FC2ブログ

プロフィール

れれれのおじさん

Author:れれれのおじさん
長崎生まれで高校卒業まで長崎育ち。74年に建築設計の世界に入り、ゼネコンの設計部、アトリエ系の設計事務所などを、さらしに差した鉛筆一本で渡り歩いて設計を修行。86年に縁もゆかりも無い福岡で設計事務所を開設。日本の気候風土に合った風通しのいい住宅を基本に、自然素材を使った住宅造りを続けている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2ブログランキング

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

2019/06/12 (Wed) 11:08
母が鬼籍に入りました

私事ですが、さる6日22時に母がなくなりました。

当日は危篤という午前中に連絡を受けて急遽長崎まで車を飛ばしたおりには、なんとか持ち直したことを見届けて一安心して自宅に戻り仕事をしていましたが、夕方に再び連絡が来て、とるものもとりあえず再度長崎に車で向かいました。

一日に2度、長崎に向かうことは流石に疲労もたまりましたが、そうも言ってられません。
こうなると、車を手放そうかと思っていたところ予想外に査定が低かったので売却を見送ったことが良かったというしかありません。

20時ごろ着き母の居室に入りました。長崎在住の兄が来ていましたが、母はもはや意識もない状態でした。

施設からの連絡を受けた東京の兄も急遽長崎空港に着いた連絡がきましたが、果たして兄が間に合うのかどうかという状況でした。母の手をずっとさすり続けましたが、初めて母の指が細くて長いということを知りました。
さすり続けている間にも、意識が朦朧としているにもかかわらず、時々一瞬目を開けて目線が合うことが有りました。懸命に生きようとしてるのだろうと思い、私も少しでも命を永らえさせるために懸命に手を擦り続けました。

長崎の兄は、母の体温が高いことを心配し、医者から水分を取らせたほうがいいということを聞いたことで、ゼリー状になった水を口から無理にでも飲ませようとし続けていましたが、東京の兄が病室に入って間もなく息を引き取りました。
結果的に無理に水を飲ませようとした行為が引き金になったようなものでしたが、長崎の兄の行為は一生懸命だった事がわかるだけに気持ち的には複雑な感情を持ちました。

私服で来ていましたし、頭書は施設の来客用宿泊室に泊まるつもりで着替えやタオルなども近くのスーパーで買い求めていましたが、22時過ぎであれば自宅に戻りって喪服などの準備をするために一旦福岡に戻り、仮眠をとってから翌日に来ることにして、深夜、大雨の仲、高速を走りました。

これが実に緊張しました。

そもそも深夜の高速道路はあまり経験がなく、しかも豪雨の高速道路は経験は初めてでした。
走行車両は少ないとはいえ視界は極端に悪く、ハイビームでは高速道路の標識が反射して路面が見づらいということもわかりました。
緊張したままに福岡に戻り、喪服などを準備して翌早朝に再度長崎に向かいました。

今度は今までの施設ではなく葬儀場。
ここは以前、父の葬儀をしたところなので道はわかるはずでしたが、ナビへの入力が悪かったせいで、予想していた方向と違う方向に案内してくれます。
おかしいなと思いつつも言うとおりに走り続けたら、葬儀場と真反対の場所に来ました。

その間、仕事関係の方々に事情を説明するために電話連絡をし続けましたが、役所の担当者に連絡をした時に、思わず涙と嗚咽がこぼれ、しばらくは声が出ませんでした。
冷静なつもりでいましたが、これには我ながら意外でした。

葬儀の間は、数年ぶりに逢った身内関係者やその子どもたちと和やかに談笑しましたが、火葬場で窯入れの前に棺桶の蓋を開けて母の顔を見たときには、涙が溢れ出しました。

これで二度と会えないと実感した瞬間です。

兄たちと思い出話に盛り上がりましたが、共通していたのは、気が強く厳しい母だったということでした。その気の強さは入所していた施設の中でも飛び抜けていたらしく、さもありなんと納得したものでした。

その気の強さは兄弟の中で誰が継いでいるのか盛り上がりましたが、しかし、兄弟全員が愛情深く育ててくれたことに感謝しても足りないほどです。

愛情深く育ててくれたにもかかわらず、相変わらず心配をかけ続けている不甲斐ない不肖の息子のままで、本当に申し訳ない思いをしています。




スポンサーサイト

2019/06/05 (Wed) 08:54
この国の姿は自慢できますか?

日本中で、高齢者による車の運転ミスで多くの人が殺され、逆走して交通事故も多発し、引きこもり男に大事な将来を作っていくはずの子どもたちが惨殺されているにもかかわらず、大多数の日本人は「令和初なんじゃら」とか言うネーミングをつけることで悦に入っている精神障害状態です。

令和(あーめんどくさい)なんじゃんらで浮かれている間に、日本に将軍様がやってきて、日本州知事はプライドも何もかなぐり捨てて媚びまくり、将軍様に喜んでもらったと誇らしげに間抜け面をますます膨らませ、その人格障害者の将軍様を喜ばせるためにん兆円もする武器を買いまくりました。

そのお金は、間抜け面の州知事の個人の懐を使うのならいざしらず、皆が皆我々国民の血税であることに、どれだけの日本人が自覚していることやら。

巷では本も出す芸人が書いた捏造日本史を批判した作家の本は自分の出版社からは出さないと、その極右的体質を顕にした幻冬舎社長が息巻いていましたが、もとからこの男の矜持の底の浅さは、例の酒鬼薔薇が書いた本を自分の後輩から出版させたという社会的規範感覚を持ち合わせていない輩だということがバレています。
私はその事実を知ってから、この幻冬舎とその配下にある太田出版社から出ている本は一切購入しないことにしています。

まあ、私一個人が起こす行動には、件の出版社には痛くも痒くもないでしょうが、山椒は小粒でもという気概です。

話を戻して、諸外国まで呆れた日本州知事の将軍様への過剰な接待でしたが、日本人はどこまでお人好しなのか、将軍様が喜んで帰ってくれたので良かったよかったと喜んでいる様子に、この国はどんどん衰退していくと実感しました。

この体たらくでは、国力的に韓国からも間もなく追い越され、インド、東南アジアからも負けることでしょう。

いつまでも日本人は優れた民族、清冽な民族だと自画自賛していい気になっている間に、国としての力はどんどん衰退していっています。

近い将来、中国にも飲み込まれる危機感を持つべきですが、相変わらず愛国心に満ちた右翼の方々は、いざとなったらアメリカが助けてくれると思っているめでたさに、どうしてそこまでアメリカを信用しているのかが不思議でならない。

私達の子供の世代、孫の世代に至るまで、この国がまともに存在していくのかという危機感も持たず、この国の指導者にこのような無能な男を置き続けている有権者たる我々一人一人が責任を実感すべきでしょう。

莫大な借金を我々一人一人の子孫に平気で残しつづける民族なんですよ。自分の懐が傷まなければ関係ないとでも・・・・










2019/05/31 (Fri) 14:10
出来事が多すぎます

私的なことでいろんなことがこのところ続いたおかげで、メンタル的に少々参ってブログの更新ができない間に、巷には子供を巻き込んだ痛ましい事件や事故が起きました。

犠牲になったお子さんのご父兄の心情はあまりにも痛ましく、なんのコメントも出せません。普段どおりに学校や保育園へ向かうのを見送ったその日に、我が子がもう二度と戻らない事態になるなどと誰もが想像できるはずもありません。

通り魔殺人事件も、秋葉原や池田小学校の悪夢が蘇った気がします。

それにしても車の犠牲になった子供さんの父親の冷静な記者会見姿を拝見しましたが、感情を極力押さて真摯な態度での記者会見は、それだけに深い悲しみがひたひたと伝わりました。

私事ですが、特養老に入っている母の具合が急変し、医者の見立てでは残り4ヶ月とのことでした。

そろそろ覚悟が必要なようです。
何も親孝行もできないまま、いつまで立っても心配ばかり掛けたままで、間もなく母は向こうの世界に行ってしまいます。

そしてもう一つの別れも間近です。


2019/05/10 (Fri) 10:18
Amazonを騙ったメール

ちょくちょくくるメールですが、Amazonからのメールを騙ったメールがまた来ました。

念のためにAmazonにこのメールの内容を貼り付けて問い合わせをした所、やはりAmazonからの正規のメールではないと確認できました。Amazonからはお客様情報を確認するようなこのようなメールは絶対に送らないとのことです。
絶対に連絡したりメールに書いているような操作をしないようにとのことでした。

Amazonを利用される方にも同じようなメールが来ると思いますが、一見、Amazonからの正式メールに思えます。

下記に来たメールの文章を載せます。


***************************

Аmazon お客様 *******(←ここには私のメールアドレスが書かれています。)


Аmazon に登録いただいたお客様に、Аmazon アカウントの情報更新をお届けします。
残念ながら、Аmazon のアカウントを更新できませんでした。
今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。
アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため Аmazon アカウントの 情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。
Аmazon ログイン
なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。
アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合
お問い合わせ: Amazonカスタマーサービス。


お知らせ:
• パスワードは誰にも教えないでください。
• 個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。
• オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

どうぞよろしくお願いいたします。
Аmazon

czplymemffbf8vk7yaic7eobcsvxqvlu es7ha92uouhomvyahvz14ejgx5rxb3ul
Friday, May 10, 20195:22:03 AM


**************************

インチキ臭いと感じたのは、来たメールのタイトルが

「閥 Amazon. co. jp 縺ォ縺箔o録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認」

と、なにがなんだかわからないようなタイトルですので、まずここで判断できると思います。

とにかく上のインチキメールにあるAmazonアカウントを絶対にクリックしないようにしてください。

まあ、わけのわからないメールは結構頻繁に来ます。
すべて英文で来ることもしばしば。

英語をなんとか解読できたのは大学受験時までで、社会人になってからというもの英文を読む機会は殆どなく、単語は忘却の彼方に去ってしまったので英文を読もうという気にもならない。
ましてや無名な私に海外からの仕事の依頼なんぞあるわけもないので、悪意のあるメールだろうと判断して英文だけのメールは即座に削除しています。

皆様方、ご注意のほどを。


2019/05/02 (Thu) 09:00
Under Control

元号が変わって、ニュースでは全国的に改元のお祭り騒ぎが放映されています。御朱印をもらうのに10時間待ちとか。

アチラコチラで狂騒極まれリという状況。
国の意図した行事に便乗する馬鹿騒ぎにシニカルな我が身は少数派か。

新天皇の即位に対し、あの男が国民を代表したコメントを出しました。
この男が国民代表とは、日本人もバカにされたものだ。

思惑通りの世間の馬鹿騒ぎを見て、この男とこの男のバックに居る日本会議の連中共々ほくそ笑んでこう言ったことでしょう。

Under Control


2019/04/30 (Tue) 09:40
誠実さを態度で示されてきた天皇

本日を持って平成という元号が終わりますね。

私個人としては、元号制度も天皇制度も必要性を感じていませんが、平成天皇の誠実な態度を目にするにつけ、平成天皇への信頼を持っています。

先の天皇が戦争責任も負わず、更にはアメリカに沖縄を自由に使ってくれとばかりに我が身代わりの生贄のごとくに差し出した事実を知ると、昭和時代には皇室や皇族、昭和天皇に対する嫌悪感は大きく、TVや雑誌での皇室関連はすべて拒絶していました。

平成天皇が父親のしでかした過ちを謝罪するかのように沖縄を訪問した際、沖縄人民から火炎瓶を投げつけられるという事件が有りましたが、そのときは正直、その沖縄人民の反ヤマト、反天皇の心情を支持していました。

沖縄は、敗戦直前には日本本土の防波堤としての役割を押し付けられ、多大な沖縄人民の犠牲を出したにもかかわらず、そのことは敗戦後今日に至るまで、何ら同国人として感謝の気持ちをヤマト民族から受けることもなく、あまつさえ昭和天皇が己の身代わりの生贄のごとくにアメリカ軍に沖縄を勝手に差し出した結果、アメリカによって沖縄という土地は好き勝手に利用つづけています。

日米安保条約という甚だ不平等な法律のもと、沖縄の土地と人民の人権は蹂躙されたままにアメリカに媚びる日本政府から放置されています。

日本人のアイデンティティーを訴えなきゃいけないはずの右翼もアメリカに媚びへつらうすがたは、この国の独立は虚構でしか過ぎないことを実感させられます。

話を戻して、平成天皇は火炎瓶と投げつけられるという沖縄人民の反感をもろに示されたにもめげず、ひたすら沖縄や日本が天皇の名のもとに起こした侵略戦争によって多大な犠牲者を出した各地への謝罪や慰安の旅を続ける姿を見て、私自身の天皇に対する忌避感も次第に薄らぎ、平成天皇と皇后の誠実さが伝わってきました。

日本人の誠実さを身をもって体現されてきた天皇皇后両陛下に、これからはごゆっくりとお過ごしくださることを心から願います。

口先で取り繕うということもない誠実な天皇に比べて、あの不誠実な口先だけの情けないほどの幼稚な思考力しか持ち合わせていない男が、日本民族の品性を貶めていることに危機感を覚えます。


2019/04/28 (Sun) 08:45
10連休 可もなし不可もなし

かなり遅めの10連休に関しての所見です。

10連休と言っても、土曜日が休みや10日も連続して休めるところに所属している人しか恩恵を被らないわけで。つまり、皆様方のあこがれの国家公務員、地方公務員、そして大企業。

しかし公務員関係者でも、警察や消防署など人命に関わる部署の人は当然休めないわけですが。そして忘れちゃいけないのが我々のような自営業。

自営業でもウハウハ儲かって、社長は成金趣味の極みのようなベンツを持っているところは、10日休んで英気を養うとい大義名分も有るかと思いますが、私のような蚤の涙のような個人経営事務所にしてみれば、世間が休んでいるときもせっせと蟻のごとく働いています。

連休なのに休めない不満より、仕事があるということに感謝のほうが大きく、仕事がないときは毎日が日曜日状態。そういうときは心底精神状態が悪いものですので、連休だろうがなんだろうが仕事があるとやけんね、という方が精神衛生上すこぶる好ましい。

しかし困ることは、連休中はどこの建材メーカーとも連絡も取れないし、打ち合わせもできないということ。メーカーとの打ち合わせが必要な業務はひとまず先送り。

皆様、せっかくですので連休を大いに楽しんでください。
私も、やはり連休ということもあって、息抜きに本をゆっくり読めるというメリットもありますのでまんざら悪くもないですが。

GWが終われば、そろそろ梅雨の走りで雨模様が多くなります。
昔は5月が一番天候が良かったはずなんですが、最近は4月が一番安定しているんでしょうか。

5月といえば、井上陽水の「5月の別れ」という曲があります。

BGMで聞きながらしみじみと感じ入っている日々を送っています。



2019/04/11 (Thu) 11:01
責任の所在

失言の宝庫だった桜田大臣がようやく辞任しました。議員も辞めてほしいところでしたが、そこはしがみついて離れません。

しかし、この議員のみならず安倍内閣にはどうしようもないレベルの大臣ばかりだということは周知のことながら、この連中を追い込んでやめさせることもできない野党も力がない。

毎度毎度、こういうレベルの大臣を選んだ任命責任は私に有るとコメントするお方が、その責任を取ったことはただの一度もなく、要はこの男の誠実さも持たない得意の口先だけ。

こういう首相を選ぶ国会議員を選んだ責任は我々有権者に有ります。
自民党に一度も投票したことも無い私にも、こういうレベルの首相や議員をクビにすることができない野党議員を選んだという責任があります。

日本の民主度レベルが国際的に低下し、真実を伝える報道にも権力が介入し、TVの報道番組はどれが一体信用できるのかという情報リテラシーの力を自らが高めるしか無い状態に陥っています。
TVで顔が売れている芸能人は、権力者に取り入る奴ほど尊大になってきています。

鼻持ちならない連中が跋扈するこの国では、権力者を批判することに一般人も萎縮するような風潮に慣らされていっています。

いまやリベラルの最後の牙城にも思える今上天皇さえも極右の連中にとってみれば批判の対象になっていることに、いったいどこまで日本人ってのは増長するのか、末恐ろしく思えます。

日本人を分断化することによって己の権力者としての地位を維持し続ける安倍政権の上層部は、何をやっても支持率が下がらない事実を見て、安倍シンパでなければ人ではないかのようなこの世の春を謳歌している様子。

こういうレベルの議員を選んだ責任は、我々にあります。

日本という国が、国際的に本当にいい国だと思ってもらえるノルウェーやスウェーデンのような国民を大事にする民主主義国家の如き国になることは、百年河清を俟つようなものでしょうか。







2019/04/04 (Thu) 10:09
改元しましたね

新しい元号が決まり、日本中が沸きにわきまくりましたが、元から元号を使用してこなかった私には、その狂騒が意外に思えました。

私もあまり世の中のことを理解していなかった子供の頃は元号を使っていましたが、元号が変わるとその前の元号の数値が一体何年前なのかということがすぐに計算できない不便さと、世界は西暦で動いているのに戦争で負けて民主主義国家になったはずの日本だけが天皇支配の制度をそのまま残しているのか疑問に思うに従い、個人的なことに関しては西暦で通しています。そのせいか、子供の誕生も西暦でしか念頭にないので、元号で尋ねられるとはて何年だっけということにしばしば直面します。

すこぶるめんどくさい。

しかし、役所への提出書類は全て元号がすでに印刷されていますので、それをあえて抹消して西暦で書き直すという面倒くささもあり、私個人にしか影響が来ない書類以外は素直に元号で書くようになったのは、あえて揉め事を起こさない大人になった証ですね。(^_^;)

それはさておき、元号に関して相変わらずのでしゃばり安倍。何でも俺が俺がと自分の手柄にしたがる幼児性が抜けきれない男があちこちのTVに出ずっぱり。

ココらへんは平成に変わったときに、首相談話を当時の小渕官房長官に話させるという控えめな態度をとった竹下と比べると、遥かに人間性が劣ること甚だし。人相も甚だ悪くなっているのは、歳を取ると内面性が顔に出てくるとの好例。

改元したところで日本の国力も日本人の品格も劇的に向上するけでもなく、そうつぶやきながら私は早朝の河川敷で櫻を愛でながら毎日のウォーキングに勤しんでいます。





2019/03/20 (Wed) 09:15
早朝ウォーキングでの出来事

今、早朝にウォーキングをしています。
それまでは夕方アフターファイブにしていましたが、TVの情報番組で、ダイエットに成功した人のすべてが早朝にウォーキングをしたとのこと。早朝は朝食前で胃に何も入っていない状態なので、脂肪を消費する量が増えるという事によってダイエット効果が高いそうな。

根が単純で素直な私は、ヨッシャとばかりに翌日から実践しはじめました。
と言ってもまだ一週間程度ですが。

効果ですか?
殆どなんにも変わりません。実に見事に体脂肪も内臓脂肪も。
タニタの体重計は見事に同じ数値ばかり。
確かに運動してきましたので汗が出る関係で体重は少々落ちますが、上のあとの2つは全く変わりません。
オイ、壊れとっとか?と蹴飛ばしたくなるとやもんね。

それはともかく、今朝も朝から天気が良かったのでエッチラオッチラ。

早朝は車の数も少ないので、道路横断するのも長い信号待ちをしなくていいので楽です。
って、信号無視してんのか?とのツッコミは銀河系の彼方からの電波のように聞こえませんぬが・・・・

話を戻して。
いつものように歩いていると、二車線道路の片側車線のど真ん中に何やら物体が。
ありゃま、また猫がはねられたのかと思い、かわいそうにと思いながらも無残な姿を見たくないので意識的に目をそらしながら近づきましたが、ついつい目をやってしまったところ、そこには全く予想外のモノが。

ん?何だこれ。
パ、パンツゥ?

そうです。その物体は男性モノのパンツ。トランクスとも言いますが、それが何故か道路のど真ん中に。

それにしても、落としたあなた、一体ここで何をしていたの。
道路の真ん中でパンツを脱ぐようなことってそうそうないだろうに。
車から落としたん?車の中でパンツ脱ぐようなこと、したん?
オシッコなら先っぽだけで済むハズなので全部を脱ぐはずもないし、ンコでもここでするかぁ?
とまあ、パンツ一つで色々想像させられました。
もとより妄想力が高い私にしてみれば、まてよ・・・・とばかり、アラぬ想像を・・・

その時、何を想像したのかおわかりになりますか?
そ、あなたの想像したのと同じです。

とまあ、家に着くまでアレヤコレヤと楽しめました。
貧しい設計士のささやかな楽しみでもありました。

明日は何が目撃できるのか。

これだから早朝ウォーキングはやめられない。



| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE