プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2018/07/16 (Mon) 09:25
やたらと人ごみに疲れ、汗まみれになった2日間でした

14日に一泊二日で東京に行きました。
花の3連休のため、行きの飛行機は満員。私の隣には横も縦も大きい人でしたが、やたらと汗臭いのには閉口しました。

そこはまあ、美しいCAを眺めることで帳消しに・・・・・な、ならなかった・・・・・

東京で予約したホテルは予定の会場に近いということもあって、銀座のホテルを押さえました。もちビジホなので部屋からの眺めなどは期待していませんでしたが、それにしても狭かった。おまけに外観はさすが銀座ということもあってなかなかおしゃれでしたが、中に入るとフロント周りから雑然としていて、部屋に入るまでの廊下もなんだかすっきり感に乏しく、部屋に入った途端、おっそろしく狭い。

まあまあ、寝るだけだしと思いつつも、UBも狭い。地価の高い銀座だから、詰め込むだけ詰め込んだという印象。

それはともかく、三連休の初日ということもあってかどうかわかりませんが、そりゃまあ人の多いこと。

東京には10年居たにもかかわらず、いまやすっかり福岡県人となってしまったわが身の感覚からすると、銀座にしても20代のころよく遊んでいた新宿にしても、もう人だらけ。どっから湧いてくるのかというくらい人、人、人。
しかも、東京人は歩くのが早いといわれていたはずなのに、我が印象からは、遅っ! 

そりゃまあ私自身がせっかちということもあるかもしれませんし予定の場所に早めにつきたいということもあって速足で歩いたことも認めますが、もちっと早く歩いてほしいと思いつつ人にぶつからないように忙しなくかわしながら地下鉄の乗り換えで地下道をワッセワッセと速足で歩きました。

確かに都会人ほど歩くということを実感しました。とにかく地下鉄の乗り換えのホームが遠い。
東京に住んでいた頃は乗ったことのない地下鉄路線や私鉄などに今回初めて乗ったので、降りる駅を見落とさないように神経も使いの、人の多さにゲンナリするの、暑さで汗びしょびしょになるの、汗のにおいが気になるの、で、のばかりですが、とにかく疲れたー(>_<)

初日は所用を済ませて、さて夕飯はなんにすっぺかと通りかかったラーメン屋のメニューを見て驚き。なんてことのないラーメンが950円と。た、たっかー!

食べてから帰るのも面倒なので、んならばとホテルの1階にあるレストランで食べようかとホテルに戻ったところ、何かのイベントで貸し切りでパーティーをしていたため諦めて、ホテルの前にあるコンビニで弁当を買って部屋で食べました。

花の銀座でコンビニ弁当かよ、と思いはしたものの、食べてビールを思いっきり飲んですぐにくつろげるので、よしとしましょう。

ソレニシテモ泊まったホテルの清潔感のないことに驚き。 

窓のレースのカーテンにカビが残っているわ、便器の汚れが残っているわ、室内に置いてある目覚まし時計が止まっていたので見た目が古いので壊れているのかと思いきや電池が入っていなかったし、空気清浄機のパネルも汚れたまんま。

もう二度と利用する気にはなりませんが、場所柄ホテル内で訪日外国人を多く目にしましたが、まあこれが日本のホテルのスタンダードと思われるのは少々問題だなー。

移動中に切符販売のJRの案内板で、以前住んでいた「中野」「高円寺」「吉祥寺」「八王子」などの文字を見るとその頃のことが走馬灯のように頭に浮かび懐かしくなってしばし見とれていました。

♪わぁーかぁーかぁーあったあのころ♪・・・・なんて歌詞も浮かびましたね。

やたらと人の多い東京から昨日の夕方戻ってきましたが、帰りの飛行機は客席の1/3は空き。にもかかわらず予約した席は通路側でしたが、横2席は全てふさがっていました。しかもみな男ばかり。

汗クサッ!って、おめーもだろ、との突っ込みは無しで。

これだけガラガラなら、もちっとうまく配分できなかったんかいな"(-""-)"

まもなく着陸というところで福岡空港上空で散々待たされました。なんせこの空港、滑走路が1本しかない空港にもかかわらず国際線もある空港なので、夕方となるとラッシュ状態です。

空港ロビー内は工事中とあってやたらと閑散としていて人が少なく、先ほどまでの東京の大混雑ぶりを経験したばかりなので、さすがに田舎街という感想を持ちましたが、つまり、みんな連休なのでどっかに行ったのでしょう。

ヘロヘロ状態になって久しぶりの我が家に戻り、汗まみれの服をはぎ取るように洗濯機に放り込み、もうなんでんヨカケンとにかくビールビールとうわごとのように泡を吹きながら冷蔵庫を開け、あっという間に500mlの2缶を空けてしまいました。

もうこうなったらあとはご飯はどうでもヨカとです。

やたらと人ごみに疲れ、汗まみれになった2日間でした。


スポンサーサイト

2018/07/12 (Thu) 09:12
UBの臭気がわかったという話です。

今年になって、一晩中回した換気扇のスイッチを切ってUBの扉を開けるとなにやら臭いがするようになっていました。

年初めのころは帰省していた娘が飼っている犬を洗ったりするときに臭ったのと同じような臭いだったので、その犬の臭いだとばかり思いこんでいました。確かにあの犬は独特の臭いがしたので、娘は結構頻繁に洗っていました。

その娘が4月に出てから3か月経ちましたが、当初はそれほどの臭いもせず、やっぱりあの犬の臭いだとばかり思いこんでいたところ、この梅雨入り以来の高湿度の影響でUBの扉を開ける度に臭いがぶり返していました。

おかしいな、いつまでも臭うわけがないのにと思いつつも、その臭いが何から来るのかがわからず、ひたすら消臭効果のある液体をスプレーしたり、排水溝を洗ったり、換気扇のダクト内にコビリ付いている埃をこすり落としたりしながらもやっぱりなんとなく臭います。
入浴後には毎回付いている水滴をゴムへらで落として水滴が残らないように妻ともども実行していますので、見たところカビは生えていなさそうなのでカビの臭いでもなさそう。

???と原因がさっぱりわからないなら対策の取りようもないという状態でしたが、ある時、たまたま座っていた椅子から同じようなに臭いがしてきたのに気が付いて嗅いで見ると、これだ!と分かりました。椅子の臭いは汗の臭い、そしてUBの臭いは毎日の入浴時に流れた皮脂だと分かりました。

原因がわかれば対策も取りやすい。早速調べたところ、重曹とクエン酸をある一定の配分で混ぜた液体を吹付けて数時間放置し、お湯で洗い流すという情報をゲッツ!

早速実行。そりゃもう壁や床は足の踏み場もないくらいにンナロー状態で吹付けました。

そして今朝、どうなったのかと気になりつつUBの扉を開けたところ、臭いがすっかり消えていました。

われ勝てり!・・・・と、少々オーバーですが(^^;

UB取り替えて4年ほど経ちますが、その間、たまに床はバスマジックリンなどで洗いはするものの、今回のように皮脂を落とすという意識はなく、ただ汚れを落としていただけでした。

これからは定期的に、重曹とクエン酸を吹付けるようにします。

UBのカビでもない妙な臭気に悩まされている方、それは皮脂の臭いかもしれません。

2018/06/25 (Mon) 08:55
またまた車を擦られてしまいました

昨日は好天だったので、数か月ぶりに墓参りと母の顔を見に長崎に行きました。

途中でパーキングエリアで食事をした後、妻と私の父が入っているそれぞれのお墓にお参りをして母が入っている特養老に。

母とは数カ月振りに面会しましたが、会うたびに元気がなくなってきている様子が気になります。
会話も以前のように弾まなくなり、ぼんやりとした生気のない表情を見るにつけ、あれだけ男勝りだった母がどんどん弱ってきているのを実感するのもつらいものです。

あまり会話も弾まず、そろそろ出発しないと遅くなるのでそんなに時間も経っていませんでしたが母に「また来っけんね」と言って駐車場に向かい車に乗り込もうとしたところ、妻が「えっ、何これ」と。
助手席側に回って見ると、車体に明らかに擦った跡が。ドアミラーは倒していたのですが、そこにもくっきりと擦った跡。

あちゃー、またやられた。

高速道路のPAで昼食をとった時も墓参りの時も気が付きませんでしたが、白い塗料がざっとこすった跡が残っています。
PAやお寺の駐車場では助手席側は日影でしたので気が付かなかったようですが、特養老の駐車場では助手席側に陽があたっていましたので、そこで初めて気が付いたということです。

これで2回目。
最初は自宅があるマンションの駐車場でやられました。
隣のスペースは出勤に使っているので昼間は空きになっている関係上、デリバリーの車や介護の車などが時々無断で使っているのを目撃しますが、その時もドアミラーやホイールカバー、ドアパネルまでザっとこすられました。

防犯カメラはありますが、犯罪行為というほどもないので特に防犯カメラの録画を確認するような要求も管理組合へしていませんが、犯人は上に書いた職種の人だろうと思っています。が、今回はやられた場所さえわかりません。

こすったことも気が付かなかったのか、それとも知らんぷりしたのか。

もし私が運転中にこすったのなら、ドアミラーは起こしていますのでドアミラーに最初に影響があるハズ。ドアミラーをこすっているということは運転中ではなく明らかに駐車中といという証拠になります。

いやはや、それにしてもマナーのいいこと。
こうした些細なことから見ても、社会の様々な悪癖から次々に生じる破廉恥行為に対して、誰一人として責任を取らないも民族になり下がったと実感します。

責任を実感し、責任は私にあると明言し、膿を出し切るといった張本人が、責任のかけらも感じず、膿を出さずに海外に逃げまくっている情けない卑怯者を支持し続ける日本人の倫理観が、この男の低能の度合いに合わるようにどんどん壊れていっています。














2018/06/15 (Fri) 08:44
15年間使い続けてきた食洗器が壊れました

15年間使い続けてきた食器洗い洗浄機がついに壊れてしましました。

乾燥機能はまだ生きていますが、狭い流し台の上に置いているだけでも邪魔なので妻が処分してよろしいとのご信託もあったので、ついに廃棄処分になります。

商品はTOTOの竪型食洗器で、7年目くらいに水漏れが止まらないのでTOTOに部品交換をしてもらった以外に故障らしい故障はありませんでしたので、実に高性能の製品だったと思います。その時に、TOTOは食洗器製造からは撤退するので、次に壊れたときには部品がありませんと言われたものでした。

今や食洗器は当たり前の台所用品になっていますが、私が我が家に取り入れた時分はまだ食洗器の必要性もそれほど認知されておらず、食洗器を薦めるからにはどういうものかを経験してみないとわからないということもあってビルトインができないので据え置き型の縦長の食洗器にしてみました。

当時は数社の家電販売メーカーから出ていたような気がしますが、今やパナソニックだけの独占販売状態のようで、流しに組み込むビルトインタイプもパナしか選べない状態です。西ドイツの有名メーカーのBOSHもありますが、正直高い。それに日本の和洋中華のような多様な食文化を持つ日本家庭の多種類の食器に対応できるのかしらという疑問もありで、評価は高いものの結局のところ各家庭の独裁者(もちろん、常識的には奥様ですね)の意向もあってパナを選ぶことが多くなります。

食洗器はこうして、トイレのウォシュレット(といってもこれってTOTOの商品名なんですが、我々業界での「ガルバリウム鋼板」同様に一般名称として認知されてきていますので書きます。LIXILはシャワートイレという製品名です。正式名称は何なのかは調べていませんが、臀部(あるいは肛門?)洗浄装置機能付き便座とでもいうのかしら。それにしても長いネーム)同様に、いまや新築家庭のみならずリフォームでも設置を希望されるケースが多くなってきています。一般家庭への宅配ボックスもそのうち普通になってくるのでしょう。

なんだか話がそれまくっていますが。

食洗器は節水になるとの謳い文句ですが、洗浄から乾燥までの電気を使用している以上は節電にはなっていないことは確かでしょう。そうなると本当の意味でのエコなのかは正直分かりにくいものがありますね。

新たな食洗器を購入するかを我が家の西太后のご意向を拝聴したところ、こんどは食器乾燥機だけでよろしいそうな。

ハハーッ、御意のままにm(__)m





2018/06/13 (Wed) 15:28
車検に出したときのディーラーと民間車検場の違いがよくわかりました

車を車検に出しました。

この車検制度という代物は以前調べたところによると、真贋の程はわかりませんが大正時代の制度を残したようでうす。大正時代なら車の性能も想像できるので、ある意味人間の健康診断みたいなモノと思えば納得いきますが、今のご時世で大正時代の車の性能に対応した同じ制度が残っていることに、日本という国の庶民からなけなしの金を分捕って官僚どもが無駄遣いできる仕組みを残す役人天国体制そのものを実感します。

今でこそ新車からの最初の車検は3年目になっていますがそれ以降は2年毎ですので、2年毎に馬鹿にならないお金が出ていきます。富裕層にして見れば車検毎に買い替えるという人も多いようで、その度に車を買い替えてもらおうと売り込みする販売会社も、車検制度によって民間車検場の人も潤っているわけで。

こうやって私の知らないところでお金がぐるぐる回る仕組みになっている社会なんですが、それにしても高い!

従来はディーラーに依頼していました。高くても安心だろからという気持ちでしたが、どうもディーラーだから安心ということはないそうです。

以前、ワゴン*という軽に載っていた時に、ディーラーに車検を出して半月もしないうちに故障(本当にこのワゴン*という車、よく故障しましたよ)した際に、車検を受けたばかりで故障したなら何のための車検だと抗議しましたが、当時のディーラーの検査担当者曰く、「車検時にその兆候が出ていなきゃわかるわけがない。」
故障しないように予防のための車検であるはずだから、分かるわけがないってんじゃ何のための車検だよ、と抗議しましたが、ははん、ディラー車検ってのもこの程度かと思い知らされた記憶があります。

その経験があったにもかかわらず愛車をディーラーに車検毎に出しているのは学習能力がないことをさらけ出していますが、ス*キのような三流メーカーではない世界で最も販売台数の多い車のディーラーだし大丈夫だろうという期待をしていたのは正直なところです。

今回はいろいろと出費が重なりましたのでディーラーと民間車検専門と見積もりを取りました。民間車検場はディーラーの半額でした。小心な庶民はどうしても安きに流されるものです。結局、安いほうを選びました。

昨日、選んだ民間車検場に持ち込みましたが、検査状況を窓越しに見せてくれるし検査が終わってからの説明も丁寧にわかりやすくしてくれました。

ディーラーに依頼した時は任せっきりで、内容の説明は最後に渡される用紙の中にチェック項目として一覧表に書いてあるだけでは素人にはわかりにくかったので、今回の民間車検場の仕組みにはある意味感動しました。

全ての民間車検場がそうなのかはわかりませんが、ここに出して次回の車検まで車に問題が生じなければ次回もここに依頼することになるでしょう。

あ、そろそろ引き取りに行く時間です。
それでは失礼しますm(__)m





2018/05/11 (Fri) 16:26
建物を見に行ってナビに泣かされた日でした

筑後市にある隈さん設計の九州芸文館と武雄市にある武雄市図書館を見に行きました。

初めての場所でしたがナビがあるし、こんな時こそナビのオネーチャンの出番ばい。とばかりに思いつつも、車を買って以来道路情報が更新できていませんのでディーラーにナビの更新の確認とったところ、取り付けているタイプがその時の最新版で、更新するならナビそのものを取り換える必要があるとのことでした。私にはナビの使用頻度は低いので買い替えを見送った後ですので、一抹の不安を感じながら筑後市へGO

ナビに施設の情報を入力したところ、図書館のほうはインプットできましたが隈さんのほうはインプットできず、やむを得ず住所だけを入力してみました。地図上に出たのがどうもちょいと違いそうな・・・ま、近くまで行きゃぁ分かるハズ。

出発後2時間近く走ってもうすぐ着くころと思っていたところで「ココヲ左折デス」とナビの声。指示があった左折道路は恐ろしく狭い道。

アレ?狭い道に入るって、近道なんかな、と思いながらも、初めての場所ならそりゃナビの言うとおりに行きます。
これがまあ、狭い狭い。車の幅ぎりぎりの昔の農道のようなところをくねくね。

田んぼや畑のように見通しがいいならまだしも、民家が建て込んでいて見通しが悪いこと。対向車が来たら万事休すだなと思いながら、絶対この道は違うなと。

そして、「目的地付近デス。オ疲レサマデシタ。」とナビの声。
おいおい、最後まで責任取れよ。

仕方なく狭い道からようやっと二車線道路に戻って道路標識を確認したところ、しっかり案内板がありました。
ナビのオネーチャン、勉強してね。と言いながら目的の隈さん設計の建物に行きました。

その情報は後日。

そこを出て今度は佐賀の武雄市図書館に向かいます。

今度もナビの指示通りに、はなはだ疑いを持ちながら、しかし道路地図帳も古いとなりゃ止むをえません。案の定、バイパスなど見るからに新しい道路があるにもかかわらずひたすら狭い道に誘導します。

ありゃりゃ、大丈夫かよ、と思いながらも走り続けると、またまたやってくれました。

今度は行き止まり道路。

以前は道路として生きていたのでしょうが、新道ができたために廃道になった様子。車を回転させるほどの幅もなく、回転できるところまで恐る恐るバックする羽目になりました。交通量が少なかったのが幸いでした。

いやはや、古いナビには泣かされました。

隈さん設計の九州芸文館と武雄市図書館を立て続けに見ましたが、個人的には図書館のほうに好印象を持ちました。

芸文館は造形的には大胆でしたが、どうも派手さばかりが目につきます。若いころならオオーッと言ったかどうかわかりませんが、今やこういう派手な建物は感動しなくなりました。

というか、よくもまあ福岡県の施設にもかかわらず多額の税金をつぎ込めたもんだなーと、そっちのほうに関心が移ります。一応、納税者ですから。"(-""-)"

こういう設計を依頼する時、県の職員は、私のような無名設計者には恐ろしく上から目線の役人風吹かせまくりで、言うとりにしろという態度や口調の悪さが露骨すぎました。

県の仕事をしているときには仕事だからと思い、彼らの態度の悪さにひたすら我慢し続けました。メモ書きの手が止まり、怒りを押さえつけたため手がぶるぶる震えることもありました。
そういう経緯もあり、彼らに対して我慢の限界に来たので県の仕事は止めましたが、相手が隈さんにも同じ態度をとったんでしょうね。

隈さんは設計協力者として紹介されています。
ということは、設計主体は県の職員?


2018/04/26 (Thu) 09:00
ノートPCを替えました

Windows7のサポートが2020年に終了するそうな。

マイクロソフトの思惑で振り回されるのも癪に障りますが、サポート終了ということはさまざまなウィルスなどにさらされるという危険度が増すことになりますので早めにWindows10へ移行しましょう、とのこと。

なんだか自動車業界の儲けを守り続けるための車検制度のような仕組みのアナロジーとしか思えないパソコンメーカーとマイクロソフトがぼろ儲けできる仕組みに世の中ができてしまっているし、それに逆らう術も持たない一般ユーザーを2020年までにはWindows10にOSを移行させようという行為は、まるで屠殺場に何もわからない牛を誘導するようなイメージを持ってしまうのは何故?

♪ドナドナドーナドーナー
<若い人はわからないでしょうね。すみません。m(__)m>

実は依然、Win10の無料アップグレードがあったとき、新し物好きのせいでWin10をダウンロードしてしばらく10を使ってみましたが、突然PCの不調をきたして購入したパソコン工房に持ち込んだところ、マザーボードがWin10に対応できないのが故障の原因といわれました。

マザーボードを変えればいいのでしょうが、ノートPCでは不可能とのこと。とにかくマザーだけ替えても他のスペックが10に対応できないそうなので前のPCでの10へのアップグレードをあきらめました。

そのノートPCが2年しか使っていないにもかかわらず動作がおかしくなってきたことをきっかけに、スペックも低かったので修理よりも買い替えを選び、思い切って仕事で使うからにはハイスペックなPCにしました。

CADを使うからには画面の大きいデスクトップが望ましかったのですが、いかんせん作業スペースが狭く、そこにドデンーとデスクトップを置くと図面を広げることもできなくなるためノートPCにせざるを得ませんでした。

今回選んだのがLENOVO。もちWin10。

10の画面は7に比べると見た目は変わりましたが、基本は同じ。毎日使えば慣れる代物。
設定に時間がかかったのがOUTLOOK2016の設定。
プロバイダーとのメール設定は問題ではなかったのですが、OUTLOOK2010から住所録やメールの記録を移し替えるのに、解説通りにしたにもかかわらずなかなか取り込めませんでした。

メールのやり取りの記録は重要なものなので、こればっかりは、ま、いっか。といつもの調子でいくわけもいかず、♪毎日毎日鉄板の上で、なかなか設定できずに、なんでやねん、と呟きながら設定し続けました。

こういうものは結構単純な原因が失敗のもとだと後からは分かるんですが、その原因がわかるまでが大変。

なんだかんだと毎日あーでもないこーでもないとやり続け、夕方までうまくいかない日々が続くこと。んなろー、てめーっ!と。

PCに怒っても仕方のないことですが。

苦節2週間ほどかかりましたが、ほぼ前のPCと同じ環境で作業ができるまでになり、とりあえず一安心。それでも今だに「***が設定できません。」とかほかのメッセージが画面上に出ます。

今のところ支障がなさそうなので、マァ、ヨカヤカネと、O型血液型の典型でおおざっぱにホッタラカシですが、何か問題でも?



2018/04/25 (Wed) 09:49
ネット通販「楽天」の危なさ

またもや不審なメールが来ました。楽天市場というところから下記のようなメールが来ました。

*************************************

ご注文ありがとうございます



買い物かご 購入履歴 ヘルプ

この度は楽天市場内のショップ「ウルトラぎおん楽天市場店」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
本メールは、お客様のご注文情報を受け付けた時点で送信される自動配信メールです。
ショップからの確認の連絡、または商品の発送をもってご購入についての契約が成立します。(in English)

ご注文内容
注文番号 295425-20180423-00133999
注文日時 2018-04-23 06:16:18
お問い合わせ先

ウルトラぎおん楽天市場店
052-613-0120
問い合わせフォームから連絡


※下記内容については、上記の問い合わせ先より直接ショップにお問い合せください。
 ・商品やお取引に関するご不明点
 ・ご注文内容の変更(商品、決済・配送方法など)
 ・ご注文のキャンセル手続き
※ショップの情報・返品ポリシー・営業時間はこちら
※その他ご不明点がある場合は楽天市場のヘルプページ をご確認ください。



【あす楽】【在庫あり】AT-40CM01SR エスキュービズム 40V型LEDバックライト搭載 地上デジタルフルハイビジョン液晶テレビ別売外付けHDD録画機能対応【smtb-k】
32,800円 x 1個 = 32,800円 (税込、送料無料)

小計 32,800円
送料 0円
合計 32,800円
※送料等の諸費用は変わる場合があります
今回のお買い物で、388ポイントを獲得しました
・スーパーポイントアッププログラムに関するご注意 詳細について
 - 月間獲得ポイントの上限に達している場合は、実際に獲得するポイントが表示と異なる場合がございます。
 - スーパーポイントアッププログラム分の特典は、後日付与されます。特典により付与日が異なります。
詳細
送付先
〒820-0067 福岡県飯塚市川津409-1フェルヴォーレ2 412号室
0977-21-9235
支払方法
クレジットカード決済
配送方法
宅配便
配送日時指定
翌日配達「あす楽」を希望
備考
領収書をご希望のお客様は下記に「領収書」とご記載ください。



注文情報の詳細を確認する


ショップのメルマガに申し込む
お気に入りショップに登録



ご注意事項

・離島・一部地域では別途送料が必要な場合があります。
・消費税について
消費税率 8%
消費税計算順序 1商品毎に消費税計算
1円未満消費税端数 切り捨て
・お客様のお取引先は「ウルトラぎおん楽天市場店」となりますので、ご不明な点、ご注文内容に誤りがある場合は、
直接ショップまでお問い合わせください。



・後日計算の送料等により、「全てのポイントを使う」を選択の場合でもお支払いの差額が生じる場合が
あります。
・楽天会員を利用したご注文の場合、キャンペーン特典ポイントが本メール記載の獲得ポイントとは別に計算、
付与される場合があります。ポイント利用・獲得履歴はこちら
・楽天市場ご利用上のご注意はこちら
・個人情報の取り扱いについては個人情報保護方針 をご覧ください。
・よくある質問はこちら




・こちらの注文に覚えがない場合は、他の方が誤ってあなたのメールアドレスで注文した可能性があります。
その場合は、大変お手数ですが、上記ショップならびに楽天市場 までお知らせください。


(English)Thank you for shopping at Rakuten. This e-mail is automatically generated in response to your order.
Please note that your order is not complete until confirmed by the seller.
To modify your order (item, payment, delivery, etc.), please contact the seller directly.
As this is an automated e-mail, please do not respond directly to this address.
Click here for Frequently Asked Questions .


楽天市場
発行元:楽天株式会社
"
**************************************

そもそも楽天なんて守銭奴の三木谷が嫌いなので、会員登録はずいぶん昔にしましたがそれっきりほったらかしにしていたので楽天から購入するはずもなく、びっくりしてこのメールにあるように身に覚えのない人は「ウルトラぎおん楽天市場店」に連絡するようにと書いてあったので電話番号 052-613-0120に電話を入れたところ、個人の電話だといわれました。

このサイトのどこを見ても電話番号が書かれていなかったので、楽天に直接電話を入れました。

そりゃもう待たされた待たされた。20分くらい待たされたようでした。
いつもならしびれを切ってしまうところですが、今回はそうもいかない。

つながるまで待とうホトトギス

散々待たされて要件を伝えたところで注文番号を聞かれたので  295425-20180423-00133999 と伝えたところ、楽天の販売実績に乗っていないので請求されることはないとの返事。

じゃなんでこんなメールが来るのかと尋ねると、きっと間違えたと。あんたねー、間違えたっていうが、それが間違いで、ヤッパリ口座から引き落とされた場合、だれが責任取るのか。

と聞くと、ちょっとお待ちください。と、これまた5分くらい待たされました。

その回答は、
楽天側が保証することはない。その場合はカード会社が保険をかけているはずだから、カード会社に被害届を出してください。
とのこと。

「楽天」なんてのは大金をふかっけてネットショップに乗せていることは有名ですが、こういう風に何か問題が起きたら、
オラしらねー、自己責任で解決しろ。
という態度だということがはっきりしました。

こんな会社信用できねーと「楽天」に登録していた会員登録を即削除しましたが、楽天のみならず、ネット通販はこんなもんでしょうね。

それにしてもこのところ、パソコンヨップで買ってもいないパソコンに関してクレジット会社から問い合わせが来たり、今回の楽天にしても、こういうようなメールがこのところ来るなー。

どっかセキュリティが漏れていそうです。
プロバイダーのセキュリティソフトをかけていますが、セキュリティソフトがあるからといっても安全じゃないってことですね。

しかし、腹立つなー・・・・"(-""-)"




2018/04/23 (Mon) 08:12
歩くの大好きぃ、どんどんあるこー

このところ週に3回はウォーキングをしています。

ちょいと前はブログに書きましたがスロージョギングをしていました。
スロージョギングではかかとを上げてつま先から着地するように走りましょうと書いてあったので、そうしたほうがしっかりお腹に溜め込んだ脂肪<ご多聞に漏れず、現ナマは貯まりません( 一一)>を減らすのには効果的なんだろうと、もともと素直な私は指南書通りにかかとを上げて走りました。

その結果、これもブログに書きましたがヒラメ筋を痛めてしまいました。
回復するまで時間が掛かりましたが、ようやく治ったと思いとりあえずウォーキングからと歩き始めたところ、またまた痛めてしまうということの繰り返し。

今やウォーキングしながらもヒラメ筋の様子を探りながら、少しでもモワモワとした違和感を感じ始めたら即、中止して帰宅するようにしています。とにかく無理をしないことに徹しました。

その甲斐あってか、ようやく長い時間を歩けるようになり、徐々に距離を伸ばしています。

先週の土曜日にも約8k歩きました。歩数計によると約13,000歩。これがどれほど正確なのかはわかりませんが、誤差が100歩程度はありそうにしても1万歩は歩いています。歩幅にすると一歩が約61cm。

これってヤッパリコンパスが短いからなのかなー(*_*)

いつものコースは近くの2級河川敷きの土手の遊歩道。

ゆるやかに流れる川の水を見ながら、そして土手の緑を見ながら、気持ちよく歩けます。

故郷の長崎にはこんな場所、残念ながら無いんですよ。川といっても比較的広いのは浦上川でしょうが、私の生まれ育った方面には川幅の狭い中島川しかなかったし、その川沿いも車がすぐそばを走るので、こういう解放感を味わうということはあまりありません。

その川沿いの遊歩道は、車もそばには来ないうえに歩いている人や走っている人もあまりいなく、昨日、一昨日のように季節柄、天気のいい日は歩いてるときはすこぶるさわやかな気分になれますので、めんどくさがり屋の私でもだんだんと習慣ついてきています。

一年のうちで今が最もいい季節ですね。
冬場は川沿いの土手は凍えるくらい川を渡る風が強くて冷たいものですが、これから夏になると風は気持ちいいんでしょう。

桜の時期には桜を愛でながら、花が散ったらワンコを散歩させている人がちらほらいるので、そのワンコを見ながら歩いています。散歩させている人が美形の方ならワンコと美形を交互に見るのでそりゃまあ忙しいことですが、半分くらいはおっさんが散歩させていますので、そのときはもっぱらワンコに集中。

昨日も目標1万歩でした。
同じ川沿いの土手のいつものコースよりも今まで行ったことがない方面に足を延ばしてみました。

いつもと違う川沿いの建物は工場が多いのは残念でしたが。しかしもう川で泳いでいる人がいたのにもびっくり。気の早い人がいるもんです。

しかし連日でしたので、復路ではさすがに疲れを覚えて予定より切り上げて帰りました。歩数は土曜日とほぼ同じ歩数でしたが、飽きっぽい私には、今日はどのコースにすっぺかと選べるルートが増えただけでも楽しみが増します。。

帰宅してシャワーを浴びた後のビールは、そりゃもう最高!

しかし、あっという間に消費したはずのカロリーを取り戻しました。ガハハ(^^;





2018/03/07 (Wed) 08:21
昨日見た「ガイアの夜明け」でびっくりしたなーもう

私が結構よく見る「ガイアの夜明け」という番組があります。

昨日は中古住宅をリフォームして再活用するという業界に関係するタイトルだったので、眠いのも我慢して見ていました。

先週は下町ボブスレーが今度のオリンピックで採用されなかったことを報道していました。しかし、その内容は「日本はすごい」という相変わらずの今やこの国のTV番組にシンクロした姿勢に白けてしまい、途中で見るのをやめてしまったものです。

しかし考えてみれば、放送した局の母体が「日本経済新聞」ならそうなるかと・・・・・

さて昨日は中古住宅をリフォームするという番組でした。

放置されている中古住宅を買い取ってリフォームして転売する戦略を取っている不動産会社の担当者が、リフォーム工事中の現場で大工にあれこれ指示していたなかで驚いたのは、玄関にどんと構える壁がどうにも邪魔なので撤去してくれと。その壁の仕上材を掃いだ所、ここに有る柱は2階が乗っているので外せないとの大工のコメント。

そりゃそうだろうと思っていた所、大工が、柱を切って二階の柱が乗っている梁の下に新たに梁を加えて補強したので、これで安心とのTVでコメント。

驚いて椅子から2mくらい飛び上がりました。オイオイ、そりゃないだろう。

補強の仕方があまりにもズサンすぎるのと、その柱は通し柱じゃないのかという検討もしたのかどうかも分かりませんが、私の予想ではひょっとしたら通し柱じゃないのかということ。

理由として40年位前の住宅なら、柱の直下率<上下の柱の位置が揃っている確率>を気にして作っているはずもなく、当然2階の柱の直下に1階の柱が無い場合、2階の床梁を大きくして柱を載せることがほとんどですが、流石に通し柱だけは構造的に重要な柱になるので1,2階ともに同じ位置に有るハズ。

件の中古住宅にも玄関ホールにドカンとその柱が立っていたということは、その意味からして通し柱の可能性が大きいと推測しました。それを簡単に切り取り梁を補強したから安心というあまりに安易な手法に唖然です。

仮にその柱が通し柱では無かったとしても、上の2階の柱が受け持つ荷重と筋交いの向き<その筋交いが圧縮を受け持っているのか引張を受け持っているのかによって、梁のサイズが異なってきます。>を見もしないで105角程度の木材を既存の梁の下に補強すれば安心という代物とちゃいまっせ------と、何故か大阪弁(^^ゞ。

梁の下にもう一つ梁をつけた梁を「枕梁(まくらはり)」と言いますが、これは一般的には大梁を受ける際に使うケースが多く、今回のような上の階の柱を受け持つという使い方はあまりしません。

梁を2重にしたところで一体化されていないために梁成<梁の高さ寸法>は所詮1本分の強度しか期待できないということ。梁成を合算で期待したいのなら一体化する方法<上下の梁を計算で出された大きさのボルト数本で上下の梁を緊結して固定する方法か、もしくは上下の梁を構造用合板で両面から指定された太さの釘で指定されたピッチで打ち込む方法>で施工しないと全く意味が無いということ。

梁を一体化するということはこれほどに面倒くさいことをしないと意味が無いということです。その意味でも、今回のこの番組での安直な梁の入れ方にびっくりポンです。

このような施工方法を採用しないと、その梁は長期に渡って沈み込みが起き、将来的に梁が折れて倒壊する可能性も否定できません。

それともう一つびっくりしたのは、一体化にもなっていない追加したその枕梁をボルトや帯金物等で柱と金物で固定しないで、昔ながらのカスガイという金物で安直に向こう側とこちら側の二箇所に打ち込んだだけ。

これは全く地震の影響というものを考慮していないというか、そもそもがこのリフォームは新耐震基準に合わせるということを無視しています。というか、この担当者あるいはこの会社が無知なのでしょう。

専門誌の情報には、同じような中古住宅をリフォームして付加価値を高めて転売する専門会社がありましたが、そこの会社は買い取った住宅をスケルトン状態にして耐震基準を満たすために構造計算を行い、確認申請を出して検査済証まで取得していることが紹介されていました。

そこまですればいくらもとは中古とは言え、建物として耐震強度は安心でしょう。
転売価格は跳ね上がるとしても、会社としてはそういう所得層をターゲットにしている様子でした。安心=会社としての信頼性を確保することを目的としている様子ですが、昨日の会社は、そういう耐震化を全く考慮しないうえに手がけた大工もそういう知識も持ち合わせていなかったようです。

そのリフォーム住宅のお披露目では、たしかに以前のボロ家状態に比べたらきれいな<当たり前ですが>状態で、販売価格も土地付きで1000万を10%程度超えた価格に設定していたためその安さに惹かれて見学者も引きも切らない様子が写っていましたが、上記した面で椅子から飛び上がるような方法でリフォームしていたのを見ると、いやはや、これは怖い建物だなーと、バーボンをチビリチビリ飲みながらうなりましたね。

先の下町ボブスレーを手がけていた工場の人が言っていましたが、「いいものを作れば分かってくれる」

そう、この言葉に日本のものづくりはしがみついてきていて、実際に今までは売れてきたのも事実でしょうが、しかし今やその考え方だけじゃついていけないということも知らなきゃいけない。

ハード面での「いい」商品は、いずれは何処の国も作れるようになります。そこから一歩進むためにはその金言のごとく刷り込まれた認識からの脱却が必要じゃないかと先週の番組を見て思ったものですが、昨日の番組では「いい」モノの捉え方がまちまちだということもわかります。

先の構造的に新耐震基準に合わせたリフォームをして転売している販売会社と今回放送された販売会社。その違いはターゲットとしてる購買層に有るのでしょうが、いくら低価格とは言え、欠陥を内包しているような商品を手がけていれば、明日の神戸製鋼、東芝になることは予想できます。

やはり「いい」モノとは、ユーザーにとって安心な商品であることが最優先であることでしょう。それの後でデザイン性が優れていることが求められているはずです。

デザインが安心なことを押しのけて最前線に出てくるような風潮をもてはやしている、我々建築設計業界の姿勢も問われるべきだろうと、色々考えさせられました。



| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE