、こういう行為をする車種ってのはバックミラーを見ていると予想がつくものですが、やはり高級車が多い。今度の宮崎のような精神異常者同様、高級車に乗ると特別な人間になったような気になるんでしょうね。

乗ったことがないのでわかりませんが。

まあ、こんなやつをまともに相手するのもバカバカしいので、走行車線に空きがあったら車線変更して譲りますが、その煽った車は私の前を走っていた車の後ろに再びピタッと付けて嫌がらせをしているのを目にすると、いやはや何考えてんだこいつ、と思いますね。

煽ることによって生じた交通事故に、罰則規定はTVでも解説していましたが、意外に軽いもののようです。

煽られたら私のように気の弱い人は焦ってしまうし、結果的に事故を起こしかねません。煽られた人が死亡事故でも起こしたら、これは明らかに間接的な殺人行為だと思います。

やはり高速道路でのアオリ行為は、殺人罪に近い罰則を適用すべきじゃないかと思います。宮崎や石橋のような異常者は、性犯罪者同様に、いくら免許停止をくらおうが刑務所に入れようが、全く効果がなく、同じことを繰り返すでしょう。

世界には性犯罪者には居場所を特定させるためにチップを埋め込んでいる国もあるそうですが、決して更生しない輩を何年後にかまた社会に出す際には何らかの不安材料を減らす方法を生み出す必要があるのではないかと思いますが。

とりあえずドラレコをつけるしか手がないのかなー。しかし取付費込で5万円は痛い・・・・









2019/07/11 (Thu) 07:49
低能安倍の恥さらし発言

参議院選挙が21日にあるそうですが、毎度思うことは、こいつは次は絶対に落とさなきゃだめだという議員がいても、結局立候補するメンツは同じで、しかもそういうレベルの連中はなぜか支持層が堅調。しかも、比例代表制になると、そういう連中ほど上位にランクづけられるので、そいつを選んだわけでもないのに、そのような輩が議員になってしまうという恐ろしい制度が出来上がっています。

そして麻生太郎のように低レベルの人格者であっても、選挙区では麻生一族ということもあって、国としての恥さらしになるということも考えないような何も考えない有権者によって当選してしまうというこの国の選挙制度であれば、とにかく当選すればあとはディフェンディングチャンピオンのように、有利な立場に立てるという仕組みです。

とにかく世襲制度も他の国では見られないほどらしく、いわばもはや議員という立場は選挙で選ばれるという本来の民主主義的な制度とかけ離れた代々受け継いできた老舗の職業的なスタイルになっています。福岡の久留米から立候補した鳩山の息子しかり、小渕の娘が地盤を引き継ぐと言って立候補したこともしかり。しかもその両方共、政治家としての力量も何もわからないはずなのに、上位で当選させるというおぞましい実態。

しかし、ほとほと情けないのはなんと言っても安倍。

応援演説でも立憲民主党のことを再三再四、わざと民主党といい間違えて受けを狙う。こんなレベルの奴は、小学校の頃にはたしかにいましたが、成長するに連れてこんな低レベルの発言をするやつは見たこともなかったのですが、やっぱり安倍のおつむは小学校並みのレベルしか無いということをあからさまにしています。

またそういうしょーもない見え透いた発言を受けて、立憲民主党を嘲笑する自民党支持者も安倍と同じレベル。

別に私は立憲民主党の支持者ではありませんが、少なくともこのレベルの発言しかできない男と、その男に媚びている取り巻き連中は支持できない。

低能安倍と麻生、腹黒い菅など魑魅魍魎どもが牛耳っている国会という巣窟からは、本当に立派な政治家と言える人物は消えてしまったのでしょう。



2019/05/02 (Thu) 09:00
Under Control

元号が変わって、ニュースでは全国的に改元のお祭り騒ぎが放映されています。御朱印をもらうのに10時間待ちとか。

アチラコチラで狂騒極まれリという状況。
国の意図した行事に便乗する馬鹿騒ぎにシニカルな我が身は少数派か。

新天皇の即位に対し、あの男が国民を代表したコメントを出しました。
この男が国民代表とは、日本人もバカにされたものだ。

思惑通りの世間の馬鹿騒ぎを見て、この男とこの男のバックに居る日本会議の連中共々ほくそ笑んでこう言ったことでしょう。

Under Control


2019/04/30 (Tue) 09:40
誠実さを態度で示されてきた天皇

本日を持って平成という元号が終わりますね。

私個人としては、元号制度も天皇制度も必要性を感じていませんが、平成天皇の誠実な態度を目にするにつけ、平成天皇への信頼を持っています。

先の天皇が戦争責任も負わず、更にはアメリカに沖縄を自由に使ってくれとばかりに我が身代わりの生贄のごとくに差し出した事実を知ると、昭和時代には皇室や皇族、昭和天皇に対する嫌悪感は大きく、TVや雑誌での皇室関連はすべて拒絶していました。

平成天皇が父親のしでかした過ちを謝罪するかのように沖縄を訪問した際、沖縄人民から火炎瓶を投げつけられるという事件が有りましたが、そのときは正直、その沖縄人民の反ヤマト、反天皇の心情を支持していました。

沖縄は、敗戦直前には日本本土の防波堤としての役割を押し付けられ、多大な沖縄人民の犠牲を出したにもかかわらず、そのことは敗戦後今日に至るまで、何ら同国人として感謝の気持ちをヤマト民族から受けることもなく、あまつさえ昭和天皇が己の身代わりの生贄のごとくにアメリカ軍に沖縄を勝手に差し出した結果、アメリカによって沖縄という土地は好き勝手に利用つづけています。

日米安保条約という甚だ不平等な法律のもと、沖縄の土地と人民の人権は蹂躙されたままにアメリカに媚びる日本政府から放置されています。

日本人のアイデンティティーを訴えなきゃいけないはずの右翼もアメリカに媚びへつらうすがたは、この国の独立は虚構でしか過ぎないことを実感させられます。

話を戻して、平成天皇は火炎瓶と投げつけられるという沖縄人民の反感をもろに示されたにもめげず、ひたすら沖縄や日本が天皇の名のもとに起こした侵略戦争によって多大な犠牲者を出した各地への謝罪や慰安の旅を続ける姿を見て、私自身の天皇に対する忌避感も次第に薄らぎ、平成天皇と皇后の誠実さが伝わってきました。

日本人の誠実さを身をもって体現されてきた天皇皇后両陛下に、これからはごゆっくりとお過ごしくださることを心から願います。

口先で取り繕うということもない誠実な天皇に比べて、あの不誠実な口先だけの情けないほどの幼稚な思考力しか持ち合わせていない男が、日本民族の品性を貶めていることに危機感を覚えます。


2019/04/11 (Thu) 11:01
責任の所在

失言の宝庫だった桜田大臣がようやく辞任しました。議員も辞めてほしいところでしたが、そこはしがみついて離れません。

しかし、この議員のみならず安倍内閣にはどうしようもないレベルの大臣ばかりだということは周知のことながら、この連中を追い込んでやめさせることもできない野党も力がない。

毎度毎度、こういうレベルの大臣を選んだ任命責任は私に有るとコメントするお方が、その責任を取ったことはただの一度もなく、要はこの男の誠実さも持たない得意の口先だけ。

こういう首相を選ぶ国会議員を選んだ責任は我々有権者に有ります。
自民党に一度も投票したことも無い私にも、こういうレベルの首相や議員をクビにすることができない野党議員を選んだという責任があります。

日本の民主度レベルが国際的に低下し、真実を伝える報道にも権力が介入し、TVの報道番組はどれが一体信用できるのかという情報リテラシーの力を自らが高めるしか無い状態に陥っています。
TVで顔が売れている芸能人は、権力者に取り入る奴ほど尊大になってきています。

鼻持ちならない連中が跋扈するこの国では、権力者を批判することに一般人も萎縮するような風潮に慣らされていっています。

いまやリベラルの最後の牙城にも思える今上天皇さえも極右の連中にとってみれば批判の対象になっていることに、いったいどこまで日本人ってのは増長するのか、末恐ろしく思えます。

日本人を分断化することによって己の権力者としての地位を維持し続ける安倍政権の上層部は、何をやっても支持率が下がらない事実を見て、安倍シンパでなければ人ではないかのようなこの世の春を謳歌している様子。

こういうレベルの議員を選んだ責任は、我々にあります。

日本という国が、国際的に本当にいい国だと思ってもらえるノルウェーやスウェーデンのような国民を大事にする民主主義国家の如き国になることは、百年河清を俟つようなものでしょうか。







2019/04/04 (Thu) 10:09
改元しましたね

新しい元号が決まり、日本中が沸きにわきまくりましたが、元から元号を使用してこなかった私には、その狂騒が意外に思えました。

私もあまり世の中のことを理解していなかった子供の頃は元号を使っていましたが、元号が変わるとその前の元号の数値が一体何年前なのかということがすぐに計算できない不便さと、世界は西暦で動いているのに戦争で負けて民主主義国家になったはずの日本だけが天皇支配の制度をそのまま残しているのか疑問に思うに従い、個人的なことに関しては西暦で通しています。そのせいか、子供の誕生も西暦でしか念頭にないので、元号で尋ねられるとはて何年だっけということにしばしば直面します。

すこぶるめんどくさい。

しかし、役所への提出書類は全て元号がすでに印刷されていますので、それをあえて抹消して西暦で書き直すという面倒くささもあり、私個人にしか影響が来ない書類以外は素直に元号で書くようになったのは、あえて揉め事を起こさない大人になった証ですね。(^_^;)

それはさておき、元号に関して相変わらずのでしゃばり安倍。何でも俺が俺がと自分の手柄にしたがる幼児性が抜けきれない男があちこちのTVに出ずっぱり。

ココらへんは平成に変わったときに、首相談話を当時の小渕官房長官に話させるという控えめな態度をとった竹下と比べると、遥かに人間性が劣ること甚だし。人相も甚だ悪くなっているのは、歳を取ると内面性が顔に出てくるとの好例。

改元したところで日本の国力も日本人の品格も劇的に向上するけでもなく、そうつぶやきながら私は早朝の河川敷で櫻を愛でながら毎日のウォーキングに勤しんでいます。





2019/02/16 (Sat) 08:51
ゆでガエルの日本人

国会の審議をニュースで目にしますが、安倍政権から野党は完全になめられているという実感を受けますね。麻生の態度の悪さや野党の追求に対してもヘラヘラして舐めきっています。それと同様に、安倍も野党が何を追求しようが屁とも思わない傲岸不遜な態度を目にすると、実に不愉快な気持ちになってしまいます。

いやしくも国民の代表で野党議員を舐めるということは、取りも直さずその野党議員を選んだ選挙民、つまり国民を舐めているということになります。そういうおぞましさに安倍晋三を始めとする麻生や菅などが権力を握っている今の権力者共には思いがいたらない様子。

やはりどうしようもない頭の悪さを実感します。
思えば、このレベルの頭の悪い連中が政権を握って以来、日本人の品格が落ちるだけ落ちてきているように思います。

いくら野党連中が追求しようが国会審議を中断しようが、結局国民の支持率は変わらないし、ということは野党連中のやることはなんの痛みも感じないという高をくくっている態度がありありです。

菅が記者会見で、まっとうな質問をする東京新聞の望月記者に対して発言を抑えこもうとする姿勢がありました。

それには自民党広報誌の読売でもさすがに問題視した様子ではありますが、権力側に都合の悪い質問を押さえつけようとする姿勢は独裁への道に繋がります。

このへんは自民党安倍晋三の親分であるトランプとの相似形。

日本の記者クラブは権力者と仲良しこよしで、その仲間意識から外れた質問は控えましょうという、日本人の特質である仲間意識を乱すことは避ける意識が働いています。
権力批判することが報道機関の存在意義がある認識が強い諸外国からは痛烈に批判されていますが、未だに変える気配もありません。

TV朝日の社長も安倍晋三と一緒に食事をするような仲良しになったら権力を批判する報道が目に見えて薄らいできた事態に至っては、その新聞社やTV局のニュースには信頼性が持てるはずもなく。
やはりTV朝日の久米宏が司会をしていた旧ニュースステーションは、時の権力者を厳しく追求していた姿勢を評価していましたが、いつの間にか政権批判をすることを避け、提灯持ち番組に変貌したようです。政権に批判的な女子アナウンサーを番組から降板させ、毒にも薬にもならない連中を選んでいます。

これは今の社長になってから顕著になっている様子。

NHKのクローズアップ現代でも、権力者へ忖度無く厳しく追求していた国谷裕子さんを降板させ、毒にも薬にもならない番組に変えました。

安倍シンパのNHK、極右愛読紙の産経新聞系列のフジTV、自民党広報誌である読売新聞系の日本TV等は権力にお気に入りにですので、もとよりそうした放送局のバイアスがかかったニュースに信頼が持てるはずもなく。
いまやこの三社に朝日新聞系のTV朝日が加わりました。

この国ではウォーターゲート事件のような権力の腐敗を暴く気骨のある記者が生まれてくるのか、甚だ心もとなく思います。

情けないのは、このような国民をなめきった態度を見せている安倍一味を支持し続けている有権者。

安倍晋三に媚びる芸能人が大きな態度で番組に顔を出し、批判した芸能人は干されるこの国の番組構成がまともかどうか。物事を冷静に判断できる人ならわかるはず。

低能権力者から国家の主権者である有権者がバカにされていると意識しないことが、安倍一味による沖縄の民意も全く無視し、アメリカの手先になって沖縄人民を抑圧し続けているという事態を許しています。

そのことはとりもなおさず憲法改正反対の国民の民意を無視した挙げ句、憲法を強引に変え、日本を戦前の体制に戻す姿勢を変えない安倍晋三や支持団体である国粋主義思想の日本会議の思惑通りになる可能性を孕んでいる危機感を持ち合わせていない。

危機感を持たないまま、まあ安倍ちゃんでええんでないかえ、という気楽さが、安倍晋三と日本会議が小出しにし続けている独裁への道に気が付かないで、はっと気がついたとき<今の日本人にそんな時があるのか甚だ疑問ですが。>にはもう手遅れになっていた<ゆでガエルの日本人と言われるでしょう。>というナチスが独裁政権を握った経緯から学ばないのかが恐ろしい。

いやいや、ナチスの時は国民の大多数が支持していましたね。

なんだか今の安倍政権との相似形が不気味です。



| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE